ねこまんまおかわりのブロマガ

うさたこ教養講座夏休み工作企画 ぽんぽん船を作ろう!

2013/08/21 11:50 投稿

  • タグ:
  • 製作
  • 教養講座
  • 工作
  • たこぬこP
  • うさたこ教養講座夏休み工作企画
夏休みの自由研究や工作にちょっと懐かしいおもちゃをと思い始めてみました
第三弾は「ネギ入りたこうさ 「ぽんぽん船を作ってみよう!」」です
駄菓子屋に高価なおもちゃとして置かれていたり
おもちゃ屋さんでやすいおもちゃとして売られていたり
値段は一緒なのに駄菓子屋で見たこのブリキの船はちょっと憧れでした

閑話休題

あの「ぽんぽん」と音を出しながら進む船なのですが
今回作るのは残念ながら音の出ないタイプになります
(音が出る振動板タイプは作るのが難しい)



自由研究や工作といった手間がかかる宿題を楽しく終わらせよう!が趣旨です
お金はほぼかけず身の回りにあるものでできる事
比較的安価で手に入りやすいものだけを使う(100円均やホームセンター等)
手を抜こうと思えばやかけようと思えば、どちらにも結構な振り幅があること
子供が遊びならが興味が持てそうなこと

今回は「アルミ管」が手に入りにくく高価ですが、300円ほどなので許してください


作るだけでしたら、動画を見ていただければわりと簡単に作れます
ただ、アレはあくまでもエンジン部分を短時間でわかりやすくしているために
船体についてはノータッチですし、パイプの形状も曲げる箇所を極力少なくになっています



ちゃんとした作り方はネットで調べればかなり詳しくでていますので
詳しくや精密な寸法等はそちらをご覧ください、素晴らしいHPがたくさんあります

★ここから幾つか補足と経験談です。

☆アルミ管の事
5mmと3mmどちらがいいのか?
細いほうが弱い火力で安定した出力を保てる気がします
太い方は火力を確保できれば、力強くパワーも出ますが何故か安定しませんでした

曲げること、浮かべて動かす場所の確保のことを考えると
やはり細いほうがいいかもしれません


☆船体の素材
ありモノでやるなら、平べったい缶詰がいいと思います
素材がアルミでしたら加工も楽ですし、中身はおかずにもなりますからw
熱に強いのも良い点です

この場合パイプの取り付けが若干面倒になります
両側にキリで穴を開けそこに針金を通してパイプを固定します
パイプは直角に2回曲げるか、ゆるやかに曲げて両サイドから出す方法をとれば
穴を開けずに取り付けることが出来ます
このやり方で空き缶のタライのような船も作れます


木やコルクボードも自由度が高く船体に穴が開けやすく、熱にある程度強いのがいいです
ただ、加工にそれなりの手間と道具が必要なので、結構根気が必要になります
でも仕上がりの自由度は高いですねw


★簡単な原理の説明
難しいことは専門的なHPに任せるとして大雑把な説明をします

熱されているパイプの中で何が起こっているかです

1 熱されて水蒸気になる
2 水蒸気に押し出される
3 押し出していた水蒸気が限界に達する、押す力が弱くなる
4 水が吸われ中に入ってきて冷やされる
5 1に戻る

2本ある出入り口のどちらか一方から吸うのではなく
両方から吸って吐くをしています


★最後に
「結果が何もないじゃないか!」と怒っているかもしれません
ここは入り口だと思っていただけたらなと思います
お子さんと一緒に調べていくうちに独自の発見があったり
また違った角度へ進むこともあるかもしれません
用意からまとめまでやっても7~10日でできるはずなので是非チャレンジしてください

検索キーワードは「ぽんぽん船」です
簡単に済ませたいなら動画内情報だけでも十分といえば十分なのですがw
もう一歩踏み込んだところに行ってほしいなと思ったりもします。

見ていただきありがとうございました たこぬこP

質問等ここか動画のコメにいただけたら対応しますのでなにか有りましたらどうぞ

うさたこ教養講座夏休み工作企画 樟脳船を作ろう!
http://ch.nicovideo.jp/nekomanmaokawari/blomaga/ar309389

うさたこ教養講座夏休み工作企画 スライムを作ろう!
http://ch.nicovideo.jp/nekomanmaokawari/blomaga/ar320788


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事