ねこまんまっしぐら

【うp主の】『ゆかりお母さんと小さな茜ちゃん』について【言い訳】

2017/11/18 22:35 投稿

コメント:16

  • タグ:
  • ねこまんま
  • 打ち切り
  • Botanicula
皆さんごきげんよう、ねこまんまです。
いつも動画のご視聴ご声援、誠にありがとうございます!!
お陰様で動画投稿を始めてから2年(と4ヶ月)が経ちました。
それもこれも応援して下さった皆々様のお陰で御座います。


さて、ここからが本題です。
↓↓の動画を見た方は既にご存知かもしれませんが、



…はい、そうです、打ち切りです。
しかも夢オチという安直な終わり方で(´-﹏-`;)
素敵な支援絵を描いて頂いたり、度々宣伝して頂いたり、
様々な形で応援して頂いたというのに、本当に申し訳ありません…。



打ち切りに至った理由はいくつかありますが、
一つ目は、他シリーズと比較して再生数マイリス数等が伸び悩んだこと。
自己満足の投稿とは言え、やはりこういった目に見えてわかる反応って大きいんです。
沢山コメントがあれば嬉しいですし、頑張ろうって気持ちにもなります。
逆に視聴者さん達からの反応が少なければモチベーションも上がりません。
ただ、これは偏に私が面白く見せる事ができなかったのが原因です。

そこで二つ目の理由が絡んできます。
このゲーム、打ち切り決定後にエンディングまで一気にプレイしましたが、
世界観がすごく綺麗でボリュームもあって全体的に完成度の高い良ゲーです。



それ故に、以前にプレイした同タイプのクレイマン・クレイマンのような
所謂クソゲー要素やネタとなるようなシーンが少ない為、
実況するとなるとトークセンス(語彙力)が問われます。
早い話、実況する上での難易度がとても高いんです…。

そして最後、三つ目の理由ですが、
「他に実況したいゲームがある!!」
ええ、そういうことなんです(;´∀`)
つまるところ、これが打ち切りに踏み切った最大の理由です。
もうすっかり気持ちがそっちに行っちゃってるし、
上記のような理由もあってモチベーションが維持できないんですよね…。

ということで、以上が『ゆかりお母さんと小さな茜ちゃん』
打ち切りの理由と、うp主の醜い言い訳でした。
改めまして、応援して下さった皆々様、
本当に本ッ当申し訳ありませんでしたm(;_ _)m


ちなみに、新シリーズは現在念入りに構想中です。
恐らく、早ければ来月にはスタートできると思います。
この様な形で打ち切り作品を出してしまったうpですが、
これからも変わらぬご愛顧を頂戴できましたら幸いと存じます。





【nekomanma0913voiceroid@gmail.com】

コメント

ねこまんまびより (著者)
No.15 (2017/11/22 14:44)
>>7
そうなんですよねぇ、未熟な私には難易度が高かったみたいです(A;´・ω・)
ところで、kaitoさんの処女作はまだですか( ̄ー ̄)?
ねこまんまびより (著者)
No.16 (2017/11/22 14:45)
>>8
ゲーム自体はホントに面白かったんですけどね(´-﹏-`;)
次回作は期待に応えられる様に頑張らせて頂きます!!
ねこまんまびより (著者)
No.17 (2017/11/22 14:48)
>>9
お久しぶりでございます♪
ゆかあさんの動画、待っててくれたのに申し訳ないです(´・ω・`)
次のシリーズは早ければ来月にはうpできると思いますので、よかったら見て下さいねb
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事