ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

南条比奈によるMMDあれこれ

【ジャンル混合MMD】刀剣と英霊でロキ【刀剣乱舞×Fate】について

2019/05/09 23:33 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
南条です。
今回も多くのコメント、マイリス、コメント等ありがとうございます。



コメント返しと組み合わせの理由を書いていきたいと思います。
私の趣味と考え方が全力で出ていますので不快に思うこともあるかもしれません。
ご了承ください。

1 お菓子
ナーサリーライムも秋田君もふあふあでお菓子あげたくなる可愛さ。
だけど、生い立ちとか前の主の過去を考えるとほんのり闇を抱えているのがいい。
コメントにも同じように感じている人がいて嬉しかったです。

2 白衣
着てないですけど、白衣眼鏡コンビです。
コメントがだいたい書いてありますが、共通点が多いんですよ。
見た目はこども、頭脳は大人。というよりおっさん?
低音ショタもその通りですよね。
そういうところが好きです。

3 お茶
このシーンを作りたかったから動画を作りました!!
いや、だって「しんちゃ」って聞こえるんだもん・・・!
新茶なら鶯丸だな!ということでおどってもらいました。
単純にこの曲じゃなければロビンになっていたと思いますよ。
次の機会があればそうしようかなぁ。あるかわからないけど。

4 白
思った以上に白かったですね。このふたり。
Twitterかpixivでこの組み合わせのなにかを読んでいいなぁと思って登場してもらいました。
儚げ詐欺はひどくないかいwww 
確かにえっぐい悪戯する問題ありの二人だけど、過去はめちゃんこ重いんだからええやんw

5 中の人がマスター
始めは長谷部と天草四郎で踊ってもらおうと思ったんですけど、違和感があって辞めました。なんか違う。
長谷部は出てほしかったので、「よし、中の人ネタでいこう」となりランスロット(狂)になりました。
ふたりとも前の主への思いがこじれてこじれてめんどくさいよね。そこがいいんだけど。
そういえばFate作品に触れったきっかけがFate/zeroの二次創作でした。
雁夜おじさんを救済ルートを作ろうという感じの小説だったと思う。
FGOのzeroコラボがある意味救済ルートだったよなぁ。

6 狐
これ以上ないぐらいの組み合わせ。位としては断然玉藻ちゃんが上でしょうけど、主(マスター)争いを互角でしてそう。
個人的にはここら辺からもうちょっと早めに区切ってほかのキャラを出せばよかったなぁと反省している部分ではあります。

7 高田純次
よかった!わかってくれる人がいて!!!
その通りでございます。
ふたりともめっちゃいい加減にしゃべっているけど審美眼はしっかりしていると思う。
穴場の居酒屋さんで焼き鳥食べながらくだらない話をしていてほしい。

8 酔っ払い
お酒の逸話があるふたり。というか荊軻ちゃんを出したくて考えたらこうなりました。
酒瓶とかまわりに散らかそうとおもったけど、めんどくさいと思ってしまい却下。
酔っ払いに見せたくて顔は赤くしてます。
私自身も強くはないけど、お酒は呑むのは好きなので今二人みたいに楽しく飲めたらなぁと思う今日この頃。
最近は付き合いとかで呑むから、仕事が絡んできて楽しくはないんだよね・・・。

9 亀
ごめんなさい。わりとガチでタラスクを亀の化け物だと思っていました。
本当にごめんなさい。
竜なのね。うん。殴ったり投げられたりしているからそう思い込んでしまった・・・。
でも、組み合わせとしては好きです。お姉ちゃんと弟感が強くて。

10 顔
前作が山姥切とプーサーだったので、本科とモードレットに。
この二人に共通点は写し、映されというのがあるけど基本が前作の組み合わせが影響しているのでこれといって強いこだわりという訳ではないですね。
アルトリア顔っという訳でもないし。王子様ではあるけど。

11 インド
サムネブラックホール
まさか、ここまでとは。サムネ制作時間5分よ?
ポーズはなんとなくかっこいい感じになるジョジョ立ち。二人とも似合うよね・・・。
Twitterで大倶利伽羅とアルジュナが似ていると話題になっていたので最後に決めていただこうと思いました。
インドは踊るもの!
「プロ」コメントにはびっくりしました。確かにプロだわ・・・。
背景はコメントにあるようにカレーをイメージしてますw

主に直感で決めた組み合わせでしたが、前作と同じように気にいってくれたり楽しんでくれて何よりです。
あ、そういえば前作は「衝撃のラスト」だったけど今回は「サムネブラックホール」でなんとなく気分がいいなぁ。
また時間とネタと気分次第で作っていきたいと思います。

読んでくださったみなさま、そしてご視聴してくださったみなさま。
モデル、モーション等の制作者さま。
本当にありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事