なヲタのブロマガ

MMD杯・艦これオーケストラ『君の知らない物語』の解説①

2014/08/24 09:40 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • なヲタ
  • 艦これMMD
  • 第13回MMD杯本選

どうもこんにちは、なヲタと申します。
第13回MMD杯参加作品、
艦これライヴ with オーケストラ『君の知らない物語』を、
ご覧いただきありがとうございます!



さて、何回かに分けて
本動画の解説をしていきたいと思います。

今回はオーケストラの編成と対応キャラについて解説します。



====================================================

1st Violin : 暁型、吹雪型、綾波型、白露・村雨
2nd Violin : 陽炎型、睦月型、五月雨・涼風
Viola : 長良型、球磨型、天龍型
Cello : 高雄型、妙高型、古鷹型
Contrabass : 赤城、加賀、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴

Flute : 阿賀野型(酒匂はPicc.)
Oboe : 川内型
Clarinet : 大鳳、龍驤、瑞鳳、鳳翔
Basoon : 最上型

Trumpet : 金剛型
Trombone : 色物
Horn : 長門型、伊勢型、扶桑型
Tuba : 大和

Guitar : 夕立
Bass : 時雨
Keyboard : 天津風
Drums : 島風

Conductor : なヲタ

====================================================


となっておりました。

そもそも何故艦これでオーケストラだったのか、
またこの曲だったのか等は次回以降に解説するとして・・・

今回編成で悩んだのは 『ネタ』 です。

できるのであれば、面白い動画にしたいから、
編成も面白く見えるようにしたい。
「たとえば、高雄とRJが隣同士だったら...」
「深雪の隣が電で、Violinの弓がやたら刺さる」
そういった定番ネタなどを挟めるようにはならないか考えたわけです。

ただ当然全員大きく移動するわけではなく、
そもそもキャラ同士を絡ませるのが難しいため、
最終的に、型に嵌るきっちりした編成にし、様式美にこだわりました。


まずバンドのモーションは、
ニコニコ超会議3のニコニコプラネタリウム用に制作していたため
既に4人の演奏モーション + ボーカルモーションは仕上がっていました。

前回の艦これライヴでは Vo Cho Gt Gt Ba Key Dr という編成だったわけですが、
島風ドラム、夕立ギター、時雨ベースは自分の中でもとてもしっくりきていました。
ですので前回同様、島風、夕立、時雨のポジションを確定。
ボーカルが雪風になったことで、残るはキーボードということで、
白露・村雨ではなく、天津風を使うことで、島風との対を現すことにしました。大抜擢ですね。

はて、那珂ちゃんは・・・となるわけですが、那珂ちゃんもちゃんと考えてオーボエにしていますw
・オーボエはオーケストラの配置上ステージの中央になる
・チューニングの基準として用いられる(演奏前に行う"ラ"の音はオーボエが基本的に基準になる)
というようなセンター要素を含んでいるオーボエを那珂ちゃん(川内型)にすることはかなり初期から決めていました。

ただ、元々金管郡のさらに後ろにバンドを持ってくることで、
本当にステージの中央に那珂ちゃんを立てる計画でいましたが、、、
人数調整の関係で、中央から少し離れたり、
バンド隊を最終的に手前側に持ってきたことで、本当の意味で中心から外れ...。
とても地味になりましたww


ヴァイオリンを駆逐艦にしたのは、やはり小柄であることと数が決め手です。
2人で1組になるよう、全艦調整されています。(潮だけは1人になってしまったがorz)
ただ、使用できていない駆逐艦はまだまだ居ますが、一応人数的にはこれ以上増やせなかったです。
もちろんオーケストラの編成的な意味ですが。

ヴィオラが軽巡、チェロが重巡というのも、その大きさと数の順になっています。
ちなみに高雄型の配置が離れているのは、高雄・愛宕の艤装があまりにも大きかったからですw

コントラバスを正規空母にしたのは、数や見た目もありますが、
艦娘の弓を使って演奏させようか企んでいた名残でもありますw

フルートとオーボエは、ヴィオラに適応させなかった軽巡ということですが、
何故フルートが阿賀野かというと、
フルートとピッコロの関係が、ちょうど酒匂の扱いにピッタリだと思ったからです。
モーション自体は同じ動きをしていますが...。

クラリネットの空母隊はかなり悩みました。
そもそも他の楽器隊が決まっていく中で、軽空母たちは同扱うべきか、
他の楽器隊とどういった兼ね合いを持たせるか。
結局、最終的にクラリネットがあいたから、
そこに貧ny・・・主に軽空母隊ということにしました。

ファゴットも重巡で4人になる型がちょうど最上だったのが理由です。
特に航巡でもあるわけで、多少重巡とは特別扱いという意味でも、これで良かったと思います。

金剛型をトランペットにしたのは、もちろん似合うだろうという予想のもとでしたが、
シビアな理由として、袖が邪魔にならないからという意味も実はありました。

ホルンとトロンボーンをどう戦艦で振り分けるか迷いましたが、
実はあまり良い組み合わせが無かったというのが最終的な意見で、
そこで登場したのが、例の色物部隊でありますw
特にトロンボーンは最も派手な動きができるので、そこに対応させました。

大和がですねぇ、、、本当は武蔵も入れたかったのですが、
ちょうどモデルの配布が停止されていまして、大和1人にしました。
まぁこの編成でもチューバ1人というのはさして問題ではないですが。


そして、「潜水艦がいないではないか」というご意見をよくいただきますが、
はい...まさにその通りで、元々入れる予定でした。

まず、潜水艦ではありませんが、大鯨と間宮をハープに、
ティンパニやグロッケンなどのパーカッションを潜水艦にやらせる予定でいました。
が、制作する時間が無く、結局この編成になりました。

フルではちゃんと入れますよ...汗


とはいえ、もちろんこれで艦娘全員ではありません。
ただこれ以上単純に増やせるところは、オーボエ1人(オーボエダモーレ)
ホルンがあと2人、コントラファゴットは・・・・ちょっと難しいですね。

サクソフォーンというのもありと言えばありですが、それでも全員をカバーするには至りません。

そういった問題を解決した上で、大オーケストラ編成を作りたいなと考えています。

ということで、また次回記事もよろしくお願いします!


次回 -> blomaga/ar637644



コメント

なヲタ (著者)
No.6 (2014/09/09 08:27)
>>5
元々テレビサイズの予定でしたが、ここまで来てはもうフルを作る以外選択肢がないですからねw
頑張ります、応援よろしくお願いします。
r4ptar
No.7 (2014/09/09 18:59)
綺麗ですねー!
fullの完成が待ち遠しいです! がんばってください!
vocalの人の声も綺麗・・・できればvocalの詳細も欲しいです・w・
なヲタ (著者)
No.8 (2014/09/09 19:27)
>>7
ありがとうございます!
今回のバージョンは、原曲の本人であるnagiさんの声です。
音源からVocal音声だけ抜き出してます。
ちなみに、ボーカル以外は全て新しく録音してます(ドラムとピアノは僕ですよー)。
また、Fullではボーカルも新しく作る予定していますが、こちらの詳細は次回の記事に書くかもです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事