DUCATI1299panigale×夏帆ツーリング記録

DUCATI1299panigaleで赤目四十八滝へ行くお話

2017/07/31 22:20 投稿

  • タグ:
  • バイク
  • DUCATI
  • 1299panigale
  • パニガーレ
  • 三重
  • 名張
  • 赤目四十滝

おはようございます、夏帆です。

今回は三重県の名張にあります、赤目四十八滝へ避暑ツーリングに行きました!
私自身が暑さに強くないので何処か涼める所ないかなーと思っていると、親父が赤目四十八滝に行ってみたいと提案してくれたのでツーリングに向かうことに。


この時FR側カメラのSDカードが認識エラーで録画できず、さらに少し雨に降られて急遽伊賀SAにて休憩を挟みました。
つい最近伊賀SAは路面を舗装し直してれたおかげで、砂利の巻き込みや滑りが少なくなって助かります!
(ただ余り針テラスへ向かう際は寄ることはあまりありませんが...(´・ω・`))


上野ICで名阪国道を降りたあとは一般道で赤目四十八滝まで向かいます。
この時ガソリンランプが点いて40kmほど走らせていましたが、「一般道なんだからガソリンスタンドはいくらでもあるだろう」と油断しておりました...
一般道に乗ってすぐ近くにあったガソリンスタンドは値段が高いなー...と思いながらスルーし続けた結果、バイパスに乗ってしまい、ランプが点いて60km行くか行かないかのところでようやく給油。危なかったです...(´・ω・`)


私が普段ナビアプリとして使っていた「ナビロー」さんがサービスを辞めてしまった為、Google MAPナビアプリを使用していましたが...
なんというか...優秀すぎて迂回路+細い路地ばかり案内されて結構遠回りになっていたそうです。(親父のBMW純正ナビと全然違うルートだったそうです)
この時雪で水没させてしまったゴリラナビを改めて買い直そうか考えましたが、サインハウス用防水カバーの価格が...


(サインハウス防水カバー画像)
∑(゚Д゚)<¥9,800-...高い...
でもジップロックを上からかぶせるのは格好悪いし、かといって急に雨に降られたら水没確定だしなー...と思ってみたり。
じゃあバイク用のカーナビは?と聞かれると、個人的にゴリラナビの表示が一番わかりやすいので、他社さんのは考えていないんです。

ゴリラナビ導入だと...
g510dゴリラナビ...¥26,500-ほど
サインハウス防水セット...¥9,000-くらいかな?

...¥35,500-でしょうか。
結構悩みますね。


ここまでくると森林の陰のおかげで少し涼しいくらいで走ることができました!


この時前に私が、後ろに親父が走っていたんですが、駐車場所の打ち合わせをしていなかったのと、インカムを繋げていなかった為、自分だけ奥の駐車場まで上がっちゃいましたw
数分待っても来ないのでてっきり慣れていないバイクで立ちゴケでもしたのかな?と思っていましたが、どうやら麓の方で駐車したそうなので急勾配の下り坂をエンブレ効かせながらゆっくり降りました。


バイクの駐車料金は¥200-/1台と車と比べて安い目ですが、近くのお店で食事するとサービスしてくれるそうです!
...でもこの手の食事処は値段も...(´・ω・`)
あと忍者体験って何するんでしょうかね...ロッククライミングとかでしょうか?




赤目四十八滝へは入場料¥400-を支払い入場します。
入口にはオオサンショウウオの水槽がたくさんあって、色々説明文が書いてありましたが...よく覚えていなかったり。


出発地点に立ってみると、辺り一面新緑の緑が一面に映っていますね。
ここから赤目四十八滝のウォーキングコースが始まります!


通路はだいたいコンクリートと手すりがあって比較的歩きやすいのですが、やっぱり一部区間は砂利が多かったり、急勾配気味の階段が有ったりと結構脚に疲れがきました。


通路は観光客が歩いているのであまり生えていませんが、少し通路から目をそらすと、太陽の木漏れ日や照らされている苔がとても綺麗でした。


ちょうど歩き始めて半分くらいの地点から舗装が無くなり、砂利や大きな岩を避けながらのルートになってきました。
このあたりからは苔や砂利で滑りやすくなってきたはずなので、行かれる際はご注意ください...(´・ω・`)




歩いていて気が付いた事なんですが、この辺り一帯は水がとても綺麗で水面からそこが見えるくらい透き通っていました!


赤目四十八滝ではウォーキング客や観光客を始め、本格的な一眼を持って撮影されている方も多く見えました!
私の方も一眼を準備していましたが、ウエストバッグの取り出しの関係で最初にさらっと撮影した位で、すぐウエストバッグに片付けてしまいましたw
なにか太ももとかにさっと入れられるバッグか何か欲しいなー...とか思っていました。(ガンホルダーみたいなものとかあるのでしょうか?)


その後は細い砂利道や獣道、急勾配の階段を登ったり降りたりしながらも先に進んでいくと...




赤目四十八滝の最終地点の「巌窟滝」へ到着しました!
最後はてっきり迫力のある滝かと思っていましたが...期待しすぎたかな?
ここまで片道1.5時間ほど、いい運動になりました。


行きもあれば帰りもある階段...
写真だとわかりにくいですが、結構勾配がありますので手すりを持ちながらゆっくり下っていきます。


水が綺麗なので、至る所に小魚が泳いでいましたが...何の魚なんでしょうねー。


何と無く歩き続けて足が疲れてきましたので、一度ライダーブーツと靴下を脱いで川の中を歩いてみました!
足の指が見えるくらい透き通りつつも、結構冷たい水温が2時間ほど歩き続けた脚に効きます...(`・∀・´)

ただ石が物凄く滑りやすいのでコケてバッシャーン!とならないように注意が必要ですけどね(なおやった模様)


ズボンと上着がビチャビチャになりつつも、3時間のウォーキングを終えて無事に入り口まで帰ってきました!
なかなか達成感ありましたー(`・∀・´)


冷蔵庫ではなく自然の水で冷やしているところに風情を感じます。
私も一本買いました。キンキンに冷えて...まではないですけど久々飲むと懐かしさを感じます。

さて、3時間のウォーキングでお腹も減っていたので、駐車場所をお借りしたお店で食事を...


食堂で食べたいもの...もあまり思い浮かばなかったので、「よもぎ蕎麦+炊き込みご飯」のセットを注文しました!


よもぎ蕎麦はパッと見てボリューム多い!...と思っていましたが氷で山盛りの様に見えていただけでした...(´・ω・`)
お味はよもぎの風味(?)を感じつつもコシのある蕎麦でなかなか美味しかったです。


炊き込みご飯もいい香りと風味が良かったです(適当)

この後は針テラス(赤目四十八滝から20km程)か青山高原(同じく25kmほど?)のどちらに行こうか親父と相談しましたが、親父が「慣れていないバイクにフルパニアだと停めた際に他のバイクに当たりそうで怖い、青山高原なら帰り道の経由地点だからそっちがいい」とのことで青山高原経由で地元に戻るルートになりました。


ルートは県道165号を津方向へ向かうシンプルなルートで。
たまたま通った時間帯は渋滞も酷くなく、比較的スムーズに進んだと思います。


今思うと、過去何度か青山高原へツーリングに向かいましたが、伊賀から登っていくのは初めてだなーっと思いながら走っていましたっけ。
上りなので下りよりかはトラクション掛けられるかな...と思っていましたが、道は鈴鹿スカイライン並みにガタガタで傾けるのにすら恐怖を感じていました...
...というか10,000km走ったタイヤ流石に厳しいかなぁ。




青山高原にあるカフェ「windy hill」にてソフトクリームを食べながら頂上から見える津市の景色を見ていましたが...
溶けるのが早かったですw


ここの上りはまだ走っていて楽しいんですけど、下りは別。
道が細いのは上下変わらないんですが、トラクション掛けにくいパニガーレだとエンブレ効かせながらでないと怖い怖いw


降り切ったとは「グリーンロード」を鈴鹿方面へ走らせます。
ここの道はずーと真っ直ぐ続いていていいですね。


青山高原→グリーンロード経由で無事に自宅に到着しました!
総合距離は155.7kmと少ない目。燃費は13.3km/Lとこちらも市街地を走った為低めですね。

とりあえず久々ウォーキングしたお陰で筋肉痛になりましたー。(しかも2日ほど遅れて)
...ですが、こうして自然の中歩いてリフレッシュ出来ました!

また一つ三重県を楽しむことができました。

では、今回のツーリング記録は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事