夏光な日々

MediBangで漫画の勉強報告(2123文字・画3枚)

2017/03/09 07:23 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • のんのんびより
  • 漫画
  • 囲碁
  • 宮内れんげ
  • 勉強
新しいパソコンになってコミスタが入ってない!
インストールがメンドクサイ!
ということで、お手軽に手に入る
"MediBang Paint Pro"の勉強報告会だよ。

では、今回使った下絵がこちら。

クリックで拡大。
下書き110分。
2年前の下絵だよ。2年前の下絵は上手だねー。

それを清書したのがこちら

クリックで拡大。
見るなり「フッ……」と鼻で笑えるようだったり、
「貴様の居る場所は既にー
我々が2000年前に通過した場所だッッッ!!」
と思った方は、今から話す事は全く参考にならないので、
そのまま帰っていいよ。

●総制作時間380分。
初描きの学習しながらとはいえ1ページに時間かかりすぎたね。
「白黒=簡単化×」というよりは「白黒=縛りプレイ〇」
っていう感じで逆に大変だったよ。

●その前にこの漫画の詳細はなんなのん?
あらすじ:
東京で囲碁最強の名を馳せていた蛍。
転校先の旭丘分校では学科目に囲碁を取り入れていた。
蛍の強さを如何程か確かめるため、れんげが勝負を挑む。
第1話「最強の転校生が来た」
そんな流れで進む主人公(蛍ん)最強系ストーリー。
2話目で旭丘分校最強の小鞠と対局したり、
番外編で東京からの強敵ひかげと対局したりする。

……というのは私の脳内妄想で、詳細がどうこうではなく
"この画像1枚しか存在しない"よ。

★良いところなん★

●完全1bpp原稿が作れたのん!

クリックで拡大。
こんな感じで、灰色系は使ってないよ。
まあ、漫画描いてる人からしたら当たり前の事なんだけど、
前回のコミスタでは使い方が悪かったのか、
拡大すると灰色部分があって諦めてたんだけどね。
薄墨禁止!なんていう印刷機の都合とかよくわからないけど、
薄墨のグラデーションを作ると
濃い■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□薄い
って感じで、上手く印刷できないらしいね。

●ペンが豊富なのん。
インクがガサガサしているGペン。
オイオイオイ……デジタルなのにワザとガサガサにするのかよ。
たいしたものですね。
ペンをワザとガサ付かせた事によって、
ちょっとアナログで描いたみたいになってるんですね……。
それが良いのかどうかは別として。

●効果を付けるのが楽。
定規機能が豊富だから、背景や集中線などの効果を付けるのが楽だね。
これはアナログより圧倒的に早いよ。

●文字入力が楽。
漫画用の文字を用意してくれているのもありがたいけど、
「」や!!もちゃんと縦書き用に直してくれるのは驚きだったね。

●トーン機能がしっかりしてるのん。
「あるだけでもありがたい!」とSAI民は言う。
付け方はコミスタとほぼ一緒だね。
ただ、同じトーンなのに、
2回目がなんか違う感じに見えたりする謎現象。
あれ? 違うトーンだったかな?

★悪いところなん★
う~ん、機能的に悪いところはまだ特にないよ。
ただ、使い方的に悪いところは多々あったよ。頭とか。

●ペン入れはしっかり分けるべきなん。
とある講座では、ペン入れはガシガシ描け!って言われてて
1つのレイヤーに重なりを気にせずガシガシ描いていたら……
後々メンドクサイことになったよ。
例えば碁盤。
出来る事なら、碁石→盤面の線→碁盤と分けて描くべきだったんだろうけど
一つにしたから、あら大変。
碁石で盤面の線を消したり、碁盤のトーンを碁石から消したりと
余計な時間をとってしまったよ。
次はしっかり分けたいところだね。

●1bppでの「白」は「透明」であるのん。
レイヤー分けしたところで白は透明であることに注意が必要だよ。
トーンは塗った様で「透明」であるから、
下レイヤーの線も見えてしまうんだね。
白塗レイヤーを挟むとか線を消すとかしないとね。

●大きい九路盤なん?
十九路盤にしたかったけど、めんどいので九路盤になったよ。
別口で碁石や碁盤の目を作るべきだったね。

●影を最小限にしたいん。
私はカラーの時ガシガシに影付けをするんだけど、
この漫画では結構控えてるよ。
影も多いとそれだけ時間が掛かるし、少ないに越したことはないのだけれど
「この量で大丈夫?」「その最小限ってどの程度の事?」
って感じになるよね。
逆に少なければ少ないでしょぼく見えるし、漫画での影の量って難しい。
いっても作画によるけどね。

●レイヤー工程増えてるん?
例えばカラーだと
1:線画
2:ハイライト
3:影
4:色
これでほかのオブジェと被らない。
ただ白黒だと
1:線画
2:ハイライト(白)
3:影トーン
4:色トーン
5:下地白
と他のオブジェが見えない状態にするには
白いもう一つレイヤーが必要になるね。
回数やったらそれなりに時間もかさむよね。

●早さが足りないのん。
もっと練習すれば白黒も早く綺麗になると思う。
ただ問題は「カラー」か「白黒」か。
「漫画を読むならカラー?白黒?」というアンケートを取ったら、
「カラーが良い」が2割。
「白黒が良い」が1割。
「どっちでもいい」が7割。
の割合になると思うよ。
もし塗る速度に差がほとんどないというのなら、
カラーで描いた方が、コスパが良い気がしてくるね。

●最後に。
今回、時間が掛かりすぎて迷走しているけど、
とにかく早く綺麗に越したことはないということだね。
漫画本なら200枚同じ配色でやるわけだし、
もう少し練習してから考えてもいいかもしれないね。
ではでは。




コメント

夏川ひかり (著者)
No.1 (2017/03/09 07:24)
動画ならカラー、
海外の漫画ならカラー。
漫画もカラーの時代かも?
ウゴゴ……。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事