なすのブロマガ

クレセドラン構築シーズン3結果

2014/05/03 03:34 投稿

  • タグ:
  • ポケモンXY
  • ガブリアス
  • ローブシン
  • フシギバナ
  • ボルトロス
  • クレセリア
  • ヒードラン
  • クレセドラン

初めましてこんにちは。なすと申します。

この度ポケモンXYのレーティングバトルにおいてレート1800を達成しましたのでパーティ紹介をしようと思います。

初めてブロマガを使うので見にくい記事になってしまいますが暖かく見守ってください。

最高レート1810
57勝37敗 勝率60.6


【パーティ】
・ガブリアス@気合の襷
陽気AS252H4 逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞


・ローブシン@突撃チョッキ
意地っ張りH212A52D244 ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/叩き落とす


・フシギバナ@フシギバナイト
おだやかH252D236S20 ヘドロ爆弾/宿木/ねむり粉/光合成


・化身ボルトロス@命の珠
臆病CS252H4 十万ボルト/めざパ(氷)/電磁波/挑発


・クレセリア@ゴツメ
図太いH252B236S20 サイコキネシス/冷凍ビーム/電磁波/月の光


・ヒードラン@残飯
臆病H196C68S244 マグマストーム/ラスターカノン/大地の力/守る


【個別解説】

・ガブリアス
184(4)-182(252)-115-x-105-169(252)
特性:鮫肌

特に説明不要の襷ASぶっぱエース。岩石封じの強化によってタイマンで処理できる性能が上がり、スカーフの奇襲やSの高い相手にも対応できる。以前はステロで使っていたが撒いてる暇あったら舞った方が負担がかかる気がしたので変更。しかしほとんど地震と岩石封じしか打たずに舞い3タテしたのは一回だけでした。

・ローブシン
207(212)-183(52)-115-x-116(244)-57
特性:根性

H→16n-1、B<D、S→最遅ギルガルド抜かれ
チョッキという事でかなりDに厚くしたローブシン。おそらく一番選出率は高い。ロトムやサザンドラ、ギルガルドに安定して繰り出し、叩き落とすで相手のパーティをもろくしていきます。BD共に高水準で不一致弱点程度なら余裕をもって耐えてくれるのでドレマッパで多くのポケモンにタイマンで有利に立てます。ゴツメこそ落とせるもののクレセリアやヤドラン、サンダー等の格闘半減物理受けに対しては突破口がないので後続で処理するしかないのが悩みどころ。龍に対してはクレセとボルトロスが氷技を持っているので雷パンチにしてもいい仕事をしてくれると思います。

・フシギバナ
187(252)-x-103-120-165(236)-103(20)
メガ後→187-x-143-142-187-103
特性:葉緑素→厚い脂肪

S→4振り80属抜き抜き 残りHDぶっぱ
こちらはフシギバナにしては珍しいDに厚くした型。パーティ全体で相手のフシギバナが重かったので、そのメタとして採用。が、結局フシギバナ同士の対面は有利ではあるものの相手にも光合成があるとPP勝負になるので試合時間がクッソ長くなってしまいました。Bに堅いイメージがあるので相手の物理アタッカーが勝手に引いてくれてアドを取っていく場面もちらほら見られましたがガブの補正なし逆鱗が乱2なので過信できるほどではなかったです。一番選出率が低く、メガネゲンガーと変えようかと最後まで悩んでいましたが活躍する時はするので頑張ってもらいました。あと鋼で詰む。

・ボルトロス
155(4)-x-90-177(252)-100-179(252)
特性:いたずらごころ

こちらも特に説明不要のCSぶっぱ。珠を持つ事でガブ、マリルリを確定圏内に入れ、電磁波で後続サポート、挑発で害悪や受けを潰していきます。パーティの潤滑油的な動きをしてくれ、面倒なポケモンを見たらこいつを先発に持っていくことでだいたい解決します。ただし珠と本来の低耐久のせいであまり長時間居座れないので大事に取っておくプレイングが必要。居なくなると最悪詰んでしまう場面もしばしば。

・クレセリア
227(252)-x-187(236)-95-150-108(20)
特性:浮遊

テンプレの物理受けクレセ。ガブとガルーラが来たらとりあえずぶん投げる。ハチマキ逆鱗2発で沈む可能性あるのはご愛嬌。ガブに対しては冷ビでいいのだがガルーラが身代わり持ちだった場合はサイキネで壊せない(乱数)のでその時点で試合が決まってしまう事もちらほら。他の物理ポケにはだいたい役割遂行できるので対策されまくっていても強いものは強い(確信)

・ヒードラン
191(196)-x-126-159(68)-126-140(244)
特性:貰い火

B→ハチマキガブの逆鱗2耐え H→16n-1 S→最速75属抜き C→残り

言わずと知れたクレセドラン構築の要。炎鋼の耐性で多くのポケモンを流し、交代先に負担をかけていくスタイル。毒まもが主流だがせっかく拘束ダメージが1/8になったのでマグストをぶっぱなしていく事にしました。パーティにフェアリーがよく通るのでラスカノ、相手のドランに有効打が欲しかったので大地の力を採用しています。どくどくが欲しい場面も多々あり、マグストも不安定なのでふつうの毒まも型に変更しようと思っていたが結局目標達成したのでこのままです。チョッキニンフィアを半分持っていけないので意外と火力は期待できなかったり…

【全体を通して】
やはりクレセドランは対策されきっているのでなかなか動かすのは難しかったですが、何とか目標レートに辿りつく事ができました。多くのポケモンが耐久に大きく振っていて、身代わりに弱かったり積みの起点にされたりする事が多かったので、一歩でも読み間違えるとそのまま負けに直結してしまう緊張感もまた楽しめました。回復技持ちでこちらに有効打のないポケモンに出てこられてしまうとどうしても負けてしまうのでクレセリアかヒードランにどくどくを仕込んでおかないといけないのも大きな改善点ですね。めざ地メガサーナイトだけは本当にどうしようもないくらいに重く、下手すれば6タテすらされてしまう可能性があるのでそのあたりを改善すれば1900も夢ではないのかなと思います。
またシーズン4でも目標を設定し、達成したらブログを書いてみようと思うのでよろしければ見てやってください。こんな駄文を読んでくださってありがとうございました!



ポケモンアイコン引用元:ポケ書様(http://www.pokesho.com/mokuji.html)
パーティ構築パク(ry参考元:ギン様(http://ch.nicovideo.jp/koedameochiro/blomaga/ar441550)



なす

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事