ナリカワLABの三国志大戦TCGブログ

2014/4/29 【新レギュレーション・外交神速デッキ】 作成者ナリカワ

2014/04/29 20:55 投稿

  • タグ:
  • 三国志大戦TCG
  • デッキレシピ
  • ナリカワ
  • 外交

【新レギュレーション・外交神速デッキ】




 デッキの特徴

 このデッキの特徴はなんといっても破壊力の高さですが、反撃計略も危険なものが揃っておりワンチャンス力も高めです。使い込むほど味がでてくるタイプだと思います。

 今回は呉と外交し、身勝手な進軍を採用しました。他の武将から徐晃に繋げたり、徐晃が使うことでも破壊力が高まるためです。また、敵の疲弊武将に攻撃する際便利なのが特技『先駆』です。そのため張遼を主力として採用し、神速の大号令をいれています。他に外交デッキを組むメリットは序盤を支えてくれる朱霊の存在です。後手であれば朱霊と外交を高い確率で揃えられますが、先手で朱霊を引けなかった場合に備え衛瓘や4コスの奇襲を大事にしています。
 張遼がいなくても崩せるよう徐晃・身勝手な進軍があり、身勝手な進軍や徐晃がいなくてもメイン計略で稼げるようANV曹操があり、ANV曹操で号令できるタイミングが多いので徐晃の破壊力が活かせるようになっています。


 動かし方

 2ターン目:朱霊
以降のターン、朱霊は可能な限り攻城すること
 3ターン目:人材の登用
 4ターン目:徐晃
 5ターン目:曹操
以降のターン、落城もしくは徐晃絡みの爆アドを狙うこと
 6ターン目:張遼
以降のターン、神速で気持ちよくなること


 マイナーチェンジについて

 衛瓘は2枚くらい入れてみたいし、馮楷・楽綝・曹仁・楽進などの先駆武将を入れて徐晃の後に続けるよう構築するのも良さそうです。先駆で固めると張遼が強化され曹皇后などの採用も見えてきそうです。


 最後に

 いま神速デッキでもっとも熱いのはANV曹操との組み合わせですが、序盤の武将を回避に寄せるか先駆に寄せるか、魏五将なのか王佐なのか伏兵なのかといくらでも悩めてしまいます。そこであえての外交デッキにしてみたのですが思いのほかしっくりきています。外交デッキをほとんどさわったことがない人に、ぜひ使ってみてほしいです。魏以外でも外交デッキ作ってみたいですね。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事