NAOSHI*のブロマガ

ボカロと一緒に歌ってみたい全てのPへ(兼新曲反省会)

2018/12/25 20:39 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 歌ってみた
  • VOCALOID
  • 録音
  • DTM
  • 作曲
  • 雑記

こんばんは。なお氏です。

今回はボカロと歌ってみて気付いたことをいろいろと書いてみようと思います。


例によってあまり整理されていないですが、参考になることがあれば幸いです。
今回下記の新曲反省会を兼ねているのでちょこちょこ自分語りが入りますが許してつかあさい。


☆目次


・歌を取る順番
・先に録るデメリット
・ユニゾンとハモリどっちがラク?
・選曲、作曲
・まとめ


☆歌を作る/録る順番

さてどっちがいいのでしょうか?

A 先にボカロを完成させて人が合わせる
B 先に人の歌を完成させてボカロを合わせる


結論ですが、

悪いことは言わん。先に人の歌を録ろう
経験者からすれば何を当たり前の話をと言われるかも知れないですが、今回私が盛大に間違ったのがココでした。
「ボカロと歌ってみた」なんていうぐらいですから、ボカロと歌う=ボカロを先に作る??、とか考えがちなんですよね。


Aの場合、人間側のタイミング合わせがなかなかハードなんです。
人間メトロノームでも無い限りまずタイミングが合いません。
ここは遅い、ここは早いで何度も録り直し、あるいは補正を余儀なくされるでしょう。
効率的に補正出来るツールもありますが、良いツールを持っていない場合や経験がない場合は非常に苦しい作業になります。


ここらへんはもしかしたら出自にもよると思います。私みたくDTMからボカロに入ってきた人間は、MIDIノーツずらせば済む話の方が当然やりやすいです。

一方で、バンドマンからボカロに入ってきた方は人間の歌を補正することに長けている方も多いかもです。

でも一般的にボカロ側を動かす方が圧倒的に柔軟です。


☆先に人歌を録るデメリット

B先に人の歌を録る、を難易度的な面で推していたわけですが、曲作りという観点からすると双方メリットデメリットがあります。


Aのメリットは、ボカロの調声が曲中で安定・一貫することです。これはBのデメリットと表裏一体となっています。

ソロと同時に歌う部分、掛け合いが混在するような普通の「一緒に歌う」系の曲を想定すると、Bの場合同時に歌うボカロ部分は人の歌に追従します。

つまり同時パートは人っぽく揺らぎを含んで、ソロパートはボカロらしくある程度決まった刻みで歌うわけです。この統一感のなさが「ボカロが浮いてる」印象を与える事があります。


一応Bのコレを解消する方法があって、それはボカロソロパートも自分で歌ってボカロを合わせる事です。曲中に統一感を持たせたいなら、その工数は割くべきですね(と私は思うのですが

ボカロソロって普通は人間じゃ難しいパートまたは音域をやらせたいのも事実で、んなの歌えるかって事態になるかも。


あれ、じゃあAいいじゃんと思う方もいるかもですが、Aは逆に人間側が補正マシマシのケロケロボイスになる可能性が高いです。現に今回のがそうなってます。ボカロ並みに歌が正確な強い歌い手なら良いのですが。。。

でも人間はどちらにせよ補正するので、加工ボイスに慣れていればあまり気にならないかもしれません。


☆ユニゾンとハモり、どっちがラクか

これは、ABで変化します。


Aの場合、ユニゾン部分の難易度がピカイチです。僅かなズレが曲に不快感をもたらしてくれること請け合いです。ハモりは音程をしっかり把握していればそこまで難しくないです。
一方Bの場合、自分の位置を見失いやすいのでハモりの方が難しいと思います。が、Bはそもそも合わせる必要がないので後からどうとでもなります。


☆ボカロじゃないと歌えないような曲歌うなんて無茶しやがって

実はですね、というか当たり前なんですけど、

・BPMが非常に早い=リズムが細かい
・リズムが複雑
・英語


このへんが普通に歌う際の難易度を爆上げするので、Merry Missingに関してはなんでクソ難しい歌を最初に歌ってみようと思ったんだって話に尽きますけどね。自分の歌の力量に合わせて選曲や作曲をしましょう。ってことです。

あ、今回の新曲Merry Missingはコイツです。むずいですよこれ。

例によってボカロの人気曲はBPMが早い曲が多いので、そもそもあまり人が歌う向きではないですよね。

いや最近はそうでもないかな?デュエット系は普通に歌える曲が増えている気もする。


☆まとめ(?)

①オケを作る(必要ならボカロの仮歌を作る。ベタ打ちでいい)
②とりあえず人の歌を録る。必要ならボカロパートも自分で歌って全て録る
③人の歌をオケに合う程度に補正して乗っける
④(仮歌があったらさっぱり捨てて)人の歌の乗ったオケに合わせて1からボカロ歌を作り直す

ていう工程を踏む必要があったんですねー。
必要があったというか1番これが難易度が低いというか。

作曲スタイルにもよるかもですね。

私はボカロ曲を作る時ボカロ作成が基本先です。

オケだけ固めてから調声するということをしないですが、れっきとした理由があって、V4のエフェクトとミキサーを一切信用していないFLユーザーだからです。毎回Wavでボカロを書き出しています。

FLねえ…

そういえばボカキューだとこの辺が緩和されるのかもしれないです。そしたら人間側の補正とボカロ側の補正が同時に出来るわけですね。

えっ良くないそれすごくない?ボカキューを使えということか!(ここにきて気付く


次回作があるかどうかわからないですが、というかもうしばらく自分野郎の歌声聞きたくないですが、作るのであれば工程から考える必要がありますね。

これでもボカロ+人は人+人に比べたらやりやすい方だと思うんですけどね。ボカロが合わせられるぶん。


以上です。お読みいただきありがとうございました!
感想、意見などじゃんじゃんお待ちしております!


コメント

たかまい
No.1 (2019/12/22 19:20)
難しいことは分かりませんが、私も先に人の歌を録った方がいいと思います!!編集したことないから全然分かりませんが。まずはやってみることに限ります。でも、時代ですので人それぞれでいいと思いますが選択肢は今はたくさんあるので幸せですよね。昔の事を考えたら。笑
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事