なにこれ日記

本を買えなかった話

2019/12/13 22:38 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 趣味
みなさんこんばんわ。ぼくです。
最近書くことが多い割に文章化していないので更新が滞っていますが、ボクは元気です。決して風などひいていませんし、それを理由に動画投稿をサボってやった! などとはコレッポチも思っておりません。

さて、前回記事にて「仕事猫のメットを黄色に染めよう」と発言した割に放置しているので、別のお話です。

みなさんはATLUSより発売されている「真・女神転生シリーズ」ないしその派生系のゲームはプレイしたことがお有りでしょうか? 最近だと、ペルソナシリーズが猛威を奮っており、「ペルソナ5」がアクションゲームとして新たに発売されるとかなんとか。。。
当方はP5に関してはノータッチなので詳しい内容はわかりませんが、続々と新規タイトルが出ることは嬉しい限りですね。

と・も・か・く!

そんなシリーズの根幹を支える「悪魔」。そのキャラクターデザインの大体を支えている御方の名を皆さんは御存知だろうか?

金子一馬 氏である。
最近は表沙汰にはならないものの「悪魔絵師」の異名は伊達ではなく、多種多様の独特なキャラクターを描いています。ATLUSファンの方にはお気に入りの「悪魔」がいることでしょう。
さて、そんな氏の悪魔辞典とも呼べる「金子一馬画集」。2004年から全10冊を予定し、現在8巻まで販売されています。

もちろんボクも悪魔に魅了された胡瓜星人ですので、手に入れようとしました。

しかし、ボクがATLUS作品にはまったのは2011年頃。
画集の存在を知ったのが2013年頃なので、1~3巻がすでに絶版。中古価格も約2~3倍と高価でなかなか手を出しづらかったのですオロロ。

画集自体も2008年を最後に音沙汰もなく、打ち切りかな? 悲しいわ。と嘆いていたのを思い出します。

2017 画集4 発売っしゃあああああっったあああああ!!

途方にくれ諦めていたなか、突然の発表にボク歓喜!
その後も続々と新刊が発売され「こりゃあおちおちしていられねぇぜ。絶版本がプレミア価格だろうが知った凝っちゃねぇぜ!」と財布をにらめっこしていました。

2018 画集1-3 復刻版 発売しますっしゃあああああっったあああああ!!

ずっとにらめっこしててよかったわーい!
中古価格も下落しまくって一人でゲラゲラ笑ってましたわゲラゲラゲラ!!プギャー!

「これで安泰じゃ。お財布に余裕があるときに買おうっと…買おうっと……買おうっと……」


2019 冬
「そろそろ1-3巻買うか。Amazonぽちぃ! ……おんやぁ?」






ネット販売が軒並み息しておらず、Amazonの転売さんと中古販売系だけが生き生きしていましたちくしょぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

寝ます。

つづきます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事