ななかと!

オタクの地位向上を考えてみた

2016/12/20 00:28 投稿

  • タグ:
  • オタク地位向上
  • 鉄オタ
  • ドルオタ
  • コスプレイヤー
  • アニオタ
  • ゲーマー
  • ミリオタ

小さい頃からプロサッカー選手になりたくて
毎日、「ボールは友達!」と一生懸命練習して
ユースチームに入ったりサッカー留学したりする人は
サッカー少年とかってみんなから応援される。

プロ野球選手を目指して子供の頃からリトルリーグで活躍したり
甲子園目指して毎日練習している人は野球少年だの高校球児だとか言われて
地域や学校をあげて応援される。

柔道もレスリングもボクシングも水泳もスノボも
スポーツ選手はみんなの憧れの的だし応援してもらえる。

それは誰の目から見てもわかりやすく努力する姿が見える。
だから理屈じゃなく応援したい気持ちになるんだと思う。
泥と汗にまみれながら必死に頑張る姿は美しいのだろう。

一方、子供の頃からコスプレしたり、
一生懸命にマンガ描いたり、ゲ―ムで高得点を叩き出したり、
色々な情報を集めたり、コレクションしたりという、
オタクと呼ばれる、我々は誰にも評価されないのだ。
目に見えないから、見えても遊んでいると思われるから・・・。

夜なべして作り上げた衣装に身を包み、
あーでもないこーでもないと
試行錯誤しながらセットしたウィッグを被り、
炎天下に倒れそうになりながら
寒空の下、腕やお腹を出して鳥肌立てながらも
笑顔でポージングするのはキモいらしい。

必死に頭を悩ませながらやっと浮かんだプロットから
色んな情報や資料を集めてネームをおこしたり、
コマ割りしたり眠い目をこすりながら
インクにまみれて描いている姿はキモいらしい。

疲れた目で手がつりそうになりながらも
必死にボタン連打して、勝敗に一喜一憂したり
敵を何度も何度も倒してレベルを上げたりして
やっとラスボスを倒して達成感に涙する姿はキモいらしい。

他にも乗り鉄さん、撮り鉄さん、カメコさん、ドルオタさん、ミリオタさん
膨大な知識や深い造詣をもっている、凄い人達が大勢いる。
しかし、多くのオタクと呼ばれる人たちが認められる場所は
日本ではオタクの世界の中でだけだ。(クールジャパンどこ行った?)

目に見えないから?知らないから?知りたくもないから?
オタクだから?キモいから?

頑張ってるのは同じだけど評価はされない。遊びだと思われる。
その努力に費やす時間や労力に変わりはないのに・・・。

世間の評価がいつでも正しいとは思わないし、
評価されたくてやってるわけじゃないけど

だけど、
「オタクはキモい!」だの、
「オタクは学校来んなよ!」だのと言う奴がいても
「まあ、そうだよね~、言われても仕方ないよね~!」と
ヘラヘラ笑いながら許してしまう風潮は変えていくべきだと私は思う。

宮崎事件以降、オタクは犯罪者予備軍呼ばわりされてきたけど
スポーツをしている人間が犯罪を犯さないわけじゃないでしょ?
スポーツ選手が犯した事件だって山ほどあるのに何か事件が起きるたびに
「家にマンガやゲームがあった」とか
「部屋にアニメのポスターが!」とか
本当にやめて頂きたい!!

オタクがいじめを受けやすいのはそういった、マスメディアによる
情報操作にも責任の一端はあるんじゃないだろうか?

12月18日、大田区蒲田で開催されたOTAKUコスプレ祭りでの一コマ

そろそろコミケで頒布するROM入稿の〆切だっていうのに
モヤモヤして深夜にこんなブログを書いていた私は
マンガもアニメもコスプレも大好きなオタクのうたうたいびとである。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事