namekoのブロマガ

ドライバー

2013/05/28 03:22 投稿

  • タグ:
  • 視覚障害
通勤とかは白い杖をついて行くわけですけれども
自宅付近のセンターラインも歩道区分もない道路とかだと
意図せず車道の真ん中を歩いてる事があるのよね

まぁ、ほとんどのドライバーが、おいらが手探りでヨタヨタと端に寄るのを待っててくれるし
中には『すみませんでした』と一声掛けてから立ち去るドライバーもいるんですよ
警笛鳴らされた経験はたったの二回で、ひとつはカーステをドンシャカ鳴らしたVIP(笑)カーで
もうひとつは、自宅の二軒隣のウンコ色リーフ。まぁ、知り合いじゃないし近所に住んでる人だとも思ってないんでしょうね
おばちゃんなのか息子の大学生なのかは不明

こんな例外はさておき、走っている車はほぼ親切です
ところが、駐車している車となると逆転するんですよね
勿論、無人の車は動きようがないですけれども
エンジンかけっぱなしで人待ちしてる車もそうだから困ったもんです
しかもスーパーの駐車場前ですよ

停まっててもいいから、出てきて誘導するなりしてほしいんだよね
というか、道路交通法で白杖所持者の歩行の邪魔しちゃいかんとか、危険だったら助けなきゃいかんって書いてあるらしいよ?(@白杖wiki)

エンジン掛かってる車はいつ走り出すかわからないから近づけないし
迂回するには車道中央側に行かなきゃならない
で、棒立ちするしかなくて、無関係な歩行者が助けてくれる…というパターンが多いです

まぁ…車を移動させて道を開けてくれたドライバーもいたし、出てきて誘導してくれたドライバーもいましたけれども
両方合わせて3人ってところですかね

白杖を車にぶつけられて、荒っぽくドアを開けるドライバーもいるけども
相手が視覚障害者だとわかると何も言わずに引っ込むのよね
目の前の駐車場に入れよ
よっぽど貧乏なんだね
車売ればいいのに

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事