~N@GOM屋さん~

物心がつくという事。

2014/09/01 13:34 投稿

  • タグ:
  • 厨二病
  • ポエム
  • こわい体験
  • 日記

「もの心がついた時」とは、どういった瞬間なのだろうか?

はじめて悲しみを感じた時なのか?
はじめて喜びに触れた瞬間なのか?

『人』として考えるようになった、できるようになった記憶はどこからくるものなのだろうか?

私という人間は、肉体という器にとりついているだけの幽霊なのだとしたら生きていくことは怖くないと感じる。

ほんとうに怖いのは「満足」してしまう事だ。

「満足」という響きは、なぜか「諦め」に似ていて悲しくなる時がある。
円滑な仕事・円満な関係、なんの不自由もなくなってしまう時が訪れる事がものすごく怖い。

喧嘩もない世界に華がないように、夢のない世界はSEKAINOOWARIなのだ


ハム太郎『ボクの今の理想は、勝ち組の中の負け犬でいたいのだ~』

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事