行き先は海

第三十九記・モンクC3到達しました

2016/09/29 03:24 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • ToS
  • モンク
  • Tree_of_Savior
そこに待っていた世界は。

どーも、ナガレです。
昨日のメンテ前の時点でR7、つまりモンクC3に到達しました!
C2の間に貯めこんだスキルポイントで、
双鎖功陽光手、そして金鐘罩をレベルマにしました。
C3で手に入れたスキルポイントは全部観音掌に注ぎ込みます。

今回の記事は、
「前回モンクの記事を書いた時点で持っていなかったスキル」
について書いてみようと思います。
即ち観音掌、陽光手、そして金鐘罩ですね。

観音掌(かんのんしょう Hand Knife)
C1スキル。拝むかのような手刀の一撃で敵を地面に叩き付ける技。



広域攻撃比率5とモンクスキルの中では比較的捕捉範囲が広いこと、
ノックダウン効果があり軽い相手なら確実に2秒程度行動不能にできることから、
使い道としては
「体力が低くてヒールパネルの上を歩きたいけど、一撃で倒せない敵に囲まれている」
という状況があります。
体力ぎりぎりだとヒール発動前にやられる可能性がありますが、
観音掌は発生が早めなので安全性が増す、というわけです。
「セーフティゾーンに引きこもって叩いてたけど仕留めきれない!ゾーンの時間が切れる!」
という場合にもいったん観音掌で拘束して逃げ出すということができます。

また、特性で最大80%の確率で8秒間相手を防具破壊状態にします。
防御力を0にする、という強力な効果です。
敵Mobの防御力とか逐一調べないからよくわからんですが、
とりあえずぶっぱしておくと火力が上がったり上がらなかったりします

あとこれはスキル構成の問題ですけど、個人的に大きなメリットとして
スキルの数が増えることで小さなスタミナ錠のリキャスト時間を消費できる
ことがあります。
メイン火力となる双鎖功のリキャストがスタミナ錠に左右される都合上、
そのリキャスト30秒をどう使うかが重要。
バフによる間接的な火力向上でもいいんですが、
攻撃を継続できるならそれにこしたことはない、というわけで重要なメリット。
防具破壊のデバフも敵次第では火力向上に資するので、まぁちょうどいい落としどころ。
もう一つくらい攻撃スキル欲しいかなー

陽光手(ようこうしゅ Energy Blast)
C2スキル。マヴカプの方の真空波動拳。



モンクの花形、火力も範囲も捕捉敵数も最高級
リキャスト時間も1分と最高級……だと思うだろ?上がいたんだよ(後述)
放つは聖なる気の奔流!ということでクレリック系らしく聖属性持ち。
聖属性は相性でダメージカットされることがなく、
闇属性に特攻が乗るためシナリオでも扱いやすい属性です。

ノックバック効果があり、観音掌で拘束できる程度の軽い敵なら画面外まで押し流します
ただしさすがに射程無限ではないため、押し流した結果ダメージを与え切れないことも。
特性でノックバック効果をオフにするのもいいですが、
壁に押し付けるように当てると拘束しつつダメージを稼げるので効率的です。
(ただし終了後にすごい位置ズレを起こすのでなるべく仕留めきれる敵にやりたい)
まぁマルチだと味方が拘束してくれた敵を吹き飛ばしてしまうので、
オンオフ特性はきちんと取得しておくべきでしょうね。

派手な火力と範囲にふさわしくデメリットもそれなり。
まずレベルに応じたチャージが必要です。
チャージ時間に応じて射出時の持続時間が伸びるのですが、
このチャージ中に攻撃を食らうとチャージが中断されてしまいます。
溜めながら走り回れるので近接敵相手なら逃げながら溜めればいいのですが、
遠距離敵はバンバン邪魔してきます。
マルチなら味方にタゲとりしてもらうのが一番でしょう。
ソロなど自分がタゲになるなら、セーフティゾーンの中で溜めることになります。
ただセーフティゾーンは状態異常を防げないためノックダウンで止められることもしばしば。
特に毒など継続ダメージ系は最悪で、
ダメージ判定が出る度にチャージが止められるため確実に撃てなくなります

持続時間も実は使いにくい部分です。
射出が始まるとアーマーがついて通常のダメージでは止まらないのですが、
レベルに応じて持続時間が伸びるため、その間事実上行動不能になります。
そして、一度チャージを始めると能動的に止める手段がありません
「チャージを始めて位置取りをしている間に味方が瀕死だ!」
となったとき、ヒールを出す前にどうしても陽光手を処理しなければならんのです。
勿論常にヒールパネルを出しておくのがクレリックのたしなみですが、
リキャストのタイミング次第でそういうもどかしい状況に陥ってしまうものです。
味方の安全を確保した上で、きちんと当てていきたいところですね。

なお、このスキル最大の特徴は撃ち終わったあとにありますね……


「南無三!」
超かわいいちゃんとボイスで言うんですよ。
ちなみに撃ち終わった時点で移動が可能になるのでお祈りポーズのままスライド移動します。
ナムサンスライド

金鐘罩(きんしょうとう Golden Bell Shield)
待ちに待ったC3スキル。(おそらく)完全無敵の最強防御。
モンクの花形その2。……のはずなんだけどなぁ。



C3なので最大レベル5、これで最大8秒間敵のあらゆる攻撃を防ぎます
……8秒?
サンクスマウルで+2、ディヴァインマイトで+1して最大11秒にできます!
……11秒?
そしてこの効果時間に対して驚くなかれリキャスト180秒

は?

いやー、色々検証するにも扱いづらいリキャスト3分。
特性で自身の周りをセーフティゾーンにできるのですがこれでさらに7秒追加
いやもう180秒に対して7秒のインパクトが薄すぎるのであんまり気にしませんけど。
スキルキーを押し続けている間発動し、ゲージが溜まり切ると強制解除というものです。

あ、ちなみにゲージの最初1秒くらいは詠唱時間ってことでダメージ受けるよ!
ダメージ受けたら発動失敗するよ!
でもゲージは動いたからリキャストはしてね

は?

発動即無敵にならない上に失敗したらもう3分という鬼仕様。
クロノにパス回してもらってセーフティゾーン連打した方が強くね?
(パスなくてもその方が強くね?)
ついでに発動中はアイテム以外の行動不能です。
すごいDPS下がる!

まぁ利点はあるのです。
セーフティゾーンはディヴァインマイト入れても最大52回までしか防御できません。
持続時間20秒の間に52回攻撃がきたら割れてしまう!
また、範囲内の味方の数だけ回数が消費されるため、
多人数を守るとなると一瞬で割られてしまう可能性があります。
しかし!
金鐘罩は回数制限が指定されていません!
11秒(詠唱除き10秒)の間に52回以上攻撃がきても、中に何人いても耐えられるのです!

……あんのかそんな状況
……今後何かすごいボスが3分に1回予告ありで秒間100ヒットする攻撃とかしてきたら?


というわけで。
セーフティゾーンの合間に使う、という目論見は儚く崩れ去り、
使いどころを模索していくことになってしまった金鐘罩。
(IDとミッション行きましたが使うタイミングがありませんでした☆)
勿論モンクC3にしたことで双鎖功や陽光手の火力は伸びましたし、
C3にしたこと自体は面白がってます。
ただなーもうちょっと使い勝手よくしてもらってもいいんじゃないかなー。

テコ入れを期待しつつ今回は以上です。
マッチングでプリースト2以上履修してる人とよく当たるようになったんで、
R8はプリ2じゃなくてインクィジターにしようかなとか考えてます。
レベリングせんとなぁ。

それではまた何かで。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事