行き先は海

第三十八記・ギミック業績ポイントの道

2016/09/24 21:28 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ゲーム
  • ToS
  • Tree_of_Savior
  • ギミック
  • 業績ポイント
モンクの道はまだちょっと遠い。

どーも、ナガレです。
モンクは着々と育って現在レベル218。
そろそろR7も近いところで楽しみです。
この武器も当たりましたし。

サンクスマウル。
モンクのスキルのスキルレベルを全て+2してくれる半専用装備です。
しばらくはこの子で戦っていけます。
まぁC3スキルが防御スキルなので
クォレルシューターほど恩恵があるわけでもないのですが……

まぁモンク事情はまた記事にするとして、
今日は最近たどり着いたマップで遊べる要素をご紹介。
それがギミック業績ポイントです。

マップはこのレベル帯での狩り場とされるアレメテの森
そこの「メンカーの丘」というエリアにあるのがこの碑石です。



ここでは「数字当て」を遊ぶことができます。
1~500の数字の中に正解の数字が一つあり、
プレイヤーには7回の回答権が与えられます。
間違った回答をすると正解の数字が今回答した数字より大きいか小さいか教えてくれるので、
これによって正しい数字に近づいていくわけですね。



そして正解を見つけると報酬として
ギミック業績ポイント5に加えて
アレメテHPポーションアレメテSPポーションが5つずつもらえます。
一日に3回挑戦できるので、ポイント15、ポーションが15個もらえることになりますね。
アレメテポーションはLv5の濃縮ポーションと同じ性能なので、
集めておくとそれなりに使いどころはあるでしょう。
逆に言うとアルケミストの皆さんにはLv5以上は用意してほしいところ。
もっとも、アレメテの森に来るレベルだと
Lv5濃縮ポーションだと足りないかもしれませんが。
あ、モンクは大丈夫です

このギミック業績ポイントを集めていくと、
業績根性の冒険家が解除されます。
賞品が称号なので自己満足感は強いですが、ToSを遊び尽くすなら必須でしょう。

この「数字当て」ですが、
普通に半分半分とやっていくと回答権7回では残り1つ確定まで絞り込めません
たとえばわかりやすい例で正解が1だったとすると、
1回目に250と回答すると「250よりも小さいです」と言われます。
順に125(2回目)、63or62(3回目)、32or31(4回目)、16(5回目)、8(6回目)
と答えていき、7回目を間違えると失敗になるので
最後は1以上8未満の7分の1を当てなければならないことになります。
7分の1に賭けて半々回答を続けるのも一つの選択肢ですが、
僕の攻略法?として「もう最初から賭けに出る」というのがあります。
3回挑戦可能と書きましたが、これは3回まで報酬がもらえるという意味です。
失敗してもペナルティは全くありません
まぁ時間をとられるというのが最大のペナルティかもしれませんが。
とにかく、
スクショでやっているように半分より少し偏らせて回答するのです。
するとたとえばさっき同様正解が1だったとすれば
200→60→20→8→4→2、ときて1を選ぶことができます!
まぁこれは理想のパターンで、8を答えたときに
「8より大きいです。選択できる範囲は8~20です」
とか言われるのが常ですが、案外うまくいきます。
いっそ100から始めてもいいくらいです。
ただしこれは
絶対確実な攻略法がないならさっさと賭けに出よう
という精神性の現れなので、
皆さんもご自分に合った攻略法を見出してください。


さて、ギミック業績ポイントってこれでしか稼げないの?
そんなはずはありません。
他にもいくつもあります。
僕が既に見たのは同じく『アレメテの森』の「古いキャンプ」にある
モンスター合わせ」がそうです。



ちなみにこの「モンスター合わせ」、
北の『ベダ高原』やアレメテのすぐ近くの『ナハスの森』にもあります。
右上辺りに見える碑石を調べると挑戦でき、
4×4で16個のキューブが発生します。
画面の通り調べるとモンスターの影が出現し、これで神経衰弱を行うわけです。
出てくるモンスターは雑魚代表みたいな8種類で、
画面の「マリー」の他「ポポリオン」「チュチュ」「パント」
「ユコプス」「ポクブー」「ケッピー」「ハナミン」が出現します。
3か所でやった限りではどこでも同じラインナップのようです。
実際名前で言われても覚えられないと思いますので、これはやって見た目を覚えるしかない。
ただ1回の挑戦につき20回の回答権があるので、
普通に全て調べてメモってから改めて正解を選んでいくのでも問題なくクリアできます。
この難易度の所為か、報酬は1日に1度ギミック業績ポイント5しかもらえません。
いや、なんかクリア時にバフをもらえた気もするんですが、
持続時間20分とかでいまいち使い勝手が悪くて……

また、『ナハスの森』には『アレメテの森』とは異なる「数字当て」があります。
それが



カカシ
0~9の異なる数字を3つ組み合わせた数字列から正解を見つけないといけません。
スクショ撮り忘れましたが、答えた数字列に対して
①「正解の位置にある正しい数字」
②「用いられているが正しい位置にない数字」
③「用いられていない数字」
の個数をそれぞれ教えてくれます。
あくまで個数しか教えてくれないので、
どの数字が正しいか、どの位置が正しいかは当然推理しなければなりません。
ただ、これも決して難しくはありません。
回答権が10回あるので、
最初に「012」「345」「678」と答えてみればどこかしらで引っかかります
②が2つ以上ある場合はすぐに並べ替えを試して①を増やしましょう。
どれを選んでも②が1つしかないならそのときの正解は難しかった、と思ってください。
きちんとメモを取りながらやった方が安全かもしれませんね。
僕はめんどくさいので記憶に頼ります。
ちなみにこちらは1日に5回まで報酬がもらえて、
1回につきギミック業績ポイント1、1日5ポイントまでもらえることになります。
あとバフ。

さらに『ナハスの森』にはもう一つギミックがあるのですが(3つ目)
それがこの「ペンデュラム」。



何かのクエスト用かなーと思ってたら普通にアイテムとして使用できます。
一番最初はモンスターがドロップするのですが、
使うと「ゆっくりと回っている」「何かに反応している」等といった説明が出ます。
(追記:おそらく順に
「ペンデュラムはゆっくりと回っている(反応なし)」
「ペンデュラムの速度が微妙に変わったようだ」
「ペンデュラムが何かに反応し始める」
「ペンデュラムが何かを感知したようだ」
「ペンデュラムがスピードを上げて回っている」
「この近くに何かがあるようだ」
→発見)
で、これが一番強く反応するところに宝箱があります。
ただしペンデュラムをその特定箇所で使わないと宝箱そのものが出現しません
これを開けるとお金とギミック業績ポイント1が付与されます。
しかし1ポイントにしちゃ1周が長いんだよなぁ!
貴重なギミック業績ポイントがもらえるクエストではあるのですが、
正直余裕があったらやれば?って感じですね。

それというのは、まずペンデュラムの説明文にもある通り、
このマップでそれなりに狩りをしなければいけません。
モンスターを狩っていると不意に反応し、アイテムとして使えるようになります。
反応が発生する確率はさほど高くありません。
このマップにいる敵なら何を狩っていても可能性があるとはいえ、
ここにいるブルースピオンアーチャーがけっこう怖い
通常攻撃がクリティカルを起こすこともあるし、
スキル:スパイラルアローも同レベル帯の他のモンスターと比べて異様な火力です。
それが複数まとまって近寄ってくるので、生半可な体力だと瞬殺されます。
しかも遠距離タイプなので一度狙われると確定で当たる仕様も厄介。
加えてこのマップの他の敵の倍以上の体力によって先手必勝というわけにもいかず。
参考までに、僕の物理防御力が327なのですが、
これでクリティカルをもらうと4000以上
スパイラルアローをもらうと7000くらい溶けます。
(さらに追記:スパイラルアローのクリティカルで当然倍程度食らいます。
僕の体力が14000に満たないこともあって即死します)
一匹で。
防具もちゃんとした装備にしましょうという教訓でした。
また、ペンデュラムの使用期限は10分と短め
この時間を過ぎるとまた反応発生を求めてブルースピオンたちを狩ることになります。
その割にはけっこう宝箱の判定もシビアで、
時間に余裕があるかどうかはちょっと運に左右されます。
最初は大きめの空間を回って反応がないか確かめてみる、という程度でいいでしょう。


今のところは以上ですね。
今後もこうしたギミックポイントがあると思うので楽しみです。

なお、ペンデュラムだけでなくここまで紹介したギミックすべてにおいて
攻略中にも敵は容赦なく攻撃してくる
ということを覚えておいてください。
「モンスター合わせ」は攻略中でも自由に動けるので接近してきた敵を倒せばいいですが、
「数字当て」はすべての回答権を使うまで逃げる事すらできません
(ゲームパッドだと動けるとかそういうのもあるのだろうか)
ですので防御力に自信がない方は周囲を確認してから遊びましょう。


というわけで今回はここまで。
また書きたいことがあったら来ます。

コメント

ここ
No.1 (2016/09/27 19:49)
カカシはあたりを探すんじゃなくてハズレを特定して行くようにするとかんたんですよ-
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事