ししゃものブロマガ三昧!

ノーゲーム・ノーライフ 9話「解離法《スカイ・ウォーク》」感想

2014/06/08 13:04 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • アニメ
  • ノーゲーム・ノーライフ

■イントロダクション
ニートでヒキコモリ……
だがネット上では「  」(くうはく)の名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空(そら)と白(しろ)。
ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持った空と白の前に、
ある日"神"を名乗る少年・テトが現れる。
テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を異世界へと召喚してしまう。
そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった!
異世界に住まう十六の種族の中で最弱の人類種(イマニティ)。
他種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前に追い込まれている人類種を救うため、
空と白は空前絶後の頭脳バトルに挑む!

白が目覚めると、空の姿がない―。
そればかりか、ステフとジブリールは「空という人物など知らない」と言う。

空の存在すべてが白の記憶以外から抹消されている世界。
なぜ空が消えたのか、そもそも空などという人物は存在していたのか・・・。



面白かったわー。

やっぱり空白は2人で1人。空白に敗北の二文字はない!!

白が真相に気づいてからの展開が胸熱。
駒がバババッとひっくり返っていくシーンで目頭が熱くなりました・・・ッ

しかしクラミー達はずっとあの場所で待っていたのかねw

コメント

空白
No.1 (2014/06/25 19:02)
ここは確かに泣きかけた記憶があるな
ししゃも (著者)
No.2 (2014/06/26 11:02)
ベースはギャグなのにたまに泣かせにくるから油断ならない、目が離せないんですよねぇ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事