資麻のブロマガ

Hollowの歌詞翻訳動画についての備忘録

2020/06/11 06:03 投稿

  • タグ:
  • FF7R
  • Hollow
  • 植松伸夫
『Hollow』は英語歌詞でかなり加筆され、野島氏の歌詞と英語歌詞との違いが目立ったので日本語に再び翻訳しました。 訳の内容が他の方々の動画と大きく違うところもありますが、翻訳の理由や要点も下部に記載しました。 映像はあえてPS版原作のものを使用しています。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36951321

Hollowスクエニ公式メイキング映像
https://youtu.be/S8xjXZ2xdEQ
Music: Nobuo Uematsu
Vocals: Yosh (Survive Said The Prophet)
Lyrics: Kazushige Nojima
Lyrics Translation: Ben Sabin, John Crow
Arrangement & Synthesizer Programming: Kenichiro Fukui

―English Japanese―
I would be lost 途方に暮れて
Drifting along 彷徨っては
Floating up high 浮足立って
Time after time 止め処も無い
And there you’d be するとあんたは傍にいてくれて
Shining brightly Your smiling face 輝くような明るい笑顔で
To guide my way 俺の生きる道を導いてくれる
Bloody and bruised 血だらけ傷だらけで
Brought to my knees 心が折れたんだ
When beaten down 打ち倒された時
When broken up 打ち砕かれた時
You would appear, あんたは顔を見せてくれて、
Reach out to me, 手を差し伸べて、
Heal every wound, どんな傷だって癒しては
And make me whole 俺を満たしてくれる
Was it all a dream? ユメもここまでだったのか?
Will I never know? 俺は一生、分かってやれやしないのか?
Foolish and blind 察してやれも気付いてやれもしない
To everything 何もかも
Had I realized, 気付いていたら
Had I thought it through, 想い続けていたら
Would you be here in my embrace? 俺の腕の中に来てくれるか?
Shine bright once more もう一度笑って輝いてくれ
Guide me to you 俺を君の元へ導いてくれ
Smile bright once more もう一度微笑んでくれ
This time I will never let you go 今度はもう離したりなんかしない
With your every smile 君が笑う度
Hiding something more dark mysteries lurking beneath 何か言えない秘密や本音が見え隠れしても
But I was consumed それでも俺は身を焦がしたんだ
With this emptiness この空虚に、
This selfishness この渇望に、
This void to fill この埋めるべき心の隙間に
Hear me once more もう一度聞いてくれ
Show me your smile 笑顔を見せてくれ
This time for sure 今度こそ
I’ll see the truth hidden inside your tears 君の涙の真意を確かめるんだ
But I… I know けど俺だって…俺だって分かってる
That you’re long gone もう会えないって
But I… I will… けどそれじゃ俺は…、俺は…
Go on howling and hollow 涙に暮れて空っぽになっちまうんだ
To never know… 永遠に分かってやれやしない…

以下要点
0:56 I would be lost 途方に暮れる ※結構定型訳です
1:11 And there you’d be →there you areは近くにいることを示す+would「してくれる」※there you areはいろんな訳があります
1:23 my way 「生きる道」とか「人生」
1:44 Bloody and bruised 壮絶な人生の主人公なのでちょっと過激に訳しました
1:47 Brought my knees 「屈服させた」→血と傷が屈服させた→「血だらけ傷だらけで心が折れた」
1:59 You would appear, 「現れる」+「~してくれる」=「顔を見せる」※クラウドの主観視点でエアリスを見ているのでこの訳に。「(能動的に)現れてくれる」→日本語の「顔を見せる」には現れるという意味もあります
2:11 make me whole 「満たしてくれる」
2:17 Was it all a dream? →it is all~「全部」→過去の回想なので時系列が見て取れ、「ここまで」としました
2:20 Will I never know? →I know「分かるよ」という相手に理解を示す会話表現+never「決して~ない」「この先~ない」
2:23 Foolish and blind →foolishは察しがつかない、にぶいことを示す+blindは気付かないことを示す
2:32 Had I~ 仮定「~していたら」
2:39 be here「来る」 embrace「抱擁」
2:56 失って初めて大切な人を想い始めている様子なので途中から「君」という呼称にしました
4:19 This void to fill →to fill 文脈から見るとvoid「空白」をfill「満たす」ことにかなり能動的なのでto~で「~すべき」の用法が当てはまります
5:03 That you’re long gone→long goneは会えない状態のこと、「とっくにいなくなってしまった」こと。一人語りの主観的な歌なので「もう会えないって」としました
5:19 Go on「~し続ける」 Hollow「空っぽ」※野島氏のインタビューで「空っぽ」という語が出ていました。
5:42 To never know →to never~「決して~ない」「永遠に~ない」→+knowで「永遠に分かってやれやしない(今生の別れを意味する)」


追記:Uploadしてから翻訳をまた推敲してしまう…

  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事