むすめん。のブロマガ

大学生だった頃の話

2015/11/13 08:25 投稿

コメント:9

  • タグ:
  • 野崎弁当
こんばんは、野崎弁当です。

外付けHDDをなんとなく見ていたら、大学生の頃(21歳の頃)に書いた文章が出てきたので、自分を戒めるためにここに貼っておこうと思います。倫理的・道徳的に問題がありそうな部分や身バレに繋がる部分などについては伏せ字にしたりカットしています。ご了承ください。



------------------



世界的な男になるために




俺、世界的な男になろうと思います!!




 思えばこの21年間、肉の入っていない肉じゃがでした。廃人でした。何にも取り柄のない可哀想なミッフィーちゃんでした。



小学生の頃、忘れ物をしたら困るからと、全教科の教科書と資料集を毎日かばんに詰めて登校していました。入れっぱなしにしすぎたため、図工の教科書はふやけました。



中学生の頃、母親に、「あんた●●●●●●●●●かい!?」と疑われました。その日から数日間、親子関係がギクシャクしました。




高校生クイズに出たいと思っていました。中学生の頃から、「俺は高校生になったら高校生クイズに出て優勝するんだ!」と思ってました。イメージトレーニングもばっちりでした。想像上の俺は、アナウンサーが問題を読んでいる途中で早押しボタンを押すような奴でした。

高校生になりました。自分からメンバーを集める勇気は無かったので、誘われるのを待ってました。一度も誘われませんでした。

高校3年のときは、クラスの中で「思い出作りにみんなで高校生クイズに出ようぜ!」みたいな流れが出来ました。チャンスだと思いました。クラスメートのチームが2組も出場しました。一度も誘われませんでした。テレビのブラウン管の中でクラスメートの6人が楽しそうに笑っていました。俺はそれを、微笑みながら見ていました。俺は高校生クイズに出て優勝する想像をしながら、一人でポトフを食べました。3年間誘われませんでした。





 だから俺、世界的な男になります。世界的な男になって、華のある人生を歩みます。





●真に世界的な男は、世界進出はしない



まず、俺は英語が喋れません。俺が話せる英語といえば、「パードゥン?」くらいです。会話が進みません。外国人に話しかけられると、心臓がドキドキブラザーズです。だから、外国へは行きません。日本だけで活動します。日本でしか活動しないのに、世界的な男だと思われるような男になります。



●世界的な男になるためにこれからする予定のこと



まず、器を大きくすることから始めます。世界的な男ですから、心が狭くては話になりません。例えば誰かに蹴られたら、「ああ、君の足に俺の体が当たってしまったようだね。申し訳ない」って言います。にこやかな表情で言います。


次に、ホウレン草をいっぱい食べます。ホウレン草は鉄分が豊富です。体に鉄が無い男は、世界的な男とは言えません。でも、ホウレン草を洗わないで食べたり湯がかないで食べたりすると尿管結石が出来るので、注意して食べます。世界的な男に尿管結石は必要ありません。



●世界的な男になるために最近やったこと



俺、貯金しました。財布に小銭がジャラリンピックだったので、財布の中の小銭を、全部ブタさん貯金箱に入れました。ブヒブヒ。世界的な男は、小銭でパンパンパンプキンな財布など持ちません。今の俺の財布の中には、千円札と、五千円札と、診察券と、ポイントカード各種と、ミルキーの包み紙と、予防接種を打ったときの領収書と、商品券と、証明写真と、レシートしか入ってません。


それから、納豆をご飯にかけて食べるようにしました。今まで俺は、納豆にたれとからしを入れ、混ぜ混ぜして、パックから直接食べてました。その食べ方が好きでした。しかし、俺、気づきました。この食べ方だと、少しだけしょっぱいんです。だからご飯にかけました。なんということでしょう。ちょうどいい味になりました。みなさんわかりましたか? これが、“気づき”です。こういったところに“気づきの学習”のヒントが隠されています。俺はこの経験を大事にして生きていきます。



●終わりに



世界的な男への道は険しいことでしょう。でも、俺、絶対、世界的な男になります。世界的な男になって、美味しいもの、いっぱい食べます。


世界の広さ、自分のちっぽけさ、もちろんわかります。でも、負けちゃいけないんです。諦めちゃいけないんです



だって……、諦めたら……、そこで……、終わっちゃうやん……。



負けたくないっちゅーねん……。

絶対……、負けたくないっちゅーねん……。



あれ……、何だよ俺……、泣いてんのか……?

ハハッ、カッコ悪いぜ……。


でも……、止まらねえよ……。涙が止まらねえんだよ……。


しょっぺえなあ……、涙ってよ……。

でも……、俺の人生も……、今日の涙くらい、しょっぱかったよ……。


---------------------------










0点



コメント

ゲスト
No.7 (2015/11/14 09:20)
過去の自分と向き合うのはなかなか勇気のいることだとおもいます。ちなみに私はじぶんのを一行読んですぐに人知れず削除いたしました。
世界とは書かなかったけどかなり大きな野望を書いたものでした。何一つ叶えていない自分に恥ずかしさしかありませんでした。そして今また書いてます。何年後かに見返して自分によくがんばったね!って言ってあげるために‼︎
これもむすめん。に出会えたおかげかな(^ ^)
ゲスト
No.9 (2015/12/06 07:44)
流石野崎さん
私が推していただけありますね(^ω^)
ゲスト
No.10 (2018/03/03 15:14)
ジャラリンピックw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事