むすめん。のブロマガ

【むすめん。】上質なホラー映画【白服】

2015/09/03 00:41 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • むすめん。
  • 白服
  • ホラー映画
更新が遅れてしまいました申し訳ございません白服です。


突然ですが、
最近気になってて観たホラー映画の感想を書きます。


◆デッド・サイレンス
【作品紹介】
ある雨の夜、ジェイミーとリサの夫妻の元に送り主不明のトランクが届く。
中には、ビリーと名付けられた腹話術人形が入っていた。
その後ジェイミーが外出、帰宅するとリサが舌を切られて死んでいた。
警察に容疑者扱いを受けたジェイミーは自ら事件の謎を解くべく、ビリーを持って故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。
そこには「人形」と「舌を抜く」という言葉の入った詩が言い伝えられていたのだった…。


いわゆる"ドールホラー"というものですね。人形が出てくるってだけでもう怖い。
この映画にも不気味な腹話術人形と恐ろしい腹話術師の霊が出てくるんですが、
とりあえずそいつらのビジュアルがくそ怖い。
この映画のいいところは、結構Jホラーに近いものを感じるところですかね。
ジワジワくる嫌〜な感じというか。
洋画にありがちな単にグロくて音でビックリさせる系じゃないみたいな。
まぁ、結構グロいしビックリするところもあるんですけどねw
逆に音が無くなる演出があるんですけど、それが恐怖を煽ったりもしてて良いです。

全体的にテンポがいいですね。退屈しないです。
ほんの少し突っ込みどころはあってもシナリオもしっかりしてる。
ラストは思わず「え〜!?!?!?」って言っちゃうくらい驚きの展開でした。

本当は、同じくドールホラーで新作の「アナベル」を借りようとしたんですが、
ブルーレイが貸出中だったのでこちらを観ることになりました。
いや〜思わぬ収穫。怖かったし面白かった。
こないだ映画館で観た呪怨より全然よかった。




◆不安の種
【作品紹介】
何かが狂っている街 “富沼市"。バイク便屋の巧(浅香航大)は、配達の途中にバイクで転んで塀の茂みにはまり抜け出せなくなったという誠二 (須賀健太)から声をかけられる。
助けようとした巧は、そこで恐ろしい怪異現象を目撃してしまう。
その様子を遠くから見つめる怪しい少女・陽子(石橋杏 奈)。
誠二の脳裏には半年前、この街にやって来てから体験した数々の怪異現象の記憶が甦っていた。
そして、彼の傍らにはいつも“怪異のモノ"が見えるとい う恋人、陽子の姿があった。
一方、巧は新しいバイト先のファミレスで自分にしか見えない客がいることに気付く。
先輩社員の陽子に構うなと警告される彼だったが、無視できずにオーダーを取りに行ってしまい・・・。


ホラー漫画の実写化です。大きくなった須賀健太くんにまずビックリ…!
結構呪怨に近いものを感じる。
とにかく不幸が訪れまくる。時系列が入り乱れてる。
でも呪怨より全然怖かった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
タイトル通り、不安を煽るようなシーンやカットに落ち着いてはいられません。
思いの外グロいです。邦画にしては大胆なグロさ。
原作をほとんど知らずに映画を観たのですが非常に楽しめました。
特に懐中電灯をカチカチするところはもう嫌な汗かきまくりです…
しかしAmazonのレビューを見てみると酷評だらけ…
原作ファンにはあまりいい作品に映らないようですが、
ここ最近観たホラーの中では一番怖くて面白かったです!!!
エンドロールにも"不安"を徹底していて良いアイディアだな〜と思いました。



・・・とまぁこんな感じで、ホラー好きの方にはオススメの作品です!
よくレビューを参考にはするんですけど、
結局自分の目で見てみないと価値は決められませんからね。
この2つは個人的に怖いし面白いと思いました。

みなさんも是非機会があったら観てみてください!
機会は作るものですよ!!!!!!!!!!!!!

コメント

ななねこ
No.6 (2015/09/03 19:54)
デッド・サイレンス
「そいつらのビジュアル」を検索して見てみましたw
禍々しいwくそ怖いw
ドールもの好きなのでまずはこちらから...
みー
No.7 (2015/09/03 22:51)
映画好きだからチャレンジしたいけど…怖いの見た後は日常に支障をきたすのでやっぱり見れませんw白服さんはお風呂とかトイレとか行けなくなったりしないんですか⁈私は風呂から動けなくなったりしますw

白服さんの映画レビュー好きですー!またぜひ書いてください*\(^o^)/*
ere
No.8 (2015/09/09 16:28)
ふたつの映画観ました。
「デッド・サイレンス」は
やけに赤い色が不吉で印象的でした。
ビリーも父親も、たくさんの人形も、舌抜かれた家族写真も
じっとり怖かったです。
最後の種明かしは、全然気がつかなかったから
驚きでした。ヤラレタという感じでした。

「不安の種」は
時系列がグルグルして、グロテスクで車酔いみたいになりました。
懐中電灯のところもホント怖かった!
でも変な童謡とか、岩井市麻子さんらしきお化けとか、
顔が藁(!)とか「ブフッ」と笑ってしまうとこもあって
こういうホラーもあるんだなと思いました。

ふたつとも怖かったし救われないし、でも笑っちゃったりもして
大忙しでしたが、観終わった後は
感情がスーッと流れたような気持ちになりました
不思議です。映画って楽しいです。ありがとうございました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事