ニコニコチャンネルメニュー

甲虫王者 ムシキング -森の民の伝説-

甲虫王者 ムシキング -森の民の伝説-

ある森に「森の民」という種族のポポという 少年が、母(ピア)と二人で暮らしていました。 ポポは樹液を取りに森へと出かけるとかつて 父(ペレ)が使っていた「星読み台」に立ち 寄り、父のことを思い出しました。父はポポ が幼い頃、東の空が赤く光るという現象が起 こると理由も告げず旅立ってしまったのです。 思い出に浸るポポの目に森の一点が歪んで見 えました。そこは「遺跡」と呼ばれる禁断の 場所。ポポが近づくと「遺跡」が輝き始め、 父から渡された「守護者の証」も反応し光を 放ちます。ポポは怖くなってその場から逃げ だしました。すると、目の前に謎の男(パ サー)が現れて父のことを侮辱してきます。 ポポは怒りますが、森が不吉で異様な変化を しているため、パサーを振りきり母の元へと 急ぎました。ポポが家に着くと母は植物のよ うな姿に変わり果てていて、ポポにこの森を 出るように促し、ポポも父親と同じく「森の 守護者」であることを告げると動かなくなっ てしまいました。ポポは母を治せるのは父だ けと思い、探しに出るため故郷の森を出まし た。すると突然、謎の巨大甲虫(コーカサス オオカブト)に襲われます。が、一匹の謎の カブトムシ(ムシキング)が現れてコーカサス を撃退し、飛び去って行きました。そのカブ トムシと入れ替わるように、喋る小さ なカブトムシ(チビキング)がポポの前に現 れ、ポポの仲間になり、二人は共に旅立つこ とに...。
詳細を見る

動画