ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

にじげんのなかにいる

「空の青さを知る人よ」 ガバガバ聖地巡礼の報告 in 秩父

2019/11/10 20:54 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 空の青さを知る人よ
  • 空青
  • 秩父
  • 旅行
  • 聖地巡礼
  • RTA(リアル登山アタック)
  • 秩父市


わーわーぱちぱち
ん?これを見たらポケモンGORTA走ってくれるって言ったよね?

どうも、こんにちは、マーフィーと申します
絶賛上映中の映画「空の青さを知る人よ」の聖地巡礼?記事をさっくりこさえてみました

<0.お品書き>
1.ざっくり書くと ← ぶっちゃけこれだけ見ればおk
2.注意書き
3.本編
 3-1.聖地巡礼①~秩父駅市街地~
 3-2.聖地巡礼②~ミューズパーク~
 3-3.聖地巡礼③~日野~
 3-4.聖地巡礼④~その他気になったとこ~
 3-5.聖地巡礼⑤~RTA(リアル登山アタック)~
4.まとめ?

<1.ざっくり書くと>
①「空の青さを知る人よ」はこれまで以上に「秩父」を意識したつくりとなっていて
 聖地巡礼的な視点に立って見ても面白い(もちろん話としても面白い)
②秩父市街地、ミューズパーク、日野等々 かなり忠実な描写がされている
③ちょうど秩父は紅葉シーズン、作中の時期も近いことから是非足を運んでみては?
④台風の影響はいまだ残っており、通行止め/立入禁止となっている区画あり。
 自治体や観光サイト等の情報を読みつつ、安全な観光をしましょう


<2.注意事項>
この記事は以下の成分で構成されております。
忙しい方は<1.ざっくり書くと>を見ればこっから先の駄文は読む必要すらありません。

・見直しなしの一発書き駄文
・ガバガバ聖地巡礼と写真構図
・隙あらば自分語り

くそ長いまとまりのない文章ですので、お暇があればご覧ください。
文は自己満なので写真だけざっと流し見でも……


<3.本編>

皆様、「空の青さを知る人よ」はご覧になりましたでしょうか。
長井龍雪・岡田麿里・田中将賀の三氏によるチーム「超平和バスターズ」原作「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」に続く3作品目になります。
私は見ました。
感想はここに書き始めるといよいよまとまらないので割愛。
とりあえず急に行きたくなりました、秩父。

すいません嘘です。

秩父にはもともと行く予定がありました。
登りたい山があったんですよ。色々と。
ただ、予定(登山)が台風の影響で頓挫したのと、空青を見て懐かしい景色や知っている景色があって触発されたのとで
登山計画は聖地巡礼計画に変わったのでした。


さっそく旅立ちましょう、秩父への行き方は色々ありますが
やはりここは…王道を往く、西武鉄道の特急「ちちぶ」ですかね。
池袋から90分 こうしてみると早いですね。

さて、ここから写真がダラダラ並びますが、時系列は前後してます。


3-1.聖地巡礼①~秩父駅市街地~

まずはたどり着いたところから。

・西武秩父駅





新渡戸さんをお迎えした西武秩父駅改札。





外観はこんな感じ。
この直角三角形がいいんですよ~
昔商店街があったところは今はフードコートと温泉施設になっています。

ちなみにこちらはイメージキャラの
秩父美祭(ちちぶ まつり)さんだそうです
フットワーク軽いなあ






駅を出ます。




駅前の観光案内所もバッチリ空青タペストリーでお出迎え
そしてめんまちゃんかわいいですね。
ポテくま君の着ぐるみを着てます。





このように町中のいたるところに垂れ下がっています。
なんというプッシュ……

秩父のイメージキャラクターというと「ポテくまくん」がいますが、
なんか近い将来ポテくまくんの着ぐるみ着こんだめんまに取って代わられるのではないか?
そんなことすら思ってしまいます

そういえば「ポテくま君」に声を当てた声優さんは茅野愛衣さん……
あっ…(察し)





西武秩父駅発皆野行き 
ラッピングバスも現役じゃないか

聖地をめぐる前にまずはキャラクターの元ネタから行きましょうか
秩父外の人たちはよくわかりませんでしたが、
秩父出身のキャラクターには、みな秩父の地名が割り当てられています。

具体的には
相生あかね/あおい  ⇒ 秩父市相生町
金室慎之介      ⇒ 秩父市金室町
中村正道/正継    ⇒ 秩父市中村町
阿保         ⇒ 秩父市阿保町
番場         ⇒ 秩父市番場町
大滝千佳       ⇒ 秩父市大滝


作中でも出てきた主な場所でいいますと…

旧秩父橋があるのが秩父市阿保町
秩父神社があるのが秩父市番場町
です

ほんじゃまわってみましょか

・秩父市役所と秩父高校
あおいが通っている高校は秩父高校
あかねが働いている場所は秩父市役所
いずれも西武秩父駅から歩いて行ける場所にあります。

(写真は)ないです

・旧秩父橋





もはやおなじみともいえる旧秩父橋。
ただ、この旧秩父橋は実のところ秩父市街中心部からはだいぶ北に離れた場所にあります。

しかしこの秩父橋といえば「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」にも登場した由緒正しき??聖地。行っておかずにはいられませぬ。
私は歩くの初めてでしたが、結構な人です。中には聖地巡礼中と思しき方もいらっしゃりちょっとびっくり。うまく人が映らない時を狙ってパシャっと

秩父橋は先述の通り秩父市街中心部からは離れてるんですよね。最寄りは大野原駅です。
作中の話でいえば、あおいが学校を出てからわざわざここまで移動して…というのが「ちょっと遠いな」という感触です。

もっとも、これについては
「ここまで移動して生徒たちがいなさそうな場所を選んだ」とか
「超平和バスターズの象徴ともいえるこの秩父橋を冒頭で出すことに意味があった」とか
いろいろとありそうです。

ちなみに小説版ではあかねは学校まで迎えに来ていました。
位置的な考察をするならばこちらの方が自然かも、とは思います。
そのあとの車が通った道筋を考えても。

映画版の冒頭演奏シーンは音の使い方も素晴らしく、
あえてでも旧秩父橋でベースを弾くあおいを描きたかった、というのはあるかもですね。





クッソ雑なのをこさえてみましたがどうでしょ
こう見ると、秩父橋って結構遠くにあるでしょう?
あかねはここまであおいを迎えに来て、まず秩父市街地へ南下したのち佐久良橋を渡っていきます。
そのルートに沿いながら、作中に出てきたスポット等を紹介してまいりますか。



・第一ホテル秩父
秩父駅の前にあるホテルです。
慎之介が滞在していたホテルでもありますね。
秩父市街のビジネスホテルは
「ルートイン秩父」と「第一ホテル秩父」があるのですが移動の描写等も含めると第一ホテルでしょう。




・セブンイレブン 秩父宮側町店




慎之介が買い物をしていたコンビニです。
第一ホテル秩父からは最寄りのセブンイレブンなので、自然かな。

隣には秩父神社があり、
慎之介はこのコンビニの駐車場から神社脇の道を通る学生たちを見て
かつての自分たちに重ねておりました。


・矢尾百貨店
秩父に古くから根差している百貨店です。




しばしば画面への映り込みがありました。
手前のポテくまめんまちゃんが目立つのはご愛敬。
ちなみに、関連会社の「矢尾本店」は秩父が誇る銘酒「秩父錦」の醸造元です。
寛延二年(1749年)創業という歴史あるお店です。


ちなみに……秩父には他にも酒造がありまして

・武甲酒造

こっちも有名な伝統ある酒造さん、
「武甲正宗」の武甲酒造さんです






この酒造も江戸時代からの歴史ある酒造なのですが
「あの花」とのコラボ酒を販売してたり
「ここさけ」とのコラボ日本酒「ここ酒」を販売してたりと
これはこれで結構フットワーク軽いんです。

空青のお酒も出すかもしれません。



あかね達の車は、この矢尾百貨店がある角を右折するのですが、
一旦左側を見てみると……

・高砂ホルモン




開店と同時に席が埋まるほどの人気店です。
作中では新渡戸さんやスタッフ、あかね達がここで焼肉を食べていました。

高砂ホルモンはもう一つ、御花畑駅前にもありまして、そちらはこんな感じ。




評判はどちらの店も非常に良いです。
ただ、車で来ることを考えると駐車場があるお店の方が行きやすいかもしれません。
秩父はホルモンもおいしく、ぜひ立ち寄っていただきたいところでもあります。

私は「まる助」というホルモン焼肉屋さんに行きましたが
こちらもグッドテイスト!でした。


・佐久良橋





荒川にかかる橋です。
ちょっと遠くから見るとこんな感じ。

奥に見えるのは秩父公園橋、通称「秩父ハープ橋」です。
秩父では一番目立つ橋じゃないかなと思います。


姉妹の車はこの橋を渡った後で県道を北上、そして……

・分岐点







あかねの車はここを左折して山に登っていきます。
この地点も結構高いので、ベンチで休みながら眺めを堪能することもできます。
劇場版と同じ構図で撮ろうとすると車道に出なきゃいけなくなっちゃうのでNGでした。


こっから先の山道も、なかなかに再現度が高いのですが住宅地等にも入っていくので割愛しましょう。
また、11月10日現在 この先をずっと進んでいくと通行止めとなっています。
10月に襲来した台風により、大きく土砂崩れが起きたところです。

下画像はミューズパーク様http://www.muse-park.com/)よりお借りした地図ですが





このように今も入れないとこがありますのでご注意。
一個前の「分岐点」は下側「佐久良橋」からこの図で右に行って一個目の分岐ですね。


さてさて、ミューズパークの話も出てきたところで 次はミューズパークに行きましょか
なんて自然な流れなんだ……(恍惚)



3-2.聖地巡礼②~ミューズパーク~

「音楽」というのお要素として入っていたこともあり
ミューズパークも今回はたくさん出てきました。
観光地としての見どころもたくさんなので、ぜひお越しいただきたいです。
西武秩父駅や秩父駅からのバスも出ていますからね。

北側(上の地図でいうところの右から)から進む感じで行きます。


・旅立ちの丘

特にこの場所が作中に登場することはありませんでした。
が、ここからの眺めなんじゃないかな?と思われるカットは登場しました
それがこちら……







どうでしょう 角度ガバってるかもしれませんが。

秩父の街並み、山々、そして…劇中でも何度か登場した特徴的なオブジェが見えますがあれは展望台にあるものです。


今や卒業ソングの定番ともなった「旅立ちの日に」
「旅立ちの日に」の詳細はWikipediaに譲りますが(丸投げ)
もともとは秩父市立影森中学校で1991年にその年限りで「卒業生に向けて」歌われたものが
翌年からは「生徒たちが」歌うようになり
そしてエピソードと合わせて披露されるなどして、全国に広まっていったものです。

これを記念してミューズパークに作られたのが「旅立ちの丘」展望台
旅立ちの丘展望台では「旅立ちの日に」の合唱が流れています。



・展望台
で、展望台まで来ました。
展望台は旅立ちの丘から南下して、少しアップダウンのある未舗装路を歩く必要があるので、早朝と夜以外は実のところあまり人がいません。

先の写真で見えた「オブジェ」があるところです。
ここからの眺めも映画内では登場しました。
ホントは作中にあわせて日の出を取りたかったのですが、ガスってしまったので
まずは昼間の風景をどうぞ




いい眺めだあ~(恍惚)
映画のワンシーン、再現度かなり高いですね。
日の出シーンじゃないけど

やっぱり大きくそびえる武甲山が印象的ですねえ

先ほど「早朝と夜を除いて人はあまりいない」と申し上げました。
夜は夜景が見えるのと、早朝は日の出と雲海があるのでその時だけは非常に混みあいます。

先の「旅立ちの丘」と合わせて、ここは雲海鑑賞スポットでもあるんですね。
盆地である秩父は、湿った空気がたまりやすく霧が発生しやすいです。
その様子を荒川の両岸にある丘陵地帯から見ると雲海となって見ることができるというわけです。
スポットとしてはミューズパーク、美の山公園、羊山公園などがあります。


もちろんワイも見に行って撮ったで!!!
11月2日 6時くらいの雲海です

これを見るために午前5時前に起きてホテルを出る必要があったんですね。











どうでしょ。
最初は薄めだったんですが、徐々に霧が濃さを増していきました。
もう少し雲海に厚みが欲しいところかもしれませんが、
三連休の中ではなかなか良かったんじゃないかな?

雲海は11月がピークで早朝あたりで50%以上の確率で見ることができます!

展望台前列には人がいたので、ちょっとそこは避けて撮らざるを得なかったので構図はこんな感じに。


そして!
もう少しで日の出です!

やはり映画で見たのと同じ日の出のカットをバッチリカメラに収めておかなくてはなあ!





………駄目みたいですね……(がっかり)


・音楽堂

なんで音楽堂の写真撮ってないんですかねこいつ……
は~ ほんまつっかえ…

ま、まあ……この音楽堂の位置とか先の車の位置とか考えるとですね、
こっから突っ走っていって自宅とかお堂に着くのもわからんでもないかな(謎の目線)
とか思ったのでした。


・音楽堂裏手の階段
あかねと慎之介が座っていた階段。(裏手側ですね)







なんでこれは撮ってて音楽堂撮ってないんすかねこいつ(呆れ)

・野外ステージ








こんな感じで、何もやってないときは解放されてはいれるようになってます。


そうそう
11月の初旬に行ったときは丁度銀杏並木がいい感じでした。
(実を言うと銀杏並木を歩いてみたかった、という風流な動機があった)








どうでしょ?
真ん中に見えるのは「スカイトレイン」ってやつで
乗ってみるのも面白いですよ。


3-3.聖地巡礼③~日野~


・武州日野駅
作中「日野」という言葉がありました通り、今回はこの日野近辺も舞台となりました。
秩父鉄道の武州日野駅周辺で物語が展開されており、いくつかおすすめのスポットがあるのです。
私も幼き日に行ったことがあり「ああ^~ 懐かしいぜ~」となった地点です。

ちなみに秩父鉄道に乗ると出てくるんですが
こちらは「鉄道むすめ」の秩父鉄道担当?でもある看板娘、桜沢みなのさんです。「みなの」は皆野町からですね







浦和美園ちゃんと吉川美南ちゃんは出てくるんですかね?(小声)


・矢通反隧道

新渡戸さんが訪れたトンネルですね、サバイバル感があるとかなんとか言って行っちゃいけないとこまで行っていた気がしますがww
武州日野駅から南側には山が広がりますが、その中の一部を貫くようにあるのが矢通反隧道
土砂崩れの恐れもあるため、トンネル内は立入禁止となっておりますが…
私が行ったときはトンネル内以前に、トンネルに至る脇道が通行止めとなっていました。





残念ですが、従ってここで引き返しましょう。
一瞬「『トンネル内が通行止め』ってことでトンネルの前までは行っていいってことかな?」とかも思いましたが、いけません、いけません。
台風で地盤も緩んでるかもしれませんからね。


なのでトンネルの画像も含めて↓こちらよりお借りしました。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/doboku-sansaku/tatosorizuidou.html




中は斜面(登り)になってるみたいです。
掲載日が「2018年6月21日」と書いてありますから、この時点ではトンネルの中も通れたってことなんですかね??

私の手元には「山と高原地図 22 奥武蔵・秩父(2019年版)」と「埼玉県の山」があります。
2019年版の「山と高原地図」では「隧道危険通行不可」の記載があります。
一方、2016年初版の「埼玉県の山」では
熊倉山への登山ルートについて「矢通反隧道を通って…」という記述があり
本書執筆時点ではまだ通行できていたのではないかと思われます。

坂道を通って迂回ができるので、トンネルの役割は終えてるのかもしれません。


ダメもとで坂を上り下りして裏側も見てみましたが、
こちらも隧道に至る手前で通行止め。
しゃーない。




そうそう、ここはあかねが車止めたところですね。
奥にトンネルへの入り口があります
ここまで含めて結構急坂で、まあ慎之介も息切れするわなってね。

・十二天水(湧き水)

さて、もう一度武州日野駅まで戻り一本隣の道路を再び南へ。
途中お蕎麦屋さんのあたりで左に安谷川の方にくだっていきますと…
新渡戸さんも訪れていた湧き水があります。




その名も「十二天水」
雨の後だったこともあり、ちょいと流量も多めですかね?
おいしいお水です(小並感)


・安谷川木橋

おいしい湧き水をいただき、
鹿よけネットをくぐり、進むと私にとっても思い出深い安谷川木橋が……




流されていました。

流されていること自体は既にネット上には情報として出ていたので
把握してはいたのですが
目の当たりにするとね

写真右奥に坂状の土台だけ残っているのわかりますでしょうか?
あそこから橋がかかり、手前に見えるでっかい岩の上を通ってこちら側までつながっていたんですが……見事に跡形もなくなっていますね……
新渡戸さんたちは向こう側で写真撮ったんですねえ。

往年の姿が見たい方は「安谷川の木橋」で画像検索してください。

あの橋が 全部流されちゃうんだなあ……とちょっと寂しくなります。


・安谷川にかかる橋

最後に戻ってきてもう一度。
安谷川には橋が三つ(下流側から国道140号、歩道、秩父鉄道)あります。
ここの橋を秩父に向かって車が渡る様子は予告編でも描かれています。







肝心のカットを取り忘れた(そもそも車道からだから撮れない)ので
googleマップからお借りします。
角度調整してみましたがいかがざんしょ

予告でも出てきたシーンなんですけど
私はこの場所に覚えがあったために
予告編を見て「なんで?なんで日野を走ってんのこの車??」
と少し混乱したのでした。
まあなんで走ってたかは、本編見て、どうぞ。

ちなみに、特に映画には出てなかったけど秩父鉄道も走ってましてそちらの橋がなかなか良い……




どうでしょ??
いかんせん素人撮影ですが……
SLが走るときとかは撮り鉄の皆さんがいらしたりするのかなあ?
もう少し紅葉が進むとたまらない感じになりそうだと思いました。
(撮ったのは10月末)

そうそう、これまた劇中に出てきたわけではないんですけれども
日野駅そばに浅間神社がありまして、その関連かはわかりませんが
結構いろんなとこに鳥居があるんですよね。
道路からフラッと入れるようなところに。




こんな感じの鳥居とか




線路わきから行く鳥居(こっちは進んでいいのかよくわからんかった)とかがあったりして
印象に残ったのでした




3-4.聖地巡礼④~その他気になったとこ~

ここまでで秩父市街周辺、ミューズパーク、日野近辺と見てきました。
が あと一個




巴橋………って思いっきり曇ってますね。
この橋も登場しましたが、場所としては佐久良橋よりも南側(上流側)にある橋です。
影森から降りるのがいいでしょう。


3-5.聖地巡礼⑤~RTA(リアル登山アタック)~

わーわーぱちぱち
ん?これを見たら秩父札所三十四カ所巡りRTAしてくれるって言ったよね?

秩父は登山も楽しいよ!
ということで
今回特に登場していた山を中心に行きますよ~イクイク。





こちらの写真を再掲します。
秩父市街の向こう側、手前から見て山?の連なりが三層になってんのがわかりますかね?
ちょっと光の加減で 見づらいかもですが……

なんでも、これは地質の違いからくるものだそうで
「秩父帯」とか「三波川帯」とか聞いたことある方はいらっしゃるかも、


あかね&あおいの家やミューズパークが荒川の左岸山側にあるので、自ずと見える山は秩父の東側、
すなわち横瀬町の山が多いですね。

長くなってもいけないので(もう遅い)めぼしいのを紹介しますよ。


・武甲山(1304m)
秩父と言ったらまず頭に浮かぶ名峰。日本二百名山にも名前を連ねている秩父の象徴ともいえる山です。秩父神社の神体山であるとも言われ、古くから信仰の対象であったようです。

石灰岩質であるが故か、北側は大きく削り取られて行っており、その姿は痛々しくもあります。しかし、それゆえに 秩父の街から見える異形は見る人の印象に残るのかもしれません。

あおいは秩父を山に囲まれた監獄と表現しましたが、
秩父にそびえたつ武甲山はその象徴ともいえる山ではないでしょうか。




ちょっとこの写真だと光が…………(^-^;
劇中にも背景にこの特徴的な姿が映りこんでいましたね。
キャラクターがしゃべってるところとかも「あっ武甲山だ」と背景が気になっちゃったりして。

私のガバガバカウントによれば20回以上は登場していました。
プロともなれば、映った武甲山の角度からどこから撮影したものかがわかるとかどうとか。

秩父の象徴ともいえる武甲山、是非登ってください……と言いたいところですが
現在、登山道(表参道および裏参道)は先の台風により崩落箇所があります。
安全が確認されるまではダメですね。

武甲山は登られている方もいらっしゃいますので、そちらもご覧ください。
ワイもこれを参考にしながら、武甲山山行計画を練るぞ~~~



・二子山(横瀬町)(883m)

秩父市街から見るとやっぱり一番に目につくのは武甲山と思います。
が、その次くらいに印象に残るであろう山がこちらの二子山




この写真は横瀬駅付近から撮った奴かな?(うろ覚え)
うーん、なだらかな双丘がセクシー……以下略

秩父市街から見ると、このふたコブの山容が結構目についてわかりやすいですよ。
「空の青さを知る人よ」でも武甲山ほどではないにしても登場していました。
3回くらい出てたと思います。

武甲山と二子山がわかりやすく目につくので、この二つの山の映りから
どっから撮ったものかがわかったりするのです
ちなみに結構大事な?とこで二子山と武甲山が両方目に入るので、
色々と察したりしたのです。

ホラホラ
今度「空の青さを知る人よ」を見るとき武甲山と二子山を意識したくなったでしょ??

ところで~
二子山に登ったRTA(リアル登山アタック)動画あるんだけど……見てかない?(隙あらば宣伝)





ちなみに、秩父にはもう一つ二子山と呼ばれる山がありまして。
そちらは小鹿野の方、群馬との県境近くにあるのです。

秩父市街からは見えないのであまりなじみはないのですが、
どうも登山家にとってはそちらの方が有名みたいです。
そして、私が登ったなだらかな二子山と違い、ガチ岩山です
登山されている兄貴もいらっしゃるので必見。



RTA(リアル登山アタック)の始祖、やまおとこ兄貴の動画ですね。
この山はザ・岩山なのでちゃんと修練積んでから行きましょう。




・羊山公園(283m)

最後は羊山ですね。
ミューズパークとは荒川を挟んで反対側にある丘陵で、
ミューズパークよりはやや低く、標高は最高点でも300m行かないくらい。
それでも気軽に行けて秩父の街並が見下ろせるのが人気のスポットです。

GW前後は芝桜が一面に咲く「芝桜の丘」が見どころです。

ここの見晴らしの丘は「あの花」にも出てきましたねえ。
映画の空青でもここからの眺めと思われる場所がありました




ちょっと角度がばってる(いつもの)かもしれませんがこんな感じではなかったかな??

それから
小説版の「空の青さを知る人よ Alternative Melodies」の表紙を飾った(あと「あの花」にも出てきた)柵からの眺め…できるだけ再現しようとしてみましたがどうでしょう






ホラホラホラホラ
ベース抱えたあおいちゃんが座ってそう……座ってそうじゃない?

うん、ちょっと遠景過ぎた気がする

後、これは作中に出てこなかったと思うけど
羊山からは





あの山も見えるんですねえ。
奥の山、わかりますかね(ブレブレで申し訳ない)
日本百名山が一つ、両神山です。
これも秩父地方を代表する名山ですね。
こちらも岩山で結構キツイ山行になります。
とりあえず今の私にゃ無理っすね。




とまあ
「紅葉を見にいこうよう」だったり「登れる山どっかないかなあ…ないですねえ」だったり
「雲海と日の出見よう」だったりに加えて聖地巡礼もかましてきたのでした。




<まとめ?>


いかがでしたか?(これが書きたかった)


ここまでで、だいぶ不足はありますが
「空の青さを知る人よ」の舞台となった秩父をめぐってみました

言い訳がましいですが、もともと登山を予定していたところだったので
映画は見たもののあまり前準備ができていなかったんですよ。

今回以外にも話が出てきたところとして

・三峯神社
・和銅遺跡
・長瀞

またグルメも

・わらじカツ
・味噌豚
・ホルモン
・くるみそば
・かき氷


などなどオススメは本当に多いです。

私は「田舎うどん」「ずりあげうどん」「山田うどん」
と埼玉のうどんを堪能しました。後ホルモン。

是非是非行ってほしいところです

12月には秩父夜祭もあるぞ!!
なおクッソ混む模様



最後に重ねてになりますが
山道などを中心に、まだ10月の台風の影響が残っているところがあります。

・秩父市
・横瀬町
・長瀞町
・皆野町
・小鹿野町
それぞれのHPや観光ページで状況は随時更新してくださっておりますので
行きたいスポットが無事かどうか、通行止めな道はないかどうか…
そういった情報を集めたうえでくれぐれも無理のない観光をしていただければと思います。



<独り言>
ホントはこれ、VOICEROID(琴葉姉妹)を使った動画にしたかったんだけど
間に合わなくてねえ……
今更のようにブロマガにしたのでした。

でもせっかくなので動画にもしようとしてますよ~ますます

まあ来年になるでしょうね……

ではでは
クソ長い駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

今度秩父に行くのは山登りに行くときかな・・?
皆も登って?私も登ったんだからさ。


コメント

ume
No.1 (2019/11/21 10:02)
昔は、寺参りか山登りの人しかいなかったのにな
マーフィー (著者)
No.3 (2019/12/02 20:46)
うまく取り込んだのか、節操がないのか…随分と変わったなあと思います。
伝統は伝統で残ってるので、それはそれで!って感じですね。

コメントありがとうございました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事