ノベマスおにいさん

さよならだけが人生だ

2013/04/25 23:24 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • novelsm@ster
  • 我那覇響
  • むろP
自作動画の解説の巻


こないだ上げた動画です。
歪氏立ち絵ほんとすき。


この動画の元ネタになった和訳の元ネタ↓
昔の中国唐の時代の漢詩「勧酒」です。
五言絶句ですね。

勘酒    (酒を勧む)

勧君金屈巵 (君に勧む金屈巵<きんくつし>)
満酌不須辞 (満酌辞するを須<もち>いず)
花發多風雨 (花發<ひら>けば風雨多く)
人生足別離 (人生別離足る)

この詩をそのまま訳すと

酒を勧める
君はこのなみなみと注がれた酒を断ってはいけない(戒め)
飲むんだよ あくしろよ
花が咲いて(意味深)も風が吹いたり雨が降ったりするよね 当たり前だよなぁ?
人生に別れも当然のことだ

となります。何が何だかわかりませんね。
これに素晴らしい訳をつけてこの詩を一気に有名にした人がいます。
井伏鱒二、その人です。
説明不要の超有名人なので紹介は省きます。(めんどくさい)
以下が井伏鱒二の名訳↓

この杯を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

前半2行は意味合い的にはわりとそのままですね。
「花に嵐のたとえもあるぞ」は「月に叢雲 花に風」からの引用ですね。
良いことには邪魔が入るものだという意味ですけど、
このケースでは、良い出会いがあっても永くは続かない、別れはすぐやってきたりするものだといったところですかね。
「さよならだけが人生だ」と思えば、出会いが尊いものだと思えるというようなことを言いたいんじゃないかな?と解釈してます。一期一会の精神と同じですね。

そして、この名訳にいたく感嘆した人物が一人。寺山修司。こちらも説明不要の超有名人。
往年の競馬ファンなら全員知っているはずです。
この人はこの名訳に何度も救われたと言っていたそうです。
そして、この訳を受けてのくだりの詩がこちら↓

さよならだけが人生ならば
また来る春は何だろう
はるかなる地の果てに咲いている
野の百合は何だろう
さよならだけが人生ならば
めぐり会う日は何だろう
やさしいやさしい夕焼けと
ふたりの愛は何だろう
さよならだけが人生ならば
建てた我が家なんだろう
さみしいさみしい平原に
ともす灯りは何だろう
さよならだけが 人生ならば
人生なんか いりません

さすがに長すぎなのでこの詩は解説しません。
この詩の解釈はネットなりで調べてみてください。

まあとにかく、今回のノベマスで以上の3つの詩を使わせていただきました。
動画内で唐突に出てきた詩の背景がどんなものかということが、お分かりいただければと思い、駄文を書きました。
ここまで書いて動画自体の解説をしてないことに気付きましたが、もういいや。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事