ムニエルのTwitter出張所

デレステVRMVがあまりに凄すぎた

2019/05/30 00:25 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • PSVR
  • VR
  • シンデレラガールズ
今回の記事、書こうか迷ったのですが、一人でも多くの方にこの感動を伝え、未来を掴むために公開します。相変わらず長くなると思いますが、途中まででいいので読んで頂ければなと。


発端はとある方のツイートでした。youtubeの方にアップされていた『無重力シャトル』のステージを擬似VR化させた動画に驚いている内容だったのですが、その動画をブラウザで見た時は左右合わせて約180°、上下も合わせて180°近い範囲でグリグリ動かせるというもの「だけ」だったのですが(*)、説明文にPSVRやoculusなどで見て下さいと書かれていたので、所持しているPSVRで見てみたところ、本家ビューイングレボリューションには及ばないものの、充分に立体感・奥行きのあるVRステージが再現されていました。
(*)それでも充分凄いんですけどね。

特に、後半の「君のもとへ 辿り着け!」の部分でウサミンがぐぐっとこちらに迫って来るところでは思わず「うおおっっ」と叫び、のけぞってしまった程です。というのも、ビューレボより圧倒的にステージに近い位置で見ているので、迫力が段違いでした。




後で検索して調べたところ、結構な方がツイートされていたので、今これを読んでいる方にもこの動画を見たという人もそこそこおられるかと思うのですが、どうやって作っているかと言えば間違いなく各種データを抜き出してのVR化でしょう。MMDについてご存知の方には分かると思いますが、ステージデータ・キャラデータ・モーションデータなどを元に動かしているところを「撮影」する訳ですが、この動画は本来のMVとは違ってカメラを正面固定設定にした後に↓のような立体的に撮れるレンズを使用したかのようなカメラ設定にしたのではないでしょうか。もしくは視差を計算して少しズラして(少なくとも)2回撮影したものを後で編集したのかなと思っています。(ゲーム開発の人間ではないので違ってたらスミマセン)




その疑似VRのスクショ・リンクが無いのは既にアカウントごと消されており、貼りようがありません。というのもユーザーが勝手にデータ利用するのは規約違反である為、消されてしまうのは当然のことです。消されたことに文句を言いたい記事ではないことをまずご了承下さい。

で、この動画だけでもかなりの衝撃だったのですが、その後に見た動画はそれを遥かに上回るものでした。そう、それこそタイトルに書いたデレステVRMVです。これは上記の無重力シャトルのものとは違い、カメラワークもそのままにVR化したものでした。恐らくですが、カメラの設定だけ先述の視差を設けたものにしたのだと思われます。

もう一度説明しますと、スマホなどの画面に映っているMVをさっきのレンズで撮影した訳ではなく(そんなことをしても無意味)、各種データを端末から引き出した上で自環境でステージを再現し、それを立体的に見られるようにレンダリングした(だろう)ということです。更に言うと、その動画を元にAdobeのPremiere PROで編集されたのではないかと思います。


作り方の考察はさておき、皆さんはデレステのMVの中に入ってみたいと思ったことはありませんか?

入れたんですよ ( ゚д゚)!!!!!

最初に見た時はいわゆる「限界オタク」などという生易しい表現を突破して、他の人に見られたら通報どころか即入院させられるレベルの興奮をしてしまいました。
語彙力消失どころではありません。ほとんど発狂ですよ。

その動画も、後ろも含めたあらゆる方向を見られる全周型のビューレボとは違い、前方向のみ
の半球状の疑似VR化ではありましたが(撮影された動画なんですから当然ですが)、それでも奥行き・立体感の付いたMVは「革命」と言う他ありませんでした。再生数は(無重力シャトルを除き)1000~多くて4000再生程度でしたので、本当に一部の人しか知らなかったみたいです。
もしもっとPSVRなどの機器が普及していたら大騒ぎになっていたことでしょう。

見た感想を箇条書きしますと、
・MVの中に担当キャラがいたら即死。
・いなくても死亡。
・蘇生は不可能。
・正直通常のMVには戻れない。
・いつまでも見たくなる。
・(見られるなら)金に糸目はつけない。
・何としてでももう一度見たい。


という感じです。しかし実際通常のMVでは映らない範囲が見えてしまったことで、(公式の)VR化に際しクリアすべき課題が色々あることが分かりました。というのは、例えば一例ですが「Kawaii make My day!」で説明しますと、



例えばこのシーンですと青空の映っていない範囲は作られていなかったのです。
これは手抜きとかではなく、データ量を減らしたり端末にかかる負荷を少しでも軽くするための工夫だと思われるのですが、VR化すると見える範囲は大幅に広くなってしまう為、今以上に作り込む必要が出てしまいます。



そしてこちらのシーンですが、有香が机の横で踊っているシーン、実は宙に浮いています。



↑の写真ですと分かりやすいですが、どう見ても有香の胸の辺りに机の縁はきません。
演出の為に浮かしていたのが判明したのですが、VR化するとその辺がバレてしまう為、演出を変える必要も出てきます。正直なところ、そういうのが分かってしまったとしても「なるほどそういう風に作っていたのか」と個人的には思うだけで別に気にはしないのですが、作り手側としてはそういう状態で(VR化の)リリースしたくはないでしょうし、文句を言う人も絶対出てくるでしょう。

ということで、色々技術的な課題はあると思いますが、ここで皆さんに提案があります。
「自分もVRのMVを見たいぞー!!」という方、公式の方に要望を送りませんか?
そしてこれはお願いなんですが、もし本当に実装されて有料コンテンツだったとしても是非(手の届く範囲であれば)購入してあげて欲しいのです。でないと続きませんからね…。

以前に何度か記事を書いたりしている通り、発売当初からビューレボをかなりプレイしてきた自分でさえも、今回の体験は心の底から震えるものでした。機材などの初期投資がある程度必要だったとしても、絶対に損はしないものであると断言致します。

先程も書きましたが、私が見た動画というのは規約違反を重ねた上で作られたものです。ものなのですが、それでも想像していた以上の体験を与えてくれて、そしてデレステの更なる可能性を見させてくれた投稿者の方には感謝の念を抱かずにはいられません。本当にありがとう。
これをどうしても「消えちゃったね。はい終わり」にはしたくないのです。何がなんでも多くの人に見て欲しい。その為には公式に作ってもらうしかありません。ということは要望を一通でも多く送るしか私達には手が無いのです。皆様、一緒に「VRのMVを見られる未来」を掴み取るために、熱い思いを公式に送って頂けないでしょうか。


それでは最後に、投稿されていたVRMVの中でも特に凄かったものをご紹介します。
(画像は全て当然ながらノーマルのMVです)





何と言っても一番衝撃が大きかったのは『Trinity Field』です。冒頭の謎の三角錐の物体の周囲をぐるぐる回るところからして既に凄かったのですが、パカっと開くところも奥行き・立体感共にものすごい。そしてレーザー光線もしっかり立体的に見えるんです。ビューレボの『Trancing Pulse』に匹敵するぐらいに。



個人的に最も感動したのはここでした。上から見た場合、特に平面的に見えてしまうこのシーンもしっかりキャラの立体感が分かるんですよ。もうね、マジスゴイ。






続きまして『Palette』。お城の柱やシャンデリアもしっかり作り込まれていたので、VR世界への没入感はトップクラスでした。しかも建物内部が(恐らく)全周作り込まれていたので、『Kawaii make My day!』のような「作られていない部分が見えて興ざめ」などということもありません。





そして中盤付近のここ。カメラがキャラ達の間をすり抜けたり、順繰りに真正面を回ったり。
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーすごい。すごいしか言えない。
カメラの先端の頭をくくりつけられているようなもんですよ。各担当Pはここで死ぬ。



終盤付近のここもこの画像ですとキャラと窓の距離感がよく分かりませんが、しっかりと分かるようになっています。






続きまして『美に入り彩を穿つ』ですが、紙(?)で出来た風車も一つ一つポリゴンで作られているので、立体感と奥行きがすごい。すごいしか言ってませんが本当にすごいの。



終盤の、名称があるのかもしれませんが分からないので帯のような布と言いますか、ここもヤバかったですねぇぇぇぇ。上記3つの動画はVRと超が付くほど好相性なMVでした。




お次は『Sweet Witches Night』ですが、ビューレボのモデリングってデレステベースで作られているはずなんですが、森久保がちょっとしっくりこなかったんですよね。
しかし当然こちらでは森久保Pも大満足ですよ。しょっちゅう「ォ!!」と言って死んでますがこれをVRで見たら声を出す暇もなく死ねますからね森久保Pの皆さん。 ( ´ー`)y-~~






最後は『イリュージョニスタ』。最初の輪になって踊っているのをぐるりと回り込むカメラのシーンでは、本当にその空間に入ったかのような迫力。そして2枚目の幸子と他の4人との距離感もしっかりと把握出来るので、没入感凄まじい。ステージもしっかりと立体的に見えます。

アップされていたVRMVは全曲分ではありませんでしたが、基本的に「VR映え」するのはステージが立体性に富む場合です。『Flip Flop』のように草原がメインですとあまり意味はありません。ちなみにアップされていたVRMVに順位を付けるとすれば

 1:『Trinity Field』
 2:『Palette』※僅差
 3:『美に入り彩を穿つ』※僅差
 4:『イリュージョニスタ』※僅差
 5:『Sweet Wetches Night』
 6:『未完成の歴史』
 7:『リトルリドル』
 8:『クレイジークレイジー』
 9:『サマカニ!!』
10:『Halloween♡Code』
11:『スパイスパラダイス』
12:『Vast world』
13:『純情Midnight伝説』
14:『Frost』
15:『Kawaii make My day!』
16:『∀NSWER』
17:『冬空プレシャス』

という感じです。あくまで個人的な好み…と言いますかVR化の完成度が高いと思ったランキングです。上位も非常に僅差でしたが、それ以下も甲乙つけ難いものばかりでした。この他にも更にいくつかありましたが、どれも良かったですよ。

『双翼の独奏歌』や『With Love』などもVRと好相性だと思うんですけどね。恐らくVR化する前にアカウント消去になってしまったんだと思います。

ということでやっぱり超長くなりましたが、いつか公式のを見られる日を心待ちにしながら、ここまで読んで頂いた方に感謝します。ありがとうございました。

コメント

Rit
No.1 (2019/08/09 21:12)
記事ありがとうございます。
ぜひ公式にはMVのVR対応をお願いしたいですね!
Munieru (著者)
No.2 (2019/08/09 21:38)
ぬおお、ご本人様に読んで頂きありがとうございます!!
対応デバイスの問題など課題が現状では山積みですがいつか実装して欲しいものですね。
恋が咲く季節待ってます(ボソッ)
Munieru (著者)
No.4 (2019/08/14 01:34)
なるほど、unity自体にそういう機能があったのですね。そういえばunityを用いて個人でけもフレのVR世界を作っていた方がおられましたね。そのうちリリースすると告知があったような気がするのですがどうなったのやら…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事