我がブロマガ

【ミリオンライブ】アイドルヒーローズアナザーを体験してきた

2021/03/21 22:33 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • ミリオンライブ!

2021年3月某日、アイドルヒーローズに入隊しました。

より正確には、秋葉原にて開催されていた体験型イベント「入隊!アイドルヒーローズアナザー 摘み取れ陰謀の種!」に参加してきました。

このイベントが発表された当初は新型コロナウィルスの流行もあって参加するつもりはなかったのですが、イベント期間中に期せずして平日の休みを得ることができ、平日ならば人も少なくリスクは低いだろうと思い、参加することにしました。ちなみにぼっち参加です。

謎解きゲームへの参加は初めてではありませんが、せいぜい片手の指で足りる程度。その中では最も難しく感じました。まあ、順を追って語っていきますか。

ちなみに謎の内容に関するネタバレはNGとなっているようですので、その辺は詳細には語りません。それ以外のネタバレは結構ゆるいです。

◆予約

まずは前日に公式サイトへアクセスして予約しました。
クレジットカード必須です。持っててよかった、アイマスVISAカード!

特に問題なく予約を終え、いろいろと確認。LINEアプリが必須とのことで、これでヒーローズの隊員たちと連絡を取り合うようです。

◆受付&開始

アトレ秋葉原のアイドルマスターオフィシャルショップに赴き、予約したページをスタッフに見せ、デジタルスタンプを押してもらってキットを受け取ったら、いよいよスタートです。


周囲には同じくキットを持った人たちが数人いました。ぼっち参加らしき人も、2人組で参加してるっぽい人も。平日でもいるものですね。

まずはキット内の冊子に書かれているQRコードを読み取り、LINEでお友達登録。すると、LINEにヒーローズの人たちからメッセージが届きます。

「秋葉原巡回用通信機」って名前がそれっぽくて良いですね。

届いたメッセージに従い、早速最初の謎に挑戦。最初は肩慣らしで、非常に簡単でした。

◆中盤戦

順調に謎を解き進めていき、そろそろ中盤を過ぎたかな、という辺りで3つの謎を同時に提示されました。

その謎は、どうにもこれまでとレベルが違う。そう感じた私は、じっくり腰を据えて謎を解くべく、カフェに入ることにしました。

結果的にその判断は正解でした。この3つの謎を解くのが一番時間が掛かりましたし、頭を働かせる意味でも落ち着いた環境が必要でしたので。
ちなみに、幸いにも平日なのもあって間隔を空けて席に座ることができ、密を回避した状態で謎解きに臨めました。

そして、ここで初めて「ヒント」を使いました。
LINEにて特定の文言を送ることで、各謎に対するヒントを得られる仕組みになっています。そして、最終的には答えまで得られるようにもなっていますので、詰みの心配もありません。

結局、熟考しつつも3つの謎の内ノーヒントで正解できたのは1つだけ。1つはヒントをいくつか得て正解、もう1つはヒントを最後まで貰っても解けず、正解まで貰う有様でした。

◆終盤戦

その後もヒントを得つつ謎を解き進め、いよいよ最後の謎に辿り着きました。

しかしまあ、出された謎を見ても何が何だかサッパリ。謎解き開始から3分で熟考することすら諦め、ヒントに頼ります。

で、ヒントを貰って、3分くらい考えて……を数回繰り返し、ようやく正解を導き出すことができました。この最後の問題、解き終わった上で思うことは……、

こんなんノーヒントで解けるかぁっ!!!!

いや、ミリラジでも言ってましたがノーヒントで解けた人がいたらホント凄いですよ、これ……。謎解きのプロとか、コナン君とか、ラスト・アクトレスのウォーカー君とかならできるんですかね?

そんなこんなで、最後の謎の答えを提出して、クリアの証書を貰って、ゲーム終了となりました。

◆総評

かかった時間は、スタンプラリーを並行したり各店舗の展示品を見たり昼食の休憩を取ったりしながらで、3時間半くらいでした。公式のクリア想定時間が90~120分とのことですが、上記の寄り道などを差し引いてもその時間内では終わらなかったと思います。

既に本イベントは終了しているので言っても意味のないことですが、もしやるのであれば午前か昼の早い時間に開始して、余裕を持ったスケジュールで臨むことが推奨されます。

あと、あらかじめ「○分考えて全く進捗がなかったらヒントを使う」とか、時間を定めておくと良いかもしれません。

あと、詳しくは言えないのですが、なんとなく続編がありそうな気がしました。少なくとも「続編が作れる」ような内容になっていたというか……。
もし続編があるのなら、また参加したいですね。ただ、後半の謎の難易度はもう1ランク下げて欲しいです。そして、できれば気兼ねなくワイワイと騒ぎながらやっていきたいですね。

◆おまけ

コトブキヤさんに掲示されていた制服シリーズが見事だったので、撮ってきました。



気になったのが、誰のサイズに合わせて作られているのか、ということ。そういうのなく、女性の平均的な身長に合わせているんでしょうか?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事