勝手に刊行ちゃんねる

【No.70】リアルタイム秋旅・初日(広島)

2015/10/19 23:59 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • 2015
宣言通りの復刊です。
こんばんは、僕は今旅行先でこれを書いています。
今日の日付は10月17日、旅行編のスタートは前日の夜にさかのぼるのでした。

夜7時にレンタカーを借りた僕は九州を目指す旅へと出発したのです。
まずは瀬戸大橋を跨ぐべく香川に向かいます。
道中は自販機うどんに襲われ、イノシシ親子の飛び出し並走にあい、それはそれは想像を絶する過酷な道のりでした。

香川についた我々一行はぽかぽか温泉でその日の心の汚れを洗い流します。
シャンプー&リンスセットを忘れずにしっかりと持ち帰ることに成功します。
湯上りで気持ちよくなり香川で就寝しようと思ったその時・・・・

悪魔の声が僕にささやきかけたのです。
「もう少し先に進もうよ」


もずくは走った。
瀬戸内海を越え、岡山を越え、夜の発展場と噂される福山城まで。
しかしこの時もずくは重大なミスを犯していたのである。

岡山の肉まん酢醤油検証をしていない

もずくは絶望した。
この時すでに10月17日午前3時。
人類がみな諦めかけていた中、まだ目の輝きを失っていなかった男がいた。
彼は再び岡山へと走り出す。



午前4時すぎ、疲れの見え始めたもずくに再び悪魔がささやきかける。
「海からの日の出が見たい」

もずくは再び走り出した。


日の出を拝んだ彼はおかしくなっていた。
いや、そもそもおかしいから日の出を拝んだのか。
その結果、彼は寝るのを諦めた。


そして気が付けば船に乗って島に流されていた。
あるいはコメントに流されていたのかもしれない。

人生観が変わる宿
感謝の塩
ホテルから海へとつながっているホース

恐ろしい体験をしましたね。
辛くも島から抜け出した。



愛の流刑地・広島とはよく言ったものです。
三原の蛸、三原の城、三原の凸
すべてが愛にあふれていた。


今日はこのへんにしておきましょう。
明日は津和野や角島へ向かいたいと思います。
晴れ空に恵まれることを期待しつつおやすみなさい。
晴れ男伝説に一点の曇りなしでしょうけどね。

コメント

チェッキー★
No.1 (2015/10/20 00:12)
初日は朝まで見ちゃいましたー。
帰りは神戸で肉まん買いましょう。
もずく (著者)
No.2 (2015/10/20 00:19)
>>1
チェッキーさんにはいつもご協力いただいて感謝しております。
「酢醤油を制する者は肉まんを制す。」
今は亡き友の言葉を贈ります。
nemurihime
No.3 (2015/10/20 01:04)
徳島じゃなかったのかな ずっと夜中中走ってたみたいですね 目が覚めるたび場所が変わっててびっくりです 今回はタイムシフトができなくて旅の様子が見られなくて残念です
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事