The Typewriter Dandy —By Dōjin circle MOZA MOZA

書けない、何もできない時のモチベーションの保ち方?

2013/09/24 22:06 投稿

  • タグ:
  • ライフハック
  • ノウハウ
  • 同人ノウハウ
  • 同人
  • 創作
毎度のことながら、やろうやろうとしても、原稿に手を付けるのに時間がかかります。
 同人誌やってると入稿締切から逆算しても危ない状態になっているのに、一行も筆が進まないのは、他の人はどうか知らないですが、きっと、多分、よくあることなのでしょう(笑)。
 毎回絵師さんを待たせて中途半端な原稿で表紙作成させているので、申し訳ない。こんな駄文を書いているなら原稿書けよ。ってのはもっともなのですが、書けない時はかけないのです。
 という事で、今回のテーマはモチベーションの保ち方について話してみようかと。
 
 まず最初にかけない時はどうするか? ってことですが、答えは簡単。

創造的な遅延だと思うしかない。

 きっとこれは、創作に役に立っているんだと自己正当化しましょう。無論、口に出してはいけません。その時点で只の言い訳ですし、ダメな大人です。それに反感を買います。心の中に留めておきましょう(コレ大切!)それともう一つは。

アウトプットが出来ないならインプットをする。

 脳科学的には人間は、インプットよりアウトプットの方が大切らしいです。学習にしても何にしても、アウトプットすることで能力は鍛えられるという事です。人間はインプットよりアウトプットの方が得意だそうです
 でも、実際問題、やり続けていくうちにどうにもならなくなってしまう、詰まってしまう状態になるのは創作をやっていれば誰でも経験します。
 言い換えればアウトプットが出来ないという事は多分脳味噌が疲れているかエネルギー切れ状態になっている。
 詰まるという事は多分、体がインプットを求めているんだと思います。一旦作業を放り投げて気分転換をしましょう。別にインプットったって難しいことをする必要ないです。したいことをしてください。それだけです。創作の事を一切考えるのをやめるってのもいいです。創作に頭を使わないだけで、人間別の事に脳味噌を割り振りますから。

 あとなるべく、外に出てください。外に出ると言っても無理に他人とコミュニケーションする必要はないです、コミュ障だけど人恋しい場合は都会の雑踏に紛れ込むことオススメ。外の空気を吸う事は精神安定になります。
 今まで、無駄遣いしたくなくて、買わないで置いたモノを買ってみる。道具を新調する。大量に資料となる物を買い込む。映画館に行って映画を大量に見る。お高めのオシャレな飯屋やBARで料理や雰囲気を楽しむ。服を買いに行く……etc。
 個人的には予算を決めておいて限界まで金を使うと効果的。ぼっちでもいいし、友人を誘ってもいい、自分の負担にならない程度に思いっきりやるのがコツ。時間とかスケジュールとか、そういう事は一切考えないでやりましょう。

 とりあえず、創作の事を一切やめて、他の事に飽きるまでのめり込むってのが大事。多分飽きがくると、自然と頭がすっきりします。(ただ、のめり込むものがギャンブルとか、お酒、お薬なんかの依存性のあるものはやめましょう、取り返しがつかなくなりますので、のめり込む為のモノは良く考えましょう)
 自然と創作に使っていた回路が休まりしばらくすればやる気が満ちてくるはずです。満ちてこない時は、精神的に参っている時なので身体を休めましょう。沢山睡眠をとるのもいいです。
 それと無理はしないこと。自分の体の事は自分しかわからないんだから、体は大切に。生きているうちは頭の中にいろいろ入れられるど、病気したり、死んだらどんなに素晴らしいことを思いついても無駄になるだけだからね!

 あと、納期がある場合や労働契約を交わしてしまった場合は、放り投げないようにしましょう。あなたの人生に関わりますので。ただ、明らかに過剰労働させられたり、精神がおかしくなりそうな時は別ですが……(そういう時は証拠集めて出るところへ出ましょう、現実は余計なしがらみがいっぱいあるけどさ)

 満足に休息をとれたら、また作業に戻ってください。それでも手につかないようなら、決まった時間に机といすの前に座って、じっと紙とペンを用意したり、ディスプレイの前に何もせずじっとしたり、絵書きならペンタブなんかとフォトショか何か立ち上げておきましょう。一定時間、作業する環境に身を置いて書きたくなるまで待ちましょう。

 多分、数日、早い人なら数時間中に作業に戻れるようになるはずです。それでもだめなら嫌でもやるか、あきらめるかの二択しかないです。どうしても嫌になってしまったのなら、別の原稿をやり始めてそっち優先して、気が向いた時に放棄した原稿をやりましょう。時間はかかってもいいからあきらめない事です。
 必要なスキルがまだ身についていないだけかも知れませんし、数年後あきらめた原稿をほじくり返してブラッシュアップするのも楽しいです。自分の能力がアップしてるのを自覚できたりしますから。

 どうでもいいことだけど、創作やってるときって、エネルギー使うせいか食べてもあんまり太らないよね? 自分だけ? 自分の場合次回作に入る合間の休息期間に同じ食生活やると一気にぶくぶくする。最近じゃ運動不足に加え、年取るごとに代謝は悪くなっているので、お腹周りが最近気になりだしてますけど

 とりあえず、何もできなくなったら、一旦考えるのをやめて、好きなことやりたいことに没頭しましょう。時には贅沢な休みを取ることも大切。モチベーションの保ち方と言うよりもモチベーションがなくなった時の元に戻し方と言った方が良かったかな? まあいいや。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事