名前を入力してください

スーパーGT'13 GT300クラス分析 ~その他編~

2013/08/27 21:11 投稿

  • タグ:
  • モータースポーツ
  • スーパーGT
  • マクラーレン
  • BMW
  • アウディ
  • アストンマーチン
2013年のスーパーGTもこれから後半戦。そこで激戦のGT300クラスの各チームの状況を分析していこうと思います。最後は各1台づつしか参戦していないマシンたちを紹介。

_ こんなに遅いハズでは・・・ _______________________

No.2
エヴァRT初号機アップルMP4-12C
Cars Tokai Dream28 / 20位
高橋 一穂 / ---
加藤 寛規 / ---
カルロ・ヴァン・ダム(Rd.5) / ---

タイヤ : ヨコハマ
Rd.1 : 12/DNF Rd.2 : 12/18 Rd.3 : 12/15 Rd.4 : 22/16 Rd.5 : 20/18
すでに昨年の頭からマクラーレンMP4/12Cの導入を公言していたカーズ東海。予定通り開幕戦から投入となった。
13年度のBOPがシーズン開幕前直前まで決定しなかったため、その前にテストを行った際は驚異的なタイムを出し今シーズンの注目株となっていた。
しかし13年度のBOPでマクラーレンはリス経は1番絞られており、実際の戦闘力は大幅ダウンとなった。それに加えてトラブルも毎回多発しており満足のいく走りを未だできていない。
そしてこのマシンの一番の欠点は燃費の悪さである。遅くて燃費が悪いというまさに悪循環だ。

_ 電脳の女神より勝利の女神が欲しい __________________

No.4
GSR 初音ミク BMW
GSR&Studie with TeamUKYO / 7位
谷口 信輝 / 8位
片岡 龍也 / 8位
ヨルグ・ミューラー(Rd.5) / ---

タイヤ : ヨコハマ
Rd.1 : 6/2 Rd.2 : 8/9 Rd.3 : 16/6 Rd.4 : 8/15 Rd.5 : 17/DSQ
チーム、ドライバーの総合力ならトップクラスなのだがマシンの戦闘力不足も響き今年もイマイチなレースが続く。
第5戦ではシューベルトからエンジニアとミューラーを呼び巻き返しを図るが決勝後に走行中のリストリクターの破損の影響で車検落ち、見事なレース運びで2位でレースを終えたのに失格となってしまった。
ただこのレースで得たデータで今後どれでけ戦闘力が上がるか気になるところである。
噂ではシューベルト側が持ち込んだ最新エンジンマッピングで10psも馬力が上がったとか。


_ ZENT多難 _____________________________

No.21
ZENT Audi R8 LMS ultra

Hitotsuyama Racing / 15位
都筑 晶裕 / 24位
リチャード・ライアン / 24位


タイヤ : ハンコック
Rd.1 : 18/16 Rd.2 : 14/DNF Rd.3 : ---/14 Rd.4 : 19/8 Rd.5 : 12/11
今年はR8 1台体制となるヒトツヤマレーシング。新車の13年モデルを投入しタイヤをハンコックへと変更した。
R8もBOPでガッツリ絞られているマシンであり苦戦が続いている。それでもR8はヨーロッパではワークスサポートが受けられる影響で活躍をしている。
手軽にワークスサポートを受けられない日本のチームでハズレ車を引くと厳しいシーズンを送ることとなってしまうのがGT300の現状だ。


_ 1人でいいので実力派ドライバーがいれば・・・ ______________

No.50
Exe Aston Martin
Arnage Racing / 19位
加納 政樹 / 22位
安岡 秀徒 / 22位
阪口 良平(Rd.5) / 23位

タイヤ : ヨコハマ
Rd.1 : 13/20 Rd.2 : 20/DNF Rd.3 : ---/20 Rd.4 : 12/14 Rd.5 : 3/8
去年は驚異的な速さを見せチャンピオン争いもしたアストンマーチンだが今年はチーム体制も規模縮小しドライバーも昨年の星野・吉本組と比べると大きく劣るコンビとなったため全体的に戦闘力は大きく下がった。
第5戦では3rdの坂口の頑張りで予選3番手を得るも決勝ではマイナートラブルにも見舞われ8位に終わった。これが今シーズン初入賞である。

_ とりあえず走るだけ _________________________

No.96
DIJON ワコーズ エンドレス Z06R GT3
DIJON Racing / 26位
田中 勝輝(Rd.2&4) / ---
井上 恵一(Rd.2) / ---
池上 真(Rd.4) / ---

タイヤ : ヨコハマ
Rd.1 : ---/--- Rd.2 : 26/DNF Rd.3 : ---/--- Rd.4 : 24/24 Rd.5 : ---/---
昨年もディジョンレーシングから出走していたコルベットGT3。今年は2ndカーとして数戦にスポット参戦する。
GT3マシンの中でも最低クラスの性能のこの車でこの体制なので結果にはまったくもって期待しないほうがいい。

おまけ シーズン途中で消えた車たち
____________ マッハGoGoGo車検Ferrari458 _____________
TEAM MACHは12年シーズンよりGT300で唯一フェラーリ458GT3を導入していた。シェイクダウン時にクラッシュ、大雨の第2戦富士で全損レベルの大クラッシュをするなど波乱のスタートとなった。その後もシーズン通して戦闘力不足に苦しみテールエンダー状態。
SGTシーズン終了後に同年のスーパー耐久シリーズ最終戦オートポリスにスポット参戦。そこでは見事総合優勝を果たす。結局これがマッハ号フェラーリが唯一活躍できたシーンとなった。
13年シーズンは13年モデルへとアップグレードし上位を狙ったが開幕戦で雨に足を取られクラッシュ。いきなり13年仕様のパーツが破損してしまったため、結局それ以降は12年仕様に戻して参戦していた。(画像のは希少な13年パッケージ仕様のマッハ号458)
結局戦力不足のため458を使い続けるより新しくGT-Rに乗り換えることをチームは選択した。


_______________ IWASAKI apr R8 ________________

aprは2012年シーズンよりオリジナルマシンのプリウスとGT3マシンの2台体制で参加することとなった。そしてそれに選ばれたのがアウディR8 LMSウルトラだ。
2013年もこのアウディで継続参戦。ただし13年モデルへのアプデは行われなかった。
そして第3戦を最後にこのR8は使用されないこととなった。戦力アップのためにGT-Rへの乗り換えを発表したからだ。
ちなみにこのR8は今3000万円(スペアパーツ込み)で売りに出されているらしい。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事