ゼロ烈火の愚痴、雑談、動画について、放送についてetc...

Steamクラウド初期化の流れ(備忘録的な)

2021/07/02 22:26 投稿

  • タグ:
  • Steam
  • Steamクラウド
  • ゲーム
  • セーブデータ
去年の2月辺りにとあるゲームがまぁとある事情でゲームを起動するとすぐに落ちるっていう現象に見舞われました。
セーブデータ消してもクラウドが働いてセーブデータ復活するんで検索でヒットする方法でクラウドにあるセーブデータ消そうってことになるんですが、Wi-Fiを切るっていうのに抵抗があって最近になるまで手を出してなかったんですね。

でまぁそろそろやらなきゃなぁって思って重い腰を上げて当時検索かけてヒットした記事の方法でいざやってみたんですがどうもうまく行かない。まいったなと今日(7月2日)新たに検索かけてみたら備忘録のブログと思われるものを見つけて読んでいたらさっきまで試した方法とはまた違うやり方でクラウドデータ消してたんですよ。そのままの方法ではやれなかったんでちょっとアレンジ加えてやったら見事に成功。
でまぁそのうまくいったことをタイトルの通り備忘録的な感じで残しておいて似たような人の助けになればなーって思います。(実行する場合、全部自己責任でお願いします)

0.念の為セーブデータをバックアップしておく

1.消したいゲームのプロパティを開いてクラウド同期を切る(記事書いてる現在は一般の項目にあるSteamクラウドに(ゲーム名)のゲームを保存ってのについてるチェックを外す)

2.消したいセーブデータのゲームのローカルセーブデータが保存してあるフォルダを開いてセーブデータを消す(ゲームによって保存場所が違うようなので各自そこらへんは調べてください)

3.Steamのクライアント左上にあるSteamをクリックして「オフラインにする...」をクリックしてオフラインにする

4.ゲームを起動してセーブデータを作り、ゲームを終了する

5.Steamのクライアント左上にあるSteamをクリックして「オンラインにする...」をクリックしてオンラインにする

6.ゲームを起動して、起動したまま該当ゲームのクラウドを同期させる

7.(念の為)セーブデータを読み込んですぐセーブしたあとにゲームを終了する

これで、クラウドデータの初期化(上書き)が完了しているはずです。
なお自分の場合複数あるセーブデータから悪さしてるセーブデータが判明しているためバックアップからそのセーブデータを抜いたものを元あった場所に戻してます。
改めていいますがこれを実行して不具合が起こっても責任を負えないので全部自己責任で行ってください。以上です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事