もじゃのニコマス生活

お薦めアイマス動画紹介 5/1

2013/05/01 23:34 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスター(アニメ)
  • ぷちます!
  • iM@S架空戦記シリーズ
  • 卓ゲm@ster
  • NovelsM@ster
  • アイマス紙芝居
アイドルマスターの空に【映画化記念編】

NOTE氏作、『ショーシャンクの空に』の嘘字幕MAD。
 劇場版の報に奮い立つも、服役中により身動きが取れないアンディ。激昂して所長の逆鱗に触れ、自慢のグッズも全て処分されてしまったアンディに囚人仲間のレッドは何気なしにアドバイスをする。
 嘘字幕らしい、いい意味でバカバカしさ全開の一作。しれっと流れる無駄にフランクな会話と、チラチラ見えるプロデューサーの悲哀を是非お楽しみ下さい。前作や元映画知らなくても十分楽しめますし、知っていればもっと楽しいと思いますw
 ……そういえば、昔CDドラマでアンディ・ブルースってキャラがいましたねェ……(遠い目
前作はこちら


アイマスガールズのラバーストラップを作ってみた

よしまさ氏作、アイマスガールズのラバーストラップ製作動画。
 以前にもキャラクッキーという公式ラジオにも絶賛された素晴らしいものを作られていた氏が、今回はその絵柄でラバーストラップにチャレンジ!さらに可愛らしく、特徴をばっちり捉えた絶品となっております。もうこれ公式で採用&量産化&商品化してくれって言いたくなるくらいw
 キャラグッズはともかく中の人グッズとなるとなかなか無いですが、「無いなら作る」は本当に頭が下がる精神ですなあ……。
キャラクッキー製作動画はこちら
 

【合作】アイマスマイムマイム【音MAD】

アイマスP合作、アニマス・ぷちます!でのオールスターマイムマイム音MAD。第3回萌えアニメMAD祭参加作品です。
 春香から順番に、マイムマイムの音MADが流れていくのですが……どのキャラのパートもすげええええええ!テンポといいネタの挟み方といい映像のチョイスといい、それぞれの特色と美味しい部分をしっかり掴んだ素晴らしい作り。加えて各パートの繋ぎも美しく、全体の仕上げとして申し分のない一作に仕上がっています。
 クオリティもアイマスへの愛情も文句なしな、お見事な合作です。楽しいは正義!

【AMV】 Ritsuko 【THE IDOLM@STER】

津名P作、律子メインのアニマスMAD。
 いつもみんなとPを支えてくれるりっちゃんの優しさと強さをこれでもかとばかりに語ったぴったりの原曲が、アニマスの名場面を惜しげもなく並べた中で存分に輝いています。
 歌詞のシンクロが素晴らしく、プロデューサーと時にはアイドルという二面性を持つりっちゃんへの想いを切々と泥臭く歌い上げる様は愛以外の何物でもありません。全ての律子派に観て欲しい良作です。

昭和メドレー88 〜懐かしのアイドル(?)大集合スペシャル〜
ニコマス昭和メドレー5 ~1980年代アニソンメドレー~


アイマスP合作、昭和をコンセプトにしたメドレー動画。
 毎年昭和の日恒例のこの企画。今年は実質色を変えた二本立てということで、それぞれ狙いがはっきりわかれていて面白かったですね。
 前者は昭和アイドルをテーマに、シンプルかつ王道なダンスPV中心にした正統派PVメドレー。後者はアニソンがテーマということもあって手描きアニメやネタもふんだんに混ぜ込んだバラエティ色豊かな構成になっています。
 どのパートも力が入っていましたし、流れる当時を懐かしむコメントも楽しくて久々におっさん受けするニコマスってのを実感した気がしました。さすがに前者は半分以上曲知りませんでしたがw
 コンセプトこそ違えど、どちらも昭和という時代を思い起こさせるとても楽しいメドレーでした。参加者の皆さまお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

ζ*'ヮ')ζ<SW2.0どうでしょう?2-3【卓m@s】

てんしょーつP作、『ソード・ワールド2.0』の架空戦記第2-3話。
 前回でゲストキャラの紹介も終わり、今回はいよいよセッション開始までの導入回となってますね。丁寧な解説と隙あらば挟み込んでくるネタ、そして凝りに凝った演出は相変わらず惚れ惚れします。
 今回は2回目のセッションということでかなり殺意も高めになりそうなやよいさんの企みっぷりが色々と気になるところです。
第0話はこちら


春風謳歌_「五つの指を、強く、強く」

並P作、春香メインの手描きノベマス第5話。
 オーディションの落選が続き、一向に結果を残せずに焦りが募っていく事務所内。プロデューサーから話を切り出され、夢の終わりに怯えつつも耳にしたその言葉は意外なものだった。しかしそれが紡ぐ意味を感じたとき、春香の激情は止めどなく溢れ出していった。
 連載開始当初予想していた方向とは完全に異なる、剥き出しの不安・怯え・焦り・そして怒りを叩きつけてくる非常に挑戦的な回になっています。極端な話「こんなものはアイマスではない、天海春香ではない、プロデューサーではない」そう感じる人もいるのではないかと思う位です。絵柄の変化に伴うその細部に至るまでの描き込みが背筋を凍らせる程の迫力を持っていることからも、それは伺えます。
 これだけ情熱を燃やし、かつそれを叩きつけようとして抑え込んだ春香というものを私は他に知りません。アイドルとしての認識・概念のズレを抱えたまま前に進み始めたふたりを、これからも楽しみにしていきたいと思います。
第1話はこちら


【アイマス】ちはやさん(30)

あごひげックス氏作、千早?メインの手描き紙芝居第30回。
 今回も日常ネタから時事ネタ……というかタイムリーネタまで、ほのぼの&クスリとするお話が並んでおります。
 イチオシは議長……というよりは裁判官風に扮したちはやさん。というか基本このシリーズでちはやさんがどんな恰好するかは楽しみのひとつですよねw
第1回はこちら

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事