餅風呂

斑鳩演出ノート 【サムネイル編】

2018/01/15 10:11 投稿

  • タグ:
  • 動画
  • Aviutl
  • サムネ
  • 斑鳩
  • 棚餅

 今回は番外編として、Twitterのモーメントでも公開した本動画のサムネの作り方を解説します。Photoshopみたいなペイントツールで作ってもよかったのですが、メンドかったのでAviutlで作りましたので、サムネのつまらなさに悩むシャム系投稿者の皆さんも真似してみてください。一見難しそうに見えますが、慣れれば10分ほどで作れるようになるはずです。

これが完成形







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





 まずメインとなる背景を用意します。光のエフェクトはレンズフレアのカスタムオブジェクトを使用しています。






 
 タイトルと立ち絵を置くスペースを確保するために全体の位置を左にずらします(今回はフレームバッファを使いました)






 ガレージの赤錆びた雰囲気を出すために、「拡張色調補正」のフィルタオブジェクトの赤(CかR。個人的には動画なのでCを動かすのをお勧めする)のガンマ値(gamm)を上げます。






 左下が寂しいので謎の白いモヤモヤを置きます。モヤモヤは、図形か背景に「境界線ぼかし」をかけると作れます。仕事でも空きスペースに困ったときにいつも置いちゃうんですよね。モヤモヤ。悪い癖です。




 立ち絵とタイトルを目立たせるために右側にもモヤモヤを置きます。先ほど白を使用したので、斑鳩のイメージカラーに合わせて今回は黒色にしました。レンズフレアが隠れないよう気を使いましょう。






 モノクロにして透明度も少し上げたゆかりさんを置きます。合成モードは加算にしました。





 コンクリートのテクスチャを画面全体に配置し、合成モードをオーバーレイにします。「テクスチャ フリー」と検索するだけで無数見つかるので自分の好みに合ったものを探してみましょう。もちろん自分で描いてしまっても大丈夫です。これも自分で描きました。






 フレームバッファを呼び出し、オーバーレイをかけます。テクスチャのせいかレンズフレアの色がおかしくなってしまったので、斜めクリッピングで左上だけオーバーレイがかからないようにしています。境界線ぼかしをかけるのを忘れずに。





 タイトルを配置します。これで完成です。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 いかがでしたでしょうか。正直「オーバーレイとか色調なんちゃらとか普段使わねーよ!」という実況動画投稿者もいらっしゃるので、イマイチどうやって真似すればいいかわからないかもしれません。ですが、「カラーコレクション」という技術の知識を得れば、なんとなーく使い方が分かるようになるかもしれません。
 そこで、次回はカラーコレクションについての解説を行おうと思います。




では。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事