へたくそ絵描きもちゃの舞台裏

『えもふり』で弦巻マキの動く立ち絵を作ったよ!!のマキ

2014/07/17 00:39 投稿

  • タグ:
  • 作成日記
  • 弦巻マキ
  • VOICEROID+
めっちゃ暑いですね!
もちゃです。

今回は弦巻マキの動く立ち絵を作成しましたので、紹介動画を併せて作ってみました。



 この動画を作るちょっと前にマキマキとささらちゃんの立ち絵を作成し、静画に上げました。そして、その直後にPixivに上げようとしたところうごイラなるものが使え、その手助けをしてくれるソフト『えもふり』の存在を知りました。
参考:

 最初はえもふりの初心者用のマニュアルとにらめっこしながらやっていましたが、

せっかくマキマキの立ち絵があるんだからそれを使いたい!
と思い、えもふりで作成することに。
 まぁ、正面絵での練習からななめ向きに挑戦するのが公式HPでの流れとして記載されていましたが、もちゃはゲームの説明書をとりあえず読まない派なので、いきなりななめ向きの立ち絵に挑戦!!

 どうにかこうにか配布されているファイルを参考に作りました。
 動画を見ていただくとわかると思いますが、そんなに違和感は無いと思います。(寛容さが試されています)

 その後出力するわけですが、出力には制限がかかりまくり!!
 PNGファイルを連番出力
 GIFファイル出力    +  2秒間
 WMVファイル出力

 は?動画出力使えねー!!\(^O^)/
 まぁ、ちょっとしたGIFファイルを出力するのはいいですが、大作を出力するのには向いていませんね。

 そこで今回取った方法は、以下のとおり
 えもふりで動かす + アマレココでキャプチャー

 動画中でちらっと出てきますが、マキマキの立ち絵でブルーバックになっているところがあります。あの状態で動かし、キャプチャー。その後編集時にブルーバックをクロマキーで見えなくして今回の立ち絵に利用しています。

 めんどくさそーって思いました?
 もちゃもやっててめんどかったです。

 でも、手間かけて動いてるマキマキを見ると嬉しいし、可愛さN倍増しって感じですね!!ただ突っ立ってるだけの立ち絵よりは可愛いと思います!!
 今後、もっとやりやすい方法を考えて、利用できたらと思います。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事