まつPのブロマガ

人生初の異動、転勤

2017/02/16 01:59 投稿

  • タグ:
  • 転勤
  • 異動
  • 退職
  • 就職
  • 転職
  • 辞令
  • 都会
  • 田舎

どうも、まつPです。

Twitterでは文字数制限があるためブログに書きました。

表題のとおりですが、

この度、人生初の異動に伴う転勤となりました。

詳細は即特定されるため地方の別部署とだけにします。


年度末のやや今頃になると異動、転勤のお話に

敏感になる人がいるのではないでしょうか。

会社によっては本人の意思確認なしに

即辞令!や打診があっても

断る選択がなく高圧的に進められるところもあるなど様々です。


そもそも、転勤ありの会社に勤めている時点で

NOの選択肢はないですからね。

余程の理由がない限り法的にも覆せません。

なかには自身の都合や周りの影響で辞令が受け入れられず、

そのまま退職という方もおります。


私は上記の理由でYESを選択したというわけではなく、

やってみよう、やるしかないというポジティブに捉えYESを選択しました。

理由は2つほどです。


前職での後悔、失敗が大きな理由となります。

前職は異動ではありましたが、

打診や先々のミッション、ヒアリングもなしに◯◯の地方へ異動!という

半ば強制的な会社の方針に不満、不信感を募らせ後先考えずに退職。

今で言う若気の至りですね。


退職後、冷静に考えると、全く違う業務内容や職種、知見経験を得られるチャンスを

自らの手で摘んでしまい、現会社へ就職するまでの転職期間では

年齢の割には経験がなく、不採用の連続で後悔、失敗したなと思いましたね。

まぁ、神奈川の端(都会)から端(田舎)へ行くもんだから

ギャップが有りすぎてこんなド田舎に住めるか!!遊べない!!という怒りと

IT最先端の技術を得るために上ってきたのにこんなところで働けるかぁ~!ってね。

当時は自宅付近のジムに毎日のように通い、生活の一部になっていたものを

奪われてしまったというのもありました。


2つ目が、今回の異動後の業務内容が前職と現職の異動業務が同種であったためですね。

どういうわけか避けては通れない道、運命?導かれているもの?ではないかという

奇妙な偶然、めぐり合わせにここはやるしかない、おそらく今断ると

年齢的にももうこの話はなくなり一生、同じ業務で

知識、経験、視野が狭い状態で歳だけ食ってしまう人生になるのではないか?

という焦りと、やらぬ後悔を繰り返したくないという気持ちと
やってみたいという好奇心があり今回YESを選択した次第です。


視点を変えると未経験なのに給料は下がらず転勤手当がつき、
会社の仕組みや流れをやや把握して

客観的な視野で前業務と現業務を携わることが出来るという

ものすごくいい経験をさせていただけてとても喜ばしいことである。(洗脳完了)

後は私自身、異動申請を常々出し続けてはいたが、通らないため

半ば諦めていた所に連絡が来てとてもラッキー、

舞い降りたチャンスを掴もうという気持ちである。

これらの理由で私は遠方になりますが、4月頃に転勤します。

どこに?に関しては落ち着いたらTwitterで報告します。


以上です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事