えむぶろ

2012年アニメアワード

2013/05/19 00:12 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • アニメ
  • 2012
  • 声優
  • 氷菓
  • ガールズ&パンツァー
  • 新世界より
  • 戦国コレクション
  • 釘宮理恵
  • 伊藤美紀
というものをとある企画がきっかけで作ることになりました。
一度放送で喋ったんですが、最近ブロマガ書いてなかったんで画像を貼っておきます。
(追記)選んだ理由も書きました
質問などあれば答えていきます。リスナーさんのアワードも 私、気になります!
全部でなくていいのでこの賞はこれかな~って感じで理由を添えて書いてもらえると嬉しいですね。



<アニメアワード>(19部門)
最優秀賞
【氷菓】
素晴らしい。青春群像劇×推理を最高の形で表現してくれた。久しぶりに最終回をTVの前で全裸待機した作品でした。

監督賞(演出、総合的に)
【ガールズ&パンツァー】
アクションやデザインなど総合して良かった。監督のやりたい事が詰まるどころか溢れ出ていた。妥協しない作りは群を抜いていて、次作への期待がさらに高まる。シュールギャグを忘れないのは流石。楽しく、ツッコミながら見れて、熱くもなれる良い作品でした。

脚本賞
【新世界より】
物語についていける最低限の説明や引きの良さ、より噛み砕いた会話劇。ただ原作をなぞっただけの脚本ではなかったと思う。

美術賞(背景、色彩)
【ジョジョの奇妙な冒険】
原作のイメージと雰囲気を壊さない色合いになっていて、ジョジョという作品がもつ芸術性を人物や背景などから感じられた

デザイン賞(建物、小物、衣装など)
【Another】(人形)
より一層緊張感を増して、雰囲気づくりに一役買っていた

アクション賞
【坂道のアポロン】
カウボーイビバップを連想させる喧嘩シーンは興奮した。演奏シーンの細かい動きもいい(ロトスコープらしい)。文化祭のモブの動きも強烈な印象を与えた。

作曲賞(BGM)
【氷菓】
氷菓のBGMにはメリハリがあり、存在感があった。氷菓は日常系にも属するけれど、日常系ではあまり使われないような壮大なBGMが使われ、「人生におい て青春とはビッグイベントである」と言わんばかりのメッセージを感じた。しかし本人(奉太郎or視聴者?)にとってはそうでもないけれど、というズレも音 楽によって表現されていたと思う。

歌曲賞(OP、ED、挿入歌)
【戦姫絶唱シンフォギア】
キャラを演じる声優さんが歌うことには意味がある。台詞だけでは表現できない事への説得力があり、歌が脚本を支え、作品を支えている。「絶刀・天羽々斬(ゼットウアメノハバキリ)」最高!

男性声優賞
【興津和幸】(ジョジョの奇妙な冒険)
誰かが演じるジョナサンではなく、ジョナサンそのものになっていたと思う。真っ直ぐな男という性格、紳士らしさがしっかりと出ていたし、戦闘シーンでの力の入った演技に心が震え画面から伝わる熱気も凄かった。毎日汗だくになって演じていたらしいですね。

女性声優賞
【釘宮理恵】(京騒戯画)
躍動感のある演技。コト(主人公)をあそこまで生き生きとしたキャラクターにできるのはくぎゅうしかいない。とさえ思えるほどに、キャラクターに命を感じた瞬間があった。

声優賞(総合)
【金魂】
安定の声優陣とゲストの中村悠一さんの演技。ギャグは演技が大事だと改めて思う。シリアスな演技あってこそのギャグでした、銀魂らしいです。その他ゲストの小野坂さん、千葉繁さん、井上和彦さん等、キャスティングが素晴らしいですね。

男性キャラクター賞
【国木】 (+チック姉さん)
国木を簡単に説明すると、ストライクゾーンは老若男女を問わず、脱皮ができて、女性用下着をつけた野球部の男子高校生です。「イヤッホーゥ!抱きしめてやるぞぉ!」

女性キャラクター賞
【卜部美琴】 (謎の彼女X)
外見でなく内面で勝負するヒロインこそ可愛くて萌え!とはいえ、卜部さんの場合は外見もそこそこインパクトがあり、ミステリアス。そんな彼女の気持ちを涎を通して垣間見れた時に可愛いと思える。それに変わった女の子は好物ですねぇ涎おいしそう(°q°)

キャラクター賞(総合)
【戦国コレクション】
お気に入りは義光(よしあき)ちゃん、顔芸かわいい。「スタイリッシュ成敗」の名言を残した政宗ニキも捨てがたい。吉継ちゃんを守ってあげたい。なんか主人公っぽいモブもいた気がする。

キャラクターデザイン賞(狙いやインパクト、可愛さ、かっこよさ)
【バケネズミ】 (新世界より)
呪力をもった人間がバケネズミやその他の生物を下等なものとしている。そういう人間側の価値観の象徴のように感じられる姿形であった。しかしどこか愛着が もてる存在でもあり、最終回の早季や覚の会話、または早季がスクィーラに語りかける場面を思い出し色々と考えさせられる。

スタジオ賞
【ブレインズ・ベース】
丁寧な作り、特に夏目友人帳。戦コレも良かった。

ダークホース賞
【戦国コレクション】
映画のネタを上手く使って遊び心もあった。gdgd脚本こそ至高、たまにくる変化球が凄い

niconico賞(ニコ動、ニコ生を盛り上げた)
【小走やえ】 (咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A)
にわかのテーマ万能説。あの噛ませ臭がドツボ。滑舌悪いのも最高。「王者の打ちしゅじを!」

特別賞(どの賞にも選べなかったが称えたい人、作品、曲など)
【伊藤美紀】
作品愛です。4期のアフレコで「お帰りなさい」の台詞を感極まって言えなかったという裏話があります。キャストにもスタッフにも愛されている作品だとは思うけれど、代表して伊藤さんに。

コメント

オテツ
No.6 (2013/05/19 22:11)
>>5
選考基準がわからないと書きましたが、しっかり説明されてましたね^^; 失礼しました・・・。
strnf-2 (著者)
No.7 (2013/05/19 23:05)
>>6
おkですw Fate/Zeroは映像面評価高いですよね、リアタイで観てなくて後悔してる作品です。
放送でも自分が観てない作品ばっかり挙がって良さをあまり共有できなかったのが本当に残念w
Fate/Zeroをもし観ていたら女性キャラクター賞にセイバーを選んでいたかもしれません。ああいう戦う女性キャラが好きっていうのもあるし、台詞もかっこいいのではないかとw
是非観てみたい作品です!
ディスコード
No.8 (2013/05/26 06:54)
>>4
反応ありがとうございます。「神様はじめました」興味を持っていただけたなら幸いです。
最初女性向けっぽさ色濃くて、ちょっととっつきにくそうかな……なんて自分も思ってましたが、
のど元過ぎればなんとやら、見ているうちにテンポやノリが心地よくなっていました。
例えるとするなら雰囲気としては、かみちゅ+桜蘭高校ホスト部のような感じですかね?
女性が主人公というのもあり、胸キュンほんわかギャグ、みたいな共通項はあると思います。
とはいったものの設定と状況が似ているから例えとして浮かんだって感じではあるので、
キャラクターや展開はきっちり異なり、中身はちゃんとひと味もふた味も違うものになっているとは思います。
やっぱり見てる人少ないんですかね。NANアニでも見ている人をあまり聞かない気はします。
話題にならないだけかな。
何はともあれ、奈々生さまかわいいです。
俺達だけの奈々生さまでいて! なんて思う一方、
出来も口当たりも良いと思うので、たくさんの人に広まればいいなぁ、とも思ってしまうのです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事