MistiRoom

コミュ障に告ぐ。それってホントにコミュ障?

2015/05/26 22:59 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • コミュ障
  • コミュニケーション

どーも、Mistirです!
さっそくですが、みなさんコミュ障ですか?

僕は、広い意味での「コミュ障」です。
好きなことについて語ると、話し過ぎちゃうんだよなぁ。ま、それは置いといて。


多分、自分のことを色んな意味で「コミュ障」と考えてる人は多いと思う。
っていうか、「俺はコミュ障じゃない」って言える人なんて、多分そうそういない。
想像以上に、みんな「コミュニケーション」が苦手。
にも関わらず、どこにもいない「コミュニケーションが上手」な人を理想像にしたたりする。


で、僕は最近、社会人になってコミュニケーションに関して考える機会が増えた。
そうすると、どんどん「コミュニケーション」であるとか、話すときに考えるべきだって思うことが変わっていった。

そんな中で、とある本を読んだ。
新入社員が読んでいる本の中で、3位の本だそうだ。
『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』という本だ。


もう、あまりにエキサイティングで全部一気に読んじゃった。実に良い本だった。この本の内容をみんなが実践できるなら!と思っちゃう。

この本は、例えば「コミュニケーションの目的はコミュニケーション」と言う。
「誰かを操るためのコミュニケーションなんて、間違ってる」って断言するんだよね。すっきりするなぁ。実にその通り。
この辺り、僕が大好きなアドラー心理学の考え方と結構通じている。

『嫌われる勇気』とか読むと楽しいよ。

まあ、『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』を読めばコミュニケーションのことは大体分かるって言ってもいいんじゃないか?とさえ僕は思ってるんだけど、ここから「じゃあお前はどうなんだよ!」って思ってる方のために、僕の話をしようと思う。

まず、最近思う。良いコミュニケーションができる人間ってどんな人?
みなさん、ここでみなさんが思う「コミュニケーション能力の高い人」を想像してみてください。

僕個人の話をすると、昔は「舐められないこと」というか「頼りないと思われないこと」、もっと言えば「凄い、賢いと思われること」を大事にしてた。でも、その考え方は大間違いだと今は思う。
「頼りないと思われない」は大事だけど、仮にそれを満たしていたとしても、「威圧感がある」ならばダメダメなのである。

今思う、「良いコミュニケーションが取れる人」とは次のとおりだ。

・頼りなくない
・話しかけやすい
・威圧感がない
・(その人相手だと)つい、話をしすぎてしまう
・そもそも観点が面白い
・一緒にいて辛くない(「楽しい」ではない)

この辺りだろうか?

少し話が変わるが、昔、「ヤバイ、俺コミュ障だ」と心から思ったことが一度だけある。
大学のサークルに入ってたときの頃だ。その頃、そのサークルにはいわゆる「ウェーイ系」の人たちが結構いて、その人たちのノリに本当についていけなくて、どうしようもなくなって「俺はコミュ障だ」と思うようになった。

でも、よく考えるとその「ウェーイ系」の人たちは、上の観点から言えば「コミュニケーション能力が高い」なんて1ミリも言えないんだよね。
威圧感がある時点で、オシマイ!アウト!

言っちまえば、幾ら口が回ろうが「相手に威圧感を与える」時点でコミュニケーション能力は「低い」って言っても過言じゃないんだよね。

じゃあ、「コミュニケーション能力が高い人」って具体的にどんな人?



まず、皆さんご存知この人だけど、この人は口が回るだけじゃなくて「びっくりするほど威圧感が無い」よね。
威圧感が無いって意味だと、もっと天才的なのはこの人。



僕個人としては、さんまさんよりもこの人の方が「神がかり的なコミュニケーション能力」に思える。

でも、もっともっと上に書いた「コミュニケーション能力」を持ってる人がいる。
僕は、その人を目指さねばならないのだ。その人とは……!





































教育評論家、尾木ママこと尾木直樹である。
って、オネエじゃねーか!!

……さて、上のリストを再確認してみよう。

・頼りなくない
・話しかけやすい
・威圧感がない
・(その人相手だと)つい、話をしすぎてしまう
・そもそも観点が面白い
・一緒にいて辛くない(「楽しい」ではない)


……オネエキャラって、完璧じゃないか?
うん。

余談だけど、私Mistirは、最近リアルでオネエ系だと思われている過程は聞くな。でも、同時にそれが結構「オイシイ」と思っている自分がいる。

「オネエ」って最強なんですよ。
男相手に「筋肉ありますよね!」とか「肌、キレイですよね!」って言うだけでめっちゃウケるんですよ。え?ってなる。
……いや、他意はないよ?僕、女の子大好きだからね!?ホントだよ!??

で、上の本(『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』)にも書かれていたことだけど、コミュニケーションの最大の勝利とは……

「みんなが楽しくなること」だ。
逆に言えば、これを満たせないのならばどれだけ喋りが上手かろうが、前に出る能力があろうが、コミュニケーション下手なのである。
さらに逆に言えば、滅茶苦茶内気で口下手でも、「この人相手となら幾らでも話してしまう」みたいな人は超コミュニケーション上手なのである。

で、その基準で考えれば、幾ら僕が「オネエキャラ」として笑われたところで、ラッキーなんだよね。みんなが笑えるならホントそれがベスト!
だからアタシ、Mistirは頑張るわ!!

……なんだこの着地点は!?

まあいいや。結論としては、「コミュ障だ」って自分のことを思ってるアナタも全然、そんなこと無いかもねって話。
自分のことを「コミュ障」って思ってる人がさ、「ウェーイ系」を「目指すべき」って思っちゃうほど不幸なことはない。そんなもの、目指さなくていいの。
ちなみに僕が究極的になりたい、あるいは最終的に「なっているべきだ」と思うビジョンは、「ただ黙ってワイン飲んでるだけで、一緒にワイン飲んでる人が僕相手に延々自分の話しちゃうような人」って感じです。
僕もまだまだ「コミュ障」だから、ゆっくりそういう人を目指そうかなって思ってます。


では、また次の記事で。


コメント

(著者)
No.6 (2015/05/27 20:07)
>>5
コメント、ありがとうございます!
まさにそうです!良いコミュニケーションを取れる人は、人に興味を持つことにも持たれることにも長けていますよね。具体的な技術が『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』にたくさん書かれていました。
「自分に興味のない人に話しかける」って言うのは、難しいところだと思ってます。明らかに「コミュニケーションを拒絶している人」にグイグイ行くのは、ただ「自分を押し付けているだけ」とも言える。だけどたまに「無愛想な相手の真の欲求を捉えられる人」もいますね。その辺りの差異って結構難しいんですよね。
僕の考えとしては、「興味ねーよ」っていう態度の人は「そっすかwww」でスルーしますwこれも一種のコミュニケーションだと思ってます。
Pantheire
No.7 (2015/05/30 21:28)
マスクしてると目を細めるだけで笑ってると思われるので楽だぜ!
楽だぜ
(著者)
No.8 (2015/05/31 10:26)
>>7
コメントありがとうございます!
それはちょっと違いますwwww
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事