MistiRoom

「なにもかも面倒くさい」と思った時に読んで下さい

2014/11/05 21:47 投稿

コメント:14

  • タグ:
  • エッセイ
  • 面倒くさい

こんにちは!今日も元気に!Mistirです!
ああなにもかもがめんどくせえ!!

そう、今回のテーマは前回に引き続き「めんどくさい」です。
今回の「めんどくさい」は特定のものに対する面倒くささではなく、「めんどくさい」という大きな感情に関して語りたいと思います。


というかそもそも、何故めんどくさいのにブロマガの更新なんてするのか……? それは後に回すとして。


はい。そもそもぶっちゃけると、生きるの面倒くさくないっすか?

まず僕は起きた時、「ああめんどくせえ」って思って大抵二度寝します。二度寝なら本当マシな方で、冗談抜きに10度寝、15度寝くらい行くこともザラです。

そしてバイトなり大学なりに向かうのですが、面倒くさい。もはや恐怖に近いレベルの面倒くささ……分かります? 面倒くささって一周すると恐怖に近い領域に達するんですよ。

で、ぶっちゃけると大学も面倒くさいっす。

なんで俺文学の勉強なんてしてんだ。……いや、理由なら100も200も探せる、言える。だけどね、面倒なものは面倒なんですよ。大学まで電車で1時間半っすよ。もっと長い人もいるかもしれないけどさ、面倒だよ。


あー本当面倒だ。


この「めんどくさい」って感情を全て殺せるなら、全て無にできるなら。
多分僕は神と化すだろう。
というか、誰でも神になれるぜ。想像してごらん、一切の「めんどくさい」がなくなった世界を!みんなが神だ!


さて、でも実際、面倒なものは面倒だ。

だからググってみよう。


「全てが面倒くさい」←検索!


ほうほう、いろんなワードが飛び交ってますね。

ネガティブ、ポジティブ、自己肯定感……

つまり、面倒くさいという感情を克服するためにはポジティブになればいいらしい!!


へー。



いや、本当ね。これ個人的な感情が大いに入ってますけどね。
僕、ポジティブ思考とかそういうの大っ嫌いなんすよ

ポジティブ思考が大好きな人に言いたい!ポジティブ思考の負の側面を本当に知ってるのか!?

まず、有名なところだと「ポリアンナ症候群」でggってみましょう。書くの面倒くさいんで。もう一つ……あまり有名なところではないものでは、『やってのける』っていうクソみたいな邦題の、僕が大好きな本に書いてたんですが……

「自分には簡単に目標達成できる」

「自分には目標達成ができる」
との、二つのポジティブ思考があったとして。

前者って有害らしいんですよ。目標達成できると信じるのはいいけど、それは「難しい」と思ってる人間のほうが成功率が上がる。
つまり、結果に対してはポジティブに捉える必要があるんだけど、プロセスに対してポジティブに捉えちゃダメなんです。要はそれって「舐めてる」ってことですからね。

で、ポジティブ思考の話に戻ると。
そこまで分かってて他人にポジティブ思考勧めてんのか、と。

いや、それ抜きにしてもさ……
なんかね、無理してポジティブになれないことにポジティブになりましょうって考え方、うんざりなんですよ。

こけたら、痛いじゃないですか。
痛いと悲しいじゃないですか。
ポジティブになれるわけないじゃないですか。
それだけの話です。そこを無理してポジティブになろうとするとエネルギー使うじゃないっすか。もったいない。

っつーかちょっと怖いんすよ。ポジティブじゃないとダメって思想が。
綺麗な感情以外認めない世界が。ネガティブにならざるを得ない状況で無理矢理ポジティブになるって、
それドMですよね。

ついでに言えば、「ポジティブになろう」って言われると「意地でもポジティブになりたくなく」なりませんか?
リリー・フランキーとみうらじゅんが対談で言ってたけど、「飲み会とかで『楽しんでる?』って言われると楽しまなきゃいけないみたいな気分になって楽しくなくなる。無理して楽しくなるとか嫌だ」的な事実ってのは絶対あってさ。
だから僕は「ポジティブになれ」っていう無茶ぶりよりも、淡々と事実述べられるほうが好きなんだ。

……まあ要するに、無理してでもポジティブになろうとした昔の自分の反動なんですがね。

……とまぁここまで極端なこと言わなくても。
話を戻して「めんどくさい」という感情に関して言えば、それ、ポジティブとかネガティブとか、さほど関係ないとおもうんですよ。

そりゃ、全てにポジティブな躁病気味のパッパラパー人間だったら、面倒くさいとか言わなさそうですよね。
でも、それが事実だったとしても「面倒くさい」って、決してネガティブなもんじゃないと思うんです。

寝れるなら寝ていたい。
何もせずエネルギー使わなくていいなら使いたくない。
それの何がネガティブなんですか?って話です。

面倒くさいって感情は、無色透明のねばっこい液体みたいなものです。
ネガティブとかポジティブとか、そんな「色」は無いんです。少なくとも僕の中では。

で、それに対して僕がどう落とし前付けてるかって言うと……

書いてると何か分かるかもしれないとか考えながら、この記事書いてます。

ちなみに、「面倒くさい」から逃れるためになら物凄い意志力で動いたりします。
具体的に言えば、スペック高くてぬるぬる動くスマホ探すためにめっちゃ労力かけたり。
快適な収納を必至で考えたり。
そういう、「面倒くさい」を避けるための営為には全力を自然に費やせています。

ここが本当に不思議なところで……。
もしかすると僕のやってることは全て「未来にあるもっと面倒くさい」を避けるための「今ここにあるめんどくさいこと」であるって言っても過言じゃないのかもしれないぞ。

だから僕から「めんどくさい」って感情を抜いてしまうと、僕じゃなくなってしまうのかもしれない。そういえば高校の頃、暗記することとかも「めんどくさい」から、ゴロとかダジャレとか無限に創りだして頑張ってたなぁ。

で、今は「本を探す」めんどくささ、「本を仕舞う」めんどくささ、「本を持ち運ぶ」めんどくささから解放されるために、電子書籍ヲタクになりつつあります。

卒論頑張るのは、「卒論出さないともっと面倒くさいから」です。

……で、世の中見てて思うときがあります。
みんなここまで面倒くさいと思って生きてるんかなぁって。

なんかどうやらそうでもないらしいぞ、と。
よくわからんが……いや、もしかするとそうなのか?

みんなみんな、ここまでの「面倒くさい」を抱えながら生きてるのか?
分からんなぁ……。

分からんから話を現実に戻します。
現実的に、バイトには行かなければならないし大学にも行ったほうがいい、おそらく卒論も書かないよりは書いた方がいい。
となると、バイトにとりあえず行くわけですが、行ってどう思うかっつーと、どうも思わないんですよ。

気付いたら終わってる。アレは多分、僕の第二人格が生まれてるんです。
……厨二的な意味で言ってるんじゃないんすよ、僕は厨二病だけどそれはあまり関係ない。

つまり、面倒くさいと思ってる自分と、実際にバイトやってる自分って別物じゃないかって。
寝起き直後の自分と夜の自分って違うじゃないですか。僕の場合夜の方がスイッチ入ってて、「朝の方が頭が冴えてる」とか言ってる人をみると「何言ってんだこいつ」って顔になるんですが。
でさ、大学で色々やってると、大学に向いた人格が生まれる。
ジム行けば、筋トレの人格が生まれる。

やる前がいっちばん面倒くさい。
まぁたまに絵描いてる真っ最中にめんどくさくなったりしますが、それは僕が絵に向いてなさすぎるだけな気もします。

で、この人格の切替(???)をもっともっとバチンバチンとできるようになれば、それは実質人生の「面倒くさい」って感情を倒すことになるんじゃないか。
っていうか、そもそも……

人間的な感情を殺せるなら。面倒くささも殺せる。


日本が誇るアーティストであるあさき氏も、代表曲『天庭』の中でこう歌ってます!

暗澹たる中天へと延びたる光の梯子に群がる星屑たちが口々に叫んでいる
 心を殺せ

……。みなさんはどうですか。
面倒くささを克服するために、人間的な感情を殺す覚悟はありますか。




おっと、手が滑って関係ない画像を貼ってしまった!!


と冗談はさておき。
心を殺して頑張りすぎて身体壊すとシャレになりませんが、心を病むレベルの面倒くささ、「あ、これヤバイ」ってレベルの面倒くささって事実あるじゃないですか。

それに対抗するために必要なのって、結局ポジティブ思考じゃないと思うんですね。
そこで「ポジティブになれば〜」みたいな的はずれなこと言われるくらいなら、僕は「心を殺せ」って言われたい。
苦手なものを我慢して飲み込むように、「面倒くさい」という苦い食べ物を、鼻をつまんで胃に流し込む。こう、ぐいっと。

……それが出来りゃ、本当苦労しないんですがね。
ああめんどくさい。僕にできるのは、こうやってこの面倒くささから抜け出す方法を、ひたすらひたすら考え続けるだけです……

そうこうしてたら記事が書けてしまった。
人生も似たようなものなのかもしれないね(悟り)

あ、ちなみに……

本当に全てが面倒くさくて、辛くて辛くて仕方なくて、それが自責になってしまうなら、それはもう病院に行って下さい。
冗談抜きです。本気で言ってます。


僕は面倒くさいと思う自分自身を、全くと言っていいほど責めてないです。当たり前やもん
でもできるなら、全てに対して面倒くさくないと思えるなら……そうすれば語学のスキルも画力も筋力も上がるのになぁ、とかモヤモヤと考えはしますが……
それでも、自分自身をそれ故にダメだとは思ってないわけです。それほどは。
それに、言うほどこの現状が辛くないのかもしれない。それはそれでヤバイけど……。


面倒くささが高じて泣いちゃうレベルだとするなら、本当に病院行って下さい。
この記事はあくまでも「僕レベル」の人間に向けたものです。うつ病に対して言語で治療を試みたりはしません。それは僕の問題にしたいレベルではないです。

僕レベルの、人間……
まあ要するに……




ただのダメ人間やね!

オシマイ☆

コメント

いとうのぶえ
No.13 (2017/11/28 23:27)
自分が書いたんじゃないかってくらい、同意しましたw
案外みんな同じこと考えるんですね
なんかありがとうございます
Masa Yoshida
No.14 (2018/01/05 19:08)
アラカンの親父ですが じつにわかりやすく最近の自分の状態を「なるほどな 実は正常に戻ったんだ」と再認識しました。
共に働く若い人が同じようなことをいうのを、若いのに・・・などと感じていました。実は つい2年ほど前までは「べき」とか「ありたい」とか思いが強かったのでしょう、弁当まで作っていたのですからね^^。考えられない自身が今あり年相応の普通の自身を今生きている気がします。生きていくのはめんどくさいし厳しいしつらいこともおおいでしょう。仕方ございませんね。ただの人ですからね。サンクスでした。 
香香
No.15 (2018/06/28 11:17)
とても共感いたしました。
私の場合は生きていることそのものが面倒くさい。努力することが嫌い。
劣等感を感じても、挑戦から逃げる日々。自信をもつことがなく負の感情ループ
目の前の課題は山積み。複雑な状況下のなかことごとく虚弱。
心療内科での診断では自律神経失調症と言われてますが
ここにたどり着く前にパーソナリティー障害というものを目にしました。
とはいえ、
病気や症状だけのせいにしたくない気持ちがあって
そんなところに
ダメ人間って言い切ってくださってることに爽快感です!
ダメ人間という言葉をただ浴びせられたら傷ついたり腹が立ったりするきがしますが
真心溢れるマジレスに癒されました。
寄せられているコメントもとても温かくて和みました。
なかには違う反応もありますがツッコミと捉えるか悪く捉えるかですよね
わざわざツッコミいれたくなる楽しい文でした。
ここへたどり着くすべての方が生きる喜びにつつまれますようにと祈りました
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事