MistiRoom

どうして僕たちは、ゲームを「めんどくさい」と思うようになったのか

2014/11/01 10:49 投稿

コメント:13

  • タグ:
  • ゲーム
  • エッセイ
おはようございますMistirです

今回は珍しく、まんまタイトルどおりの記事です。
ゲームを「めんどくさい」と思う人向け

ある一定の頃から、ゲームの電源入れることさえめんどくさくなってませんか
なんというか、筋トレを始めるように、ちょっとした勇気というか執念を必要とする……というか。エイヤと思い切って始めないと、なかなか後が続かない。
なんかもう、とにかく「めんどくさい」。

でも「やりたい」って気分だけはある。エロい

……って気持ちを分かる人に向けてこの記事を捧げます。
ついでに言えば、時のオカリナは絶対正義だって人や、MHP2世代は僕と同年代と思われます

さて。
本題に移ります。

僕は最近PS3を買いました。3です。3なんです。4ではありません。
社会人になる前に、MGS4をやりたかったんです。シリーズ全ての謎を知った上で、愛社者(パトリオット)になろうと思っております。これが学生生活最後の……帰還報告(デブリーフィング)
何を言ってるか分からない人はスルーして下さい。

さて、そんなこんなで中古の型落ちPS3を買いました。かなり安上がりでした。

まーあまりにも長い間ゲーセンのゲーム(COJ)にハマってたので、家でゲームする時間増やそうって意図もあったんですね。
そして、「わーいPS3やー」とか言いながらPSをいじってたら、ある事実に気付き、こんな顔になりました。



月500円でフリープレイっすか。空の軌跡っていう超名作RPGとか色々。
うそやん。そこまでゲーム業界進化してたんや……。

ワイも老いた……。

だってもうなんか、電源入れるのも結構勇気というか、執念いるんだよ。
この感覚、一体なんなの。


まずは一つ目の視点。ゲーム的な部分から。
こっちはさらりと終わらせます。あまり「昔は良かった、なのに今のゲームは」っていう論調には持って行きたくない。
だけど強いて言うなら、QTE特に即死系のあるゲームを作った人間は逮捕していいと思う

今に言われたことではないんだけど、QTEは本当、クソです。
QTEっていうのは、ムービー中に突如ボタンを押せって命令が出てきて、押せなきゃ死んだりするアレです。

アレは本当にクソです。ゴミです。
特に、脈絡なくボタンが出てくる奴。本当にあれ、何なんですか。なんで俺は今まで×ボタンで回避してたのに、ムービー中に◯ボタン押して回避してるんですか。しかもそれ暗記しないと先に進めないってなんなんですか。

こんなんだからゲームするのめんどくさくなるんですよバーカ
……と言いたい気持ちは滅茶苦茶ありますが、実はこのことは全然本質的な問題じゃないと思ってます。

この「ゲームの中身的な意味でめんどくさい」は人によって色々とあるんじゃないか、と思います。
ちょっとだけ、ソシャゲの話をします。
僕は艦これ以外のソシャゲもとりあえず色々とDLしてみましたが、大半「無理」ってなってやめました。なんつーか、ゲームくらい好きに遊ばせてくださいよ……ってなっちゃう。何故逆に艦これはできたのか……結局、好みの問題なのだろう。ただ、艦これってとかスーファミの理不尽クソゲー思い出すんだよな……いや、これ褒め言葉なんですよ。スーファミ時代のクソゲーって、味があってついやっちゃうの多くありませんでした?

ちなみに筆者は伝説のクソゲー、「建設重機喧嘩バトル ブチ切れ金剛」も「闘魂ヒート」も全クリしてますからね。

でもそいつら二つに比べても、QTEゲーはクソだと思います。……冗談抜きで、伝説クラスのクソゲーと呼ばれているこの二つのゲームさえ「画面に出てくるボタンを押しましょうね―、押せなきゃ即死にしましょうねー」なんていうクッソ甘えたシステム組み込んでなかったぞ……。

何の話だっけ?
そうそう、何故ゲームが面倒くさいかって話だ。

さて、実質的な結論。二つ目の視点
それはやっぱり、僕達が大人になっちゃったってことでしょう。

何故大人になったらゲームがめんどくさくなるのだろう?

……僕の話をしましょう。僕は人生で誇れることがあまりありませんが、一つ、一生自慢し続けようと思ってることがあります。

ファミコンの「ゼルダの伝説」あるじゃないですか。まあ僕がやったのはGBAの移植版なんですけど。
「ゼルダの伝説」には「裏ゼルダ」っていう鬼畜難易度モードあるんですよ。

僕、それ攻略本無しでクリアしたんですよ。

……

……いいんです。分かる人だけ分かってくれればいいんです。分からない人は、とりあえず「拷問に耐え切った」って認識してくれればオッケーです未だに、攻略当初ハートのうつわに襲撃される悪夢を見たことを覚えています。

さて、この話とこのブログのテーマ、「何故ゲームを僕たちはめんどくさいと思うのか」に何の関係があるのか。

「昔」なら、拷問レベルのゲームにでも耐え切れるくらい、謎の熱があったんですよ。
でも今はそれを持てない。今「記憶消して裏ゼルダクリアしてみて」って言われたら、絶対に「無理」って答えます。っていうか記憶消さなくても無理です。そのレベルです。

昔っていつのこと?
大体、小学生から中学生くらいと考えて下さい。
高校生になったら、何故かゲームの量は減り、読書の量が増えるようになりました。
大学生になったら、読書の量さえ減り、ネットの量が増えるようになりました。

そして最近電子書籍を禊のように購入し、なんとか全盛期の読書量を取り返しつつあります。

昔は……ゲームに没頭できた
本当に、何故でしょうかね。

ひとつはオカンの存在。ゲームは一日一時間、あるいはそれに準ずる制限。
……やっぱり、アレ大きかったのかも。「ゲームに飽きない」ために。……ああ、そうか。もうゲームの時間を制限してくれるオカンはいないんだ……いや、生きてるけど。

その代わり、業者が制限するようになった。
ソシャゲとはまさにそのシステムである。

なんて、ちょっと極論だろうか。

それとは別に、何故子供の頃はあそこまで一つのことに没頭できたのだろう
やっぱり世間を知らなかったからか……僕は「昔は良かった」っていうモノの言い方は大嫌いだ。反吐が出る程嫌いだ。むしろ僕の小中時代は暗黒期だった。

……だけど。
ゲームに対する熱意だけは、半端無かったんだよ……。

何故あの熱意を持てたのだろう
今の世界は、僕にとってあの頃に比べて情報や知識で満ちてるのかなぁ。
「貴様Mistirは多くのことを知りすぎた」。ネットにせよなんにせよ、情報や知識で脳みそが肥ってしまうとさ、何か「バカバカしいこと」ができなくなってくる。

ほら……例えば、意識高いタイムマネジメント的な考え方あるじゃん。やったこと全て記録して云々ってやつ。いわゆるライフログとか。記録によってモチベを高めましょうってアレ。

でもその考え方からは、「裏ゼルダをクリアする」って発想、絶対に生まれないじゃん

ゲームってさ、効率、合理性、そんなところとは最も反したところにあるんだよな。
もちろんゲームクリアそのものにはプレイングの合理性追求が求められるけど、合理性を追求することに対する合理性はない。

いわば、ただの無駄。何の役にも立たない。
言い換えれば、極めて純度の高い、娯楽

ならアニメやラノベ、映画とどう違うかっつーと、能動的かどうかってことになる。
ゲームは比較対象と比べると、明らかに能動的だ。
それに、飲み会やデートのような「毎日はやらない」ものではなく、ゲームってクリアしようと思うなら「ある程度毎日コツコツする」ことが求められる。

毎日コツコツすることが必要な、純度の高い能動的娯楽。
実はこんな存在って……ゲームくらいしかないんじゃないか

さて、そろそろ結論です。
結局僕らには……能動的で純度の高い、毎日コツコツする娯楽を娯楽として楽しむ程度の心の余裕がなくなってるのかもしれないね。
頭では解ってる。そういう「無駄」こそ必要なのだと。だけど、その「無駄」を能動的に摂取するのは、しんどい。それなら「有益」を能動的に摂取するほうが楽かもしれない。筋トレや、ちょっと難しい読書のように。
少なくとも、ゲームをやるくらいなら……受動的に楽しめるコンテンツの方が、気が楽。何故って、もはやこの高速化した世界では仕事やら何やらで常に能動的であることが求められるから。

娯楽くらいは受動的に、徹底的に受動的にさせてくれ。
あるいは徹底的に能動的でもいいけど、瞬間的なもの(飲み会もある意味そうか)なにさせてくれ。

こんな感じなのかもしれない。
まぁ的はずれなことも多いと思うけど、「ゲームでさえもはや能動的な趣味」ってのはあながち間違ってないんじゃなかろうか。


さて、ここからは余談。
昔は思ったものです。「読書は昔はヤンキーの行為だった。だからいつか、『賢くなるためにゲームをしなさい』と言われる日が来るのではないか」と。

……そんな時代が来る前に、自然とゲームをする人が減っている。僕の中ではソシャゲは「ゲーム半分」って感じの存在なので、「ゲーム」に入れていいのか悩むところです。老害思考にはなりたくないので、別に批判はしません。即死QTEは許さないけど

で、話を戻すと。
結局「賢くなるためにみんなゲームをしましょう」って時代は来ないかもしれないし、でもあながち「夢想」でもなくなってんじゃないかな、って思わないでもない。
だってさ、僕がシンプルに何かに対してひたむきに突き進むっての、間違いなくゲームから学んだんだもん。ついでに言えば、「そこに努力というラベルは貼り付けられない」ことであるとか、「クリア後には闇しか無い」って事実とか。
大事なことはゲームが教えてくれた。

……だから、「賢くなるためにゲームしましょう」っていう時代が来ないなら。
僕が言いましょう。「時代」の代わりに。「時代」を代表して。

みんな、バカな大人にならないために、ゲームという無駄を愉しもう」ってね。

さーて、アンチャーテッドと今月のフリープレイのディスガイアやるかぁ。ディスガイア……俺の時間が……。

今回はここまで
お読みいただきありがとうございました

【今回のおまけ】
卒論提出か
ああ、もうアクシデントは起こらない
アレ(過去の提出ミス)がアクシデントだと?アレは貴様の虚栄心が招いた必然だ
なに
確かにいいテーマだ。だが、その論文の語り口(エングレーブ)には何の戦略的優位性(タクティカルアドバンテージ)もない。実用と観賞用は違う
く……
それにお前はもう一つ、根本的な誤解をしている。お前(学生)に俺(教授)は倒せない

という夢を見た気がした。以上。

コメント

tabuthi
No.12 (2015/10/07 09:27)
すっごく分かるわ~。
俺も最近ゲームを買っても、昔みたいに説明書も読まずプレイするってできないし、積みゲー化してるのが多々あります。
本当にやりたくて買った3DSのRPGも一周目クリアしたら、2週目がめんどくさいんですよね・・・。ストーリーが劇変するわけでもなく変わるところまでがもうめんどくさい。引継ぎ要素が多くて戦闘はらくらくすぎるし、変化がすくなすぎる。 真・女神転生ifのアキラルートみたいに劇変要素があれば楽しい2週目なんだけどね・・・。
もふる
No.13 (2015/10/28 16:33)
仕事辞めよう、それが正しい生活の仕方
Yanarchy19420618
No.14 (2016/04/12 08:18)
ゲームって面白いの?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事