MistiRoom

Twitterに疲れたら読んでください

2014/09/30 23:09 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • Twitter
こんばんは、Mistirです!
突然ですが、Twitterに疲れたヤツはいねーか!?

俺だよ!

はい。最近Twitterにクッソ疲れてきました。
何度も垢消して、何度も垢を作りなおして、何度も消して、何度も……嫌になってます。
それでもなおタイムラインを追うことをやめない自分自身にも疲れています。ってことで……今回は自分自身に言い聞かせる記事です。Twitterが無くても生きられるぞと、当たり前のことを当たり前のようにほざく記事であり、ぼやく記事です
だから「Twitterに疲れる」って感覚、Twitterをやめたいって感覚が理解できないって人には一切必要のないシロモノです。ですが、同じ感覚を共有してる方には何か伝わるものがあると思います。
いつもに増してキレのない記事なので、脱力しつつ居酒屋のおっさんの話を聞くつもりでお読みください

いやー……なんで僕はTwitterやめられないんですかね?
ついでに言えば、この記事読んでる皆さんも。なんでTwitterやめられないんすか。あんなの時間のムダじゃないっすか。
……わかっちゃいるんですよねぇ。僕も分かってます。
でも僕は時間のムダだからやめろっていう言い方が嫌いです。そういうことを言う人間はご勝手にムダではない効率的人生を歩めばいいだけの話です。
セルフ論破しちゃったよ!

……さて。何故Twitterなんてやってるのか。
人と繋がるっての、やっぱ快感なんですよね。卑猥な意味じゃなくすまん
例えばRTって、この世で最もみみっちい、かつこの世で最も確かな確定的同意表現ですよ。
現実の「それな」「わかるわ」よりもTwitterでRTされた上で「それな」って言われると、それってナマの感情って分かるじゃん?わざわざTwitterでまで「話を合わせる」必要なんて無いのに、それでもわざわざ発言してくれるってことはそういうこと。
あんな簡単に、手軽に自己顕示欲満たしてくれるツールって無いんです。

さらに言えば、ゲームやら趣味やらでワイワイ出来る場所って昔は無かった。強いていえばwikiに張り付く程度。それが今や簡単に意見を共有できる。ワイワイ出来る。ある意味サークルに参加してるような、そんな感覚を得られます。

もしTwitterやめちまったら僕はどこであのマイナーゲーの話で盛り上がったらいいんですか。
あー畜生。

……ん?もしかして、僕の楽しみってゲームからそのゲームに関して語ること、盛り上がることに移行してる?ゲームそのものを楽しめていない
……そう、大抵コンテンツよりも、コンテンツを語ることのほうが楽しくなるときって、コンテンツの魅力が薄れてるときだ。そこまで好きなら語るより直接それやれよ!って言いたくなるとき、ありません?
話逸れてきた。

でも、あのRTってシステム。考えると確かに確定的同意表現であることには間違いないんだけど、もう一つ凶悪すぎる側面持ってる。
ワンクリック晒しあげシステム
失言は黙ってRT。潰せ潰せ―!晒せ晒せー!二度と表に顔を出せないようにしてやれー!
こえーよ!!!

以前の記事でも書いてるんだけど、僕はバカッターに凄く関心がある。
あれは罪に対して適切な罰なのか?
Twitterっていうツールが発達したことで、ナマの、むき出しの悪意に触れる機会が増えちゃってないか?

俺もうイヤなんだよ、そんな悪意に触れるの。繊細すぎるかもしれないけど、ワンクッション置いてそれを客観視するだけでももう嫌になってきたんすよ。
で、明日は我が身、自分が失言をすると晒しあげられる。
じゃあ発言するメリットってなんなの? 「オモシロイ」ツイートで、RTされて満たされる、読まれて満たされる自己顕示欲。それって他のことする時間殺してまで得たいもの

このブロマガは僕にとって必要なものって位置づけです。便秘を起こした考えを、誰かに発信するって心づもりで必死こいて書く。そうしてる中で見えてくるものも滅茶苦茶多い。だから、そのために僕の最も好きなアルバムであるあさきの「天庭」を聞きながら、必至で色々書く。
それでもなお、書き漏らす。
じゃああの140字ってなんなんだ?詩なのか?
壊れた言語活動、ギリギリの言語活動、断片的言語活動の奔流に身を任せて、僕は何を得た?何を失った?
ピャー(崩壊した言語活動)。

こんな、Twitterに張り付く時間があるなら、僕には読みたい本が山ほどあるんだ!
それこそKindleでいっぱい買えるじゃないっすか。時間潰し?潰せる時間があるなら本を読んだほうがいい。潰せる時間があるなら筋肉を鍛えた方がいい。
もちろん、そんな「修行的な」生き方なんて、普通できない。思考停止して時間つぶしすることも必要だ。だけどね、その時間として長いこと取られすぎじゃないか
ここで「いやー極端だよそれ」って言える人は多分Twitterと上手い距離感で生きられてる人だと思います。Twitterなんて一瞬パッと読むだけだよ。一日5分も読まないよ。でもそんな人はそもそもTwitterに「疲れる」って感情沸かないんじゃないか。

俺は本当疲れました
本当、なんでこんなことやってんだろ。酒やタバコと一緒だ……

じゃあどうやったらやめられるのか。
ここで「一日にTwitterを見る時間を決める」なんて言える人は健全な人ですね。それはもう、優等生の論理です。まず一日に時間を決めるとどうなるか。その時間を律儀に守る理由がだんだん分からなくなります。というより、Twitter見るメリットのほうが我慢してイライラするよりも良いように思えてくるんですよね。

だったらどうするか。
もう徹底的にTwitterのこと嫌いになるしかないじゃないか。
僕はフェイスブックは使っていません。何故か?徹底的に嫌いだからです。生理的に虫酸が走る。何が悲しくて実名公表してる輩のお楽しみ写真見なきゃならんのだ。家の熱帯魚観てた方がよっぽどいいわ。

……だけど、Twitterはやってる。なんでだ。
結局、それなりに「好き」なんだと思う。あの自分の趣味で満たされた空間が、同じ趣味を共有してる安心感を常に得られている空間が。ぬるま湯だ。頭を溶かす毒の湯だ。

唯一の方法はおそらく、虚しさを徹底的に実感することだ。冷静に、自分にとってTwitterがどんなメリットを与えてくれているか考えるといい。ここで言うメリットってのは「賢くなる」とか「筋肉がつく」っていうある種即物的なメリットではなく、酒やタバコのように「安心感を与えてくれる」でも「愉快な気分にさせてくれる」でもいいです。
それを全部書き出してみる。そして、その時間ができたらやれたことも同時に全て書き出してみる。

どう?虚しくなってきたでしょ?Twitterやってる時間あったら何ができました?
僕はアニメが観たいんですよ。本が読みたいんですよ。映画が観たいんですよ。ゲームがしたいんですよ。絵が描きたいんですよ。その他色々あるんですよ。

分かったらさっさと垢消せ!

……ああ、垢消したらどうやってこのブログ広めよう(記事の最初に戻ってください)


はい、アホらしいこと言うのやめてそろそろ結論です。
やっぱやりたいことしっかりリストアップして、そのために必要な時間をどれだけツイッターに奪われてるか心の底から実感する以外、方法はないと思います
そして思い切ってアカウント削除!!ハイ、Twitter開いて!消したときのデメリットは考えず!ハイ削除!ハイ消した!オッケー!!!

ふう、消したぞ。やったぞ、俺はついにやり遂げたのだ!!
サブ垢削除(メイン垢は残る)!!

おしまい!!

【追記】
ニコ百の「産経新聞」の記事があまりに偏ってたんで編集したんですが、僕が編集した直後辺りから一気に掲示板の議論が加速したんですよね。すっげー面白かった。なんか人がいかに偏った意見に左右されてるのか見た気分。このことももしかすると次の記事で書くかもしれません。

コメント

(著者)
No.2 (2014/10/01 19:33)
>>1
確かに無意味なネット巡り、楽しいんですよね。まぁぶっちゃけると、僕が疲れてたのは本アカウントじゃなくてゲームのために作ったアカウントの方だったみたいです。めっさ煽られてましたからねぇ……wwゲーマーの集団に自分は合わなかったようです。
ない人
No.3 (2014/10/01 20:25)
だからいっそのことフォローしました。
(著者)
No.4 (2014/10/01 22:04)
>>3
ピャーwwww(壊れた言語活動)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事