みなみのブロマガ

MSX2版ドラゴンナイト2をある程度快適に実機プレイする方法

2014/04/03 01:52 投稿

  • タグ:
  • MSX
  • レトロゲーム
  • elf
  • ドラゴンナイト2
  • ドラゴンナイト
  • エルフ
  • ゲーム
  • msx
ブロマガなんて使うつもりも無かったんですが、配信内容で忘れたくない内容のメモ代わり
には良いかという事で使ってみようかと思うのであります。

MSX2版ドラゴンナイトのディスクアクセスは極悪だというリスナーさんのお話が出て
しばらく後、頼んでもいないのにわざわざドラゴンナイト2を持ってこられました。ぐぬぬ

やってみると確かにディスクアクセスが長い・頻繁・入れ替えも頻繁という事で当時elfの
持つMSXプラットフォーム向けの技術力は大変低い水準だったというのがわかりました(^^;
まあ、話には聞いていた事だし雑誌でグラフィックを見る限り88からのpoorなコンバート
でしたから当時も別に興味を持たなかったのですが…。

ハードウェア的に高速なフロッピードライブを接続してプレイするとかなり良くなるのですが
ディスクの中身を見てみると、MSX本体のドライブでもある程度快適さを獲得する事が
出来そうでしたので、今回はこれをメモに残しておこうと思います。

■用意するもの

 ・MSX2本体 (Main RAM256KB 512KBあれば言うことなし)
 ・MSX-DOS2 (Versionは問いません。)
 ・ディスクキャッシュドライバ (Tsuyoshi様作DOS2CASH又はろけっとましん様作LUNA)
 ・ドラゴンナイト2

■やり方

 ・MSX-DOS2とディスクキャッシュドライバを入れたフロッピーを用意する
 ・CTRLキーを押しながらMSXを起動、MSX-DOS2を起動する
 ・ディスクキャッシュを常駐させる
  DOS2CASH使用なら"DOS2CASH 512" LUNA使用なら"LUNA" 
 ・ドラゴンナイト2のAディスクと入れ替え"BOOT7.COM"を起動

これで起動出来るかと思います。実際にテストしてみましたがディスクキャッシュという
性質上、初回のディスクアクセスは相応にかかるものの、一度読み込んだ部分を行き来
する分にはかなり高速に処理されます。特に読み込みがやたら多いダンジョン内での
効き目は素晴らしく、これなら全然プレイ可能といった印象です。

環境をお持ちの方は是非お試し下さいw

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事