みるきゃらのPC系ブロマガ

VOCALOID生放送にてUTAUの扱いに対する統一見解が出せない理由

2013/03/04 20:50 投稿

  • タグ:
  • ニコ生
  • 動画紹介
  • VOCALOID
どうも皆さん!ミルキーキャラメルです!
今回は個人メモなのでVOCALOID生放送で生主をやろうとしているような方以外は見ても意味ないです。
あと、議論にリアルタイム参加していたわけではないのでただのまとめみたいなものです。

---------------------------------------以下予備知識------------------------------------------

・UTAUとは何か

UTAUとは、飴屋/菖蒲(あめや・あやめ)がフリーウェアとして配布している、Windows、MacOS用歌声合成ソフトウェアである。2008年3月に配布が開始された。2011年5月27日にはMac OS X版である「UTAU-Synth」が公開された。 歌唱合成ソフトでは、「ユーザーが声を採取して作成した音源を歌唱(音階の調整など)させることが可能」なソフトの一つである。 --wikipadiaより引用
・VOCALOIDとは何か
VOCALOID(ボーカロイド)とはヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。略称としてボカロという呼び方も用いられる。メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。対応する音源については、主にヤマハとライセンス契約を締結した各社がサンプリングされた音声を収録した歌手ライブラリを独自に製作し、ヤマハ製のソフトウェア部分と組み合わせて製品として販売されている --wikipadiaより引用

実はこの2つのソフトは一見似通っていて全然違う物であるということがおわかり頂けるだろう。

・VOCALOID生放送が作られた経緯について

皆さんがご存知の通りVOCALOID生放送は”初音ミクライブ”の派生であるが、初音ミクラ
イブができた当初は、VOCALOID自体が少なかったため、初音ミクライブで他VOCALOID楽
曲も取り扱われていたようである。

時は経ち、他の音声合成、つまりVOCALOIDも取り扱おうという事になり、現コミュ主であ
る初代氏を中心に立ち上げられたのが現在のコミュニティである。

この経緯がUTAUに関する解釈を大きく二分している要因の1つである。
-------------------------------------------予備知識以上----------------------------------------

では、本題に入ろう・・・
今現在、VOCALOID生放送では”放送主”の”独断”でUTAUを流せる場合がある。
それは”コミュニティ”としての統一見解が出せないのが主な理由なのだがこれにはいろいろな生主の思惑が交差して議論が平行線を辿り続けた歴史があるのである。

主張1 ~新しい物の登場による名前変更例があるのだからUTAUにもそれを適応すべし~

これは見たまんまの理由である。
ミクライブで他ボカロを扱い、派生としてボーカロイド全体を扱うコミュを作ったのだから似たようなものであるUTAUもこちらのコミュで扱うべきである。
というまあ、そこそこ筋が通った主張である。
ならば、UTAUのコミュで紹介をすればいいのではないかという議論も当然のように生まれるのだがここで活発的なUTAUを流しているコミュニティが殆ど無いという現実が炙りだされてしまう。

主張2 ~VOCALOIDとUTAUは仕組上別物であり、ボカ生で流すべきではない~

こちらも見たまんまの主張である。
ミクライブでもボカ生でもあくまでVOCALOIDしか扱ってこなかったのにいきなり似ているだけの別物であるUTAUを流すべきではない。
というまあ、そこそこ筋が通った主張である。
当然、UTAUが無かったのだからVOCALOIDしか扱っていなかったのも当然だという議論が巻き起こってしまう。

とまあ、両者イマイチ決定打が無い対決が毎日毎日スレを舞台に繰り広げられ、その間に環境も代わり、議論も硬着状態となる。

そして今の現状が完成していった。

もちろん、主の独断にて行われているため、”独断”という行為自体を否定する議論も起きたがそれはまた別のお話。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事