見切り発車Pのブロマガ

【猫村いろはV4】 Any Colours 【体験版】 を投稿した

2015/06/07 20:38 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • 猫村いろは
  • 見切り発車P


最近またジョージ・ハリスン熱が出てきていて、「All Things Must Pass」と「Living In The Material World」、および「Early Takes,Vol.1」を聞いた。その経験が素直にと言うかそのまんま出てきたような曲。
ジョージは弾き語り状態で曲を作っていると思われ、「メロディ、リズム、ハーモニー」という基本的な部分で非常に優れている。及ばずながら頑張った。

曲の特徴としてはAメロがいきなりEm7(Ⅱm7)から始まる。そしてDadd9(Ⅰadd9)に向かう。両方高いほうで「レ、ミ」の音を鳴らしており、ペダルポイントっぽいアプローチになっている。
BメロではAm(Ⅴm)が登場。これは「All Things Must Pass」からの影響まんまである。
サビはちょっとザ・バンドの「I Shall Be Releast」っぽい。「All Things Must Pass」あたりでのジョージはザ・バンドに影響を受けまくっていたのだ。その影響をさらに自分が受けるという感動的なストーリー(?)。

最近歌詞に苦戦していて今回もノープランで書き始めた。冒頭は音の感じからなんとなく「Morning」にして、「Morning」だから「薄暗闇」という連想ゲームみたいな作り方をした。さらに薄暗闇から色がつくということでテーマをColourに後付けした。
しかしその割にはうまく行った歌詞だと思う。
「どんな色だとしても(僕の色と違っても)きっと美しい」というのは座右の銘にしたいぐらいいいこと言ってると思う。
人種とか政治的信条にまで広げられるし、すごくパーソナルな部分にも届きうる。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事