見切り発車Pのブロマガ

【猫村いろは】 碧の丘で 【オリジナル】を投稿した(昨日)

2014/05/22 22:33 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • 猫村いろは
  • 見切り発車P

昨日力尽きて寝てしまったので今日ブロマガ書く。
この曲はAメロのコード進行、F Gm(9,11) Csus4 F みたいな部分からできたのだと思う。9thだのsus4だのが入ってくるのは、開放弦を鳴らしっぱなしにしているから。カポタストをつけているのでキーはFだが押さえ方はEのつもりで押さえている。

Bメロはリズムと小節数が変則的。フォーク系だとわりと変則的な小節数とかはよくある。ポール・サイモンとか。この曲は、アレンジはフォーク系かと言われると迷うが、コードとメロディの感じはフォーク的なので合ってると思う。

で、Bメロ後半でF7sus4 F7を鳴らしてサビではB♭に転調……、したつもりがすぐにF(Dm)に戻っている。サビで転調しようと思ったのは「狙い」だが、その後Fキーに戻ったのは偶然。たぶんメロディを考えるときに、頭の中にまだ直前のFキーの感じが残っていたのだと思う。大々的に転調するのもいいが、こういう微妙な転調も浮遊感があって素敵。

サウンド的には、左のギターがブルースドライバーのクランチぐらいの設定。右のギターがマーシャルアンプのシミュレーター。どちらもリバーブを深めにかけている。このリバーブ深めが今回のミックスのテーマだったりする。ミックスの練習したいから書いた曲だったりするので。

今まではリバーブとかコンプを、「音が変わった」と思うギリギリ手前のところで設定していたが、今回は明確に「音を変えるつもりで」設定している。まあ、エフェクターって音変えるものだし? 音に迫力がでてきたんじゃないかと思うし、いいんじゃないかと。次もこんな感じで行こう。

歌詞はCoccoのRainningっぽいイメージで書いた。サビのメロディがRainningや斉藤和義の歌うたいのバラッドのような、跳躍の多い感じを狙っていたので、その流れ。状況説明の部分と言葉の響きの部分が噛み合っている、自分の歌詞の中でもいい感じな歌詞なんじゃないかと。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事