見切り発車Pのブロマガ

【猫村いろは】 人の間 【オリジナル】を投稿した

2018/04/29 00:03 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • 猫村いろは
  • 見切り発車P


この曲は自分的には珍しい作り方だった。
自分は曲先と詞先だと完全に曲先なほうで、
  • 1番からラストまでの構成が完成した時
  • 打ち込みまで完成した時
のどちらかに歌詞を書く場合が多い。
のだが、「人の間」については曲の1番を作りながら同時に歌詞を書いていった。
(2番、3番は1番ができれば同じ構成で行ける場合が多い)

ちなみに、作曲もコード進行を作ってからメロディを決める、メロディを作ってからコードを当てるなどあると思うが、
自分の場合はそこが同時進行になる作り方が多い。

このメロディいいな
→それに合うコードを当てよう
→コードがこう動くんだから次はこのコードだな
→それに合うメロディを当てよう

というふうにジグザグな感じで進んでいくのだ。
「人の間」の場合、歌詞も同時進行だったのでさらに複雑な順番になったが、
なんとかなった(たぶん)。

曲歌詞同時だったためか、いつもと違う感じの部分も見受けられる。
サビは平歌部分より高い音域を使うのがもうクセになっていたのだが、
「人の間」ではサビのほうが低い。
これはサビは盛り上がるべきだろうということで高くしていたというかなっていたのだが、
「人の間」の場合、コード進行がわりとサビで動くので、
そこで盛り上がりを感じられる(たぶん)。

あと冒頭のピチカート奏法のストリングスが徐々に増えていく部分、
あれは完全にその場のアイディアで作った。
あれ重要だと思うのでその場であれが出てきたのはこの曲にとってラッキーな出来事だった。

歌詞については、漫画DARK EDGEのラスト付近に出てくるセリフ
「人として人の間で生きたい」を引用? している。
人間=人の間という、いかにもありそうなネタだが案外使われて無さそうだったのでこの度歌詞にしてみた。
DARK EDGEのほうは不死族(そういうのがいるんだよ)の王になるか人として生きるかの瀬戸際という
まさに人間としてギリギリの局面で出たセリフなのだが、
この曲の場合はもうちょっと緩やかに、
「生きてきてよかったなあ」くらいのニュアンス。
でもテーマがテーマだけにちょっと死の匂いのする歌詞になっている。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事