見切り発車Pのブロマガ

【初音ミク】 ゼンブワタシ 【オリジナル】を投稿した

2017/03/25 20:44 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • 初音ミク
  • 見切り発車P


以前からちょっとやってみたかった全部ミクを今回試そうと思って、もう試すこと前提で曲を書いた。
イメージとしてはプリンスや岡村ちゃん。そのバラードサイドを想定してゆったりした曲を作った。
実際にはプリンスや岡村ちゃんの持つバキバキとした鋭さはあまりなく、ゆるい感じに仕上がったがこれはこれで。

作曲面でのトピックとしては和音の転回形を使ったこと。
イントロとAメロはE♭→B♭→A♭というコード進行でベースがE♭ B♭ F G A♭と移動する。
この時B♭onFとでも言うべき転回形が現れる。
ベースはコードのルート音を弾いているのが好きなので転回形を使うことは今まであまりなかったのだが、今回はベースを動かしてるうちにそうなった。

そのベースが音作り面でもうまく行った。
サンプラーとしてKontactを使ったのだが、「ボン」という短いミク声と、「ンーー」という長いミク声をレイヤーしている。
その上で、ローパスフィルターをかけて低音を強調したところ、なんかこういうベースありそうという音色に仕上がった。
ウッドベースっぽい気がする。

他にもせっかくなので色々試した。
以下、記憶によれば、
キックは「ダン」というミク(無声音)の「ダ」のみを強調し、ピッチエンベローブをかけて音程がよくわからない状態にした。
スネアは「ザ」というミク(無声音)の子音を切り抜き、コンプレッサーをいっぱいかけた。
ハットは「チー」というミク(無声音)の子音。舌打ちっぽいチとチに聞こえるチがあるがどちらもサンプルは同じ「チー」。
以上3つのドラム系はBatteryを使用した。
「ゴー」みたいなノイズはミクさんのブレス音を使った。逆再生したかもしれない。
「ディン、ディン」は左右にピンポンするようにしたが、ディレイではなくトラック2つで作っている。
これらは波形をそのまま貼ったと思う。
「ポー」というミク声にビットクラッシャーをかけたら「にゃー」みたいになった。ビットクラッシャー楽しい。
確かKontactを使った。
ギター(仮)は「ポー」というミク声を歪ませたもの。
ストリングス(仮)は「トゥー」というミク声のピッチを上げたもの(低いミク声を高くして再生)。
これらはStudioOne付属のサンプラーを使った。

たぶん以上で全部だが今回作業中のトラックをできるだけ残して作業したため、過去最大のトラック数になった。
自分の現在の環境(Mac Mini)はお世辞にもパワーが有るとは言えないため、今までは作業が済んだらトラックを消していたのだが、「トラックを無効化する」を使うとそんなにマシンパワーを使わないことが分かったので無効化して残す方向に変わった。

歌詞はせっかく全部ミクなのでそれにちなんで、ミクさんが作り上げた世界(夢の世界)を舞台にした。
ちょっとサイケなところが過去曲「Limbo」に似ている。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事