見切り発車Pのブロマガ

【猫村いろは】 雨上がり 【デビューの日】を投稿していた

2016/10/23 20:11 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • 猫村いろは
  • 見切り発車P
  • VOCALOID2猫村いろは六周年記念


急に寒くなりましたがみなさんお風邪など引かれてないですか。
自分は引きました。もう1週間くらい咳が止まりません。

それでもいろはデビューの日には投稿したかったので、ちょっと作業しては寝て次の日ちょっと作業…というふうにけっこう苦労して作ったのがこの曲。

ギターのアルペジオのフレーズが基本的発想のすべてで、ベース音が「G B C D」と動くのに対し高い音で「B A G F#」と下がってくる。
これはなかなか使いでのある発想法だとわかったので、今後も別の形でこういうアプローチをとるかもしれない。
もう一つ、ベース音がベース音のわりに高い音なのも特徴。4弦5F、3弦4F、3弦5F、5弦5Fと移動する。カッティング奏法でもない限り、ベース音を3弦で取るというのは自分的には今までなかった。

このアルペジオ、特に高いベースを活かすべく、楽器のベースは入れないで作った。
ベース音も高い音(トップノート)もかっちりしているのでメロディはどうなるかなと思ったが、最初の「木々の色が」のところが浮かんだらあとはわりとスムースだった。

ここまでがAメロになるが、Aメロの時点でなんとなくビートルズのBlackbirdに近いという印象を得ていたので、Bメロはさらにビートルズっぽくした。
ホーンセクションの導入と、インド楽器タンプーラの使用がそれ。
ビートルズのホーンセクションは、ヘイ・ジュードのようなあんまりフレーズっぽくない白玉としての利用と、サヴォイ・トラッフルのようなキメキメのときと両極端だが、今回はヘイ・ジュード風のフレーズっぽくない使用法。
さらにタンプーラでみょーんとさせてドリーミーにした。

この後歌詞を書くわけだが、AメロはともかくBメロのハッピーさがあったので、明るい歌詞にしようと思った。
で、最近雨上がりの道を歩く機会があり、ちょっと印象に残っていたので、雨上がりを題材に。
Aメロで情景を描きBメロで人間を描くという構成になった。
本当なら「人間を描く」部分を強く出したかったというか、「雨上がり」は一つの比喩でこれは人間の詞なんだなぐらいのバランスで行きたかったのだけど、そこまでは行き着かなかった……。
まあ結果として気楽に聞ける2分間ポップという形で仕上がり、良かったかなと思う。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事