ぐだぐだ独り言のち放送事故

舘向裕也は何処へ行く?

2020/05/15 23:59 投稿

  • タグ:
  • 近況報告
  • 独り言
  • 独り善がりごと
  • プロフィール

[:contents]

はじめに

今日,ポッドキャスト「backspace.fm」リスナーのシンゴさんとお会いした。((プレビューの右の方。左は筆者))

backspace.fm

mstdn.guru

2月8日に山形テルサで開催される「AUGM山形2020」に参加されるため山形市にいらっしゃったようだ。

augmyamagata.wordpress.com

ちょうどシンゴさんの新幹線乗車のお知らせを拝見して,バス回数券を買うついでに出待ちするか……と思い立ち,シンゴさんの到着に合わせて山形駅を目指すも,路面状態を読み違えたまま自転車で強行するヘマをやらかし,山形駅東口で数度すれ違う事態に……((最終的に会えました))

グルドンにも載せましたが,改めて((大事なことなので,太字で))

シンゴさん,ありがとうございます!

次回はAUGM, 若しくはオフ会に参りたいと思います。その時を目指して頑張ります。

mstdn.guru

……さて,ここで「それを繰り返すためだけにこれを書いているのか?」と誰かが問いそうなので先に答える。

この投稿は「いま,自分が何をしたいのか」なけなしの思考で頑張って捻り出してみた結果紛いの何らかだ。……俺は何を言っているんだ?

「舘向は何がしたいのか分からなかった」

シンゴさんとお会いした際に,様々に雑談した中で,やはり気にせざるを得ない指摘がある。「舘向は何がしたいの?」というものだ。覚悟はしていたし,自分もその問いに今やっと答えられるかも,という体たらくだし,指摘は的を射ているし,とにかくこの指摘は当然だ。

シンゴさん(と筆者)が参加するMastodonインスタンス「グルドン」において,筆者の稼いだヘイトの総量の多さは,順位付けしてワーストの片手に入ってもおかしくない。他人の選択に不当に干渉する,インスタンスの時流を乱す行為の連続--ブロックされて然るべきな有様だ。当初の事情は今に引き継がれていない(初代のアカウントは消滅させたし,Google+も終了,Facebookグループもbackspace向けに開くことは予定していない)が,それは向こうにとっては関心の向かない話である。

気になったニュース記事を貼ってみる。backspace.fm の公開収録のためのネタ提供も兼ねていた。

気になったサービスを自分と一緒に参加してくれる参加者を募集する。

Mastodon Twitter Crossposter」の連結。

crossposter.masto.donte.com.br

Discordのように活用されやすいタイムライン上でbot紛いの振る舞いを続けて,プロフィールの周囲の環境は酷く悪化した。

現在地

かつて繰り返したあれやこれ,現在どうなったか?

ニュース記事の紹介ははてなブックマークに残すことにした。ネタ収集が積極的に行われていないこと,URL投稿の氾濫(開ける・開けないを問わず)などの理由から取りやめた。自分の趣味に関連する記事をたまに貼る程度((今なら「十三機兵防衛圏」がそうだ))

サービス参加者の募集は辞めた。ごく単純で「誰も来ない」から。

Crossposterはグルドンから離し,別のインスタンス「Fedibird」に繋げている。niconicoのニコレポやはてなブログの更新通知を同期するように設定している。グルドン上のプロフィールにbotは接続されていない。

じゃあ,何するの?

消費者から生産者になる,これが現在のゴールだ。

筆者がサービスを使うのは機能検証が主で,つまりそれは「消費者として損をしないために使う」こと,純粋な価値生産ではなかった。どう情報を整理するか,情報をどこまで広げるか,そこに終始し,何を発信するかは無頓着だった。

今回,思い切ってそこを考え直した。「お前は何がしたいのか?」それは「自分の思考価値を証明する」こと,そして「乱立する諸価値観の互いの距離を測る」こと,さらに「存在する差異にどう向き合うかを模索する」ことだ。

過去のある時まで「自分のアイデアは,少しの手間はあれ概ね周囲に受け入れられるだろう」と楽観的に考えていた。現存する課題を解決するためにどんな策を採るか,提案して全員賛成ととなった例は昔から少ないが,それでも対案がないので「とりあえずそれで行くか」と消極的に選択される。だから自分が抱える周囲との差異を,そこまで真面目に考慮していなかった。少なくとも義務教育の間は……

www.hachinohe-h.asn.ed.jp

そして高校で地獄を見る。同級生が五戸高校や三本木高校,または八戸市内の私立高校に進学する中,通学に際し生徒に課す要求がとりわけ厳しい(始業時刻が早い,休暇が少ない,大学進学以外の道は厳しい,など)八戸高校に進学する無謀は誰一人いなかった。当時の自分は八高以外に考えていなかったが,せめて三本木高は候補に入れても良かったな……(実家が十和田市に近い)とは思う。

かつての縁に頼れない場で,自分は人間関係の構築に失敗した。とにかく辛かった。相談施設を頼ることもしなかったので,ただ辛かった。

そろそろ誕生日が終わりそうなので

いま(2020年5月15日21時45分頃)もうすぐ誕生日が終わろうとする頃に,慌てて書いている。

いまから書ききるのは困難……だから追々話すかもしれない。

できる限り報告するので,そのつもりで……

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事