ぐだぐだ独り言のち放送事故

人力更新botが言うべきことではないが……

2020/03/13 03:50 投稿

  • タグ:
  • backspacefm
  • グルドン
  • Mastodon

https://ticklishcrab597.hateblo.jp/entry/blomaga/ar1875286
ある呟きについて。

mstdn.guru

きっかけ(近因)

mstdn.guru

mstdn.guru

煙たがれるアカウントについての言及は,そもそも自分のMastodonアカウントがその「煙たがられる」類のものだから,自分からはノーコメント。

mstdn.guru

ただ,インスタンスの「国境」についての話に及ぶとき,山形大学にて国際関係論演習に在籍していた(成績は聞くな……)者として,沈黙を守ることは難しい……((偉大な功績を残したわけではないけれど))

自分としては,たとえ手違いとは言えこのインスタンスに来たならば何らかの収穫を得て卒業してほしい,例えばより適切な投稿文に修正するとか,より適切なサービスへ引っ越すとか,ただ断絶するよりは前向きに感じる。少なくとも,同じ結末の繰り返しを強いられるよりはましだ。

……これ以上は愚痴になりそうだから,個人的「俺はこうする」選を書き連ねる。



[:contents]


YouTube更新告知はnoteやTumblrの「動画」フォームで

リスナーのYouTube参戦率が高いインスタンスであるためか,YouTubeの更新告知に使われる例は多い。

mstdn.guru

ただ,グルドンの住人がYouTubeに参戦するのは,backspace.fmのMC陣がYouTubeを続けるのに続くパターンが主で,その文脈に沿わないものは避けられる傾向がある。((そもそもインスタンス自体がローカルタイムライン上でのDiscord風な会話を主とする特性上,その流れを断つ投稿は避けられやすい))

ローカルタイムラインの雰囲気を乱さないように自分を伝えるには,そこに向いたサービスで告知するほうが無難だ。自分がnoteの「動画」フォームで告知した例を挙げる。

note.com

先に安定する告知導線を用意して,グルドンは補足として時々使うとちょうどよい。個の強い投稿は,雰囲気重視には適合しにくい。

ハッシュタグの設定は丁寧に

ハッシュタグを使うと投稿のグループ分けや絞り込み,更にはタグタイムラインの構築にも役立つが,それもタグが正常に機能してこそだ。

mstdn.guru

上の投稿では「小説家になろう」と「ノベルバ」をハッシュタグ指定しようとする跡が見える。サービス名によるタグタイムラインから発見される可能性もあったろう。しかし,入力が不完全であり,タグ判定されていない。これでは,タグをきっかけに投稿が見つかる効果は期待できず,わざわざローカルタイムラインを遮ってまで連合タイムラインに載ろうとする狙いは達成されない。

ただ流れを乱しただけで終わるのはもったいない。届けるための最低限の努力は果たされてほしい。

プロフィール概要を整える

今回挙げた両名とも,プロフィール概要の整備が十分でないように感じる。

mstdn.guru

mstdn.guru

引っかかる箇所は多いが,特に……

関連リンク設定が半ば放置状態……短縮URLのままだったり,そもそも設定が無かったり

概要文が空欄の場合が……最低限何か書きましょう

「注目のハッシュタグ」設定推奨……投稿群に一定のテーマがある場合,ハッシュタグによる投稿の絞り込みは有用

結論

今回挙げた御二方について,率直に申し上げる。

Kurehaさん

noteアカウントを取得し,ご自身のYouTubeチャンネルの更新告知をそちらで行うことを勧めます。

note.pieceofcake.help

noteにはブログ投稿機能もあり,YouTubeチャンネルの活動報告にも活用できます。

同時に,グルドンのプロフィールに掲載する「関連URL」について,YouTubeチャンネルのURLを短縮でなく本来のものに置き換えることを勧めます。字数制限はないため,ドメインをしっかり示せます。

uenoutaさん

ハッシュタグを正確に設定してください。半角"#"とタグ化したい言葉の組み合わせです。現在先頭の記号が全角のため,タグ化されていません。

プロフィール概要「関連URL」欄に,現在ご執筆中の作品へのリンクを追加することを勧めます。作品により辿り着きやすくなります。

プロフィール概要(ユーザー名,紹介文)を整備してください。各作品のトップページに用いるものを流用しても構いません。

設定「注目のハッシュタグ」に,使いたいタグを登録しておきましょう。

おわりに

タイムラインを見て思ったことがあれば,また書くかもしれない……

今後とも宜しくお願い致します。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事