メタ坊のブロマガ

最近のニュースから

2016/02/03 19:00 投稿

  • タグ:
  • 松来未祐
・喫煙シーンのある作品は成人指定
http://news.goo.ne.jp/topstories/entertainment/432/b61e97867e76949537b808339da5cee5.html

 すると大部分の歴史映画、戦争映画やドラマは成人指定がつくから、子供は歴史や戦争というものを映像では知らずに成長するのだな。知らずに育ったものの方が、一気に危ない方に染まりやすいと思うが。
 エイトマンは当然だめ。シャーロックホームズもダメなのかな。ポパイもパイプ咥えてるよな。○ィズニーが猛反対するんじゃないか。ルパン三世もダメかもしれない。
 白黒アニメはたいてい悪役のギャングのボスとかが葉巻吸ってるので駄目だな。
 中近東の水タバコもダメなら、中近東の生活や文化そのものを子供に紹介することも不可能になるだろう。
 名作を成人まで見られないって、愚か者ばかりが育つだけでは。隠れて成人映画を見た奴の方が道を誤らない、ってなったら悲喜劇だ。
 女性は知らないが、男の子はたいてい年頃になると大人に隠れて見るものだから、実害は少ないかもしれないけど、新作が作られなくなれば次第にそうでもなくなるかもしれない。
 次は飲酒、キス、非実在青少年、etc・・・政権批判、とどんどんエスカレートしそうだ。
 麻薬とかならまだわからないでもないが。一方で成人年齢を12歳くらいまでに引き下げるつもりなのかな。

・同一労働同一賃金
 http://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/bizskills/bengoshi-topics-4232.html
 朝日新聞が給料削減、なんて記事も見たけど、これは新聞記者の給料を全部毎日や産経みたいな安い方に揃えよう、ということなのか、軽減税率を適用してもらう言い訳なのか。
 同一労働だということを誰がどうやって判断できるのかさっぱりわからない。その適用範囲もわからない。真面目にやってもサボっても、能力や結果に差があっても同一賃金なのか。
 A社の総務部員と、B社の総務部員は同一労働と言いきれるのか。
 アメリカみたいに例えば総務ユニオンとかいう職能組合から雇わなきゃいけない、みたいにするのかな。
 すると日本中の社長は同じ社長組合から派遣されて同じ給料になるのか。日本中の芸能人や作家、漫画家、原作者、編集者、アナウンサーやキャスターなどはみな同じ収入になるのか。そうした、賃金に差のある職業との境界線はどうなるんだろう。もしかしたら正社員は一律賃金で、それよりも能力のある人は派遣で高収入を、ということなのかな。
 正社員と派遣社員の格差を無くしたいなら、同一賃金じゃなくて派遣社員の方が時給が例えば3割以上高いようにしないと。三割高いなら、3年働けば正社員の年収ほぼ一年分の蓄えができる。それならそこで解雇されても次の手を打てるかもしれない。
 社員は必ず何かしらのユニオンに属して、そのユニオンから各企業に紹介されて、実力の無い人は正社員に甘んじて、一生それで終わる人もいるけど意欲ある人はその間に力をためて、実力のある人は派遣社員になる、さらに力のある人はユニオンと個別に契約する形で独立し、他社に引き抜かれていく、ユニオンの圧力と監視もあって職種とレベルに応じた給与が保障される、病気になってもユニオンによって休業補償などがされる、みたいな感じ?すると経営陣は正社員ではなく派遣社員でなければならなくなるかな。ユニオンも派遣社員で構成、運営されることになるだろう。
 一時的な人手不足のピークカットなら派遣を雇うけど、3年以上その状態が続くなら正社員を雇った方が得、という感じで持っていかないと。野球で言えば正社員はドラフトで入って来た選手で、派遣社員はFA宣言してよそから来た人みたいな感じで。
 だから必然的に経験の無い、あるいは浅い人を派遣社員として雇って安くこき使う、野球で言えば野球なんかしたことない一般人ををいきなり一軍の試合に出すみたいな、という事はダメですよ、ということに。なればいいんだけど。
 ディストピア系のラノベの設定にもなりそうだが。正社員暦25年の主人公は派遣社員を目指すけど、どうしてもなれない、みたいな。

・猫とトイレとマンション
https://twitter.com/sasaokameat/status/677079122590363648

 猫のアレをマンションのトイレに流すと、大爆発する可能性があって危険らしい。
知らなかったな。
 人間のと違って水に溶けなかったり、毛が混じっていたりでまずほぼ確実にいずれいつかはきっと必ず配管が詰まり、トイレが使用不能になるらしい。万一高層マンションの共用配管なんかがダメになれば、個人で負担できないレベルの修繕費や賠償金がかかるかもしれない。
 こっそり飼ったりしてる人はさらに訴えられるかも。
 ペット可のマンションなんかも時折り見かけるけど、そういう対策を考えているのかは疑わしい。マンション管理会社とオーナーと不動産屋と工事業者で責任の押し付け合いになっちゃうんじゃないかな。たぶん猫を想定した配管の設計・施工基準なんて無いと思う。もちろんマンションじゃなくて戸建て住宅だって、駄目なところはたくさんあるはず。猫なんて勝手に外に行ってすませてくるものだからこれまでは問題にならなかったけど、最近は部屋から出さない飼い方も多くなっているので顕在化したのかな。
 そのうちごみ収集日に、生ゴミとかの他にオムツとか猫のとかの収集日ができそうだ。
 指定容器使用を条件に、猫のアレ、戸別訪問して回収します、なんて業者が現われるかもしれない。そういう仕事をする主人公という設定でラノベの(ry

・トランプ氏にノーベル平和賞を
http://news.livedoor.com/topics/detail/11133987/
 こういう記事を見ると、ノーベル平和賞は本当に政治のオモチャだなと思う。
 憲法9条に平和賞を、という運動も外から見ればこんな感じだろう。憲法に滑稽なイメージがつくだけだからやめたほうがいいと思う。

・プリメイド発売
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000438.000002581.html
https://www.youtube.com/watch?v=4uH4h6loUX4


 これが日本だ。良くも悪くも。でも売れるかなあ?アイボがこの位の値段で復活するなら、
需要はありそうに思うけど。

・「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」
 http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20160203k0000e040136000c.html
 まつらいさん、と呼ばれて親しまれた 昨年秋に亡くなった声優、松来未祐さんの病名が、ご本人の遺志とご家族のご意向ということで発表されたという。以前発表直後にもリンクを紹介したことがあったんだけど、そのリンクは切れてしまったようなので(報道関係のニュースリンクはそういう事が多い気がする)、再度。このニュースリンクもいずれ切れちゃうんだろうけど。
 医師の間でもよく知られていない、事例の少ない病気であるため、体調不良を訴えてから
一年以上原因がわからず、ようやく専門医と巡り合った矢先に急変したらしい。
 本人が闘病中に「元気になったら手記を発表してCAEBVを知ってもらい、
一人でも多くの命を救いたい」と話していた
 という事なので、微力ながら私もご紹介を。
 最初に体調不良を訴えたのは2013年ごろ。
 夜中になると39度台の高熱に苦しんだ。
 昨年正月の帰省時には、首のリンパ節が腫れ上がり疲労を訴えた。
 東京都内の複数の病院を受診し、がんの検査も受けたが、診断はいつも
「異常なし」だったという。
  確率は果てしなく低いでしょうけど、自分もしくは周囲にそういう方がいらしたら、
以下の患者さんの作った団体のHPなどもご参考に。
http://caebv.com/
そちらには以下のチェックシートが示されています。一つでもあてはまれば、主治医の先生と相談して必要な検査を受けてくださいとのことです。

□原因不明の発熱(>37.5)が、3か月以上続く、もしくは繰り返す。

□首のリンパ節がずっと腫れている。

□蚊や虫に刺された後が水膨れになり、全身の発熱(>37.5)を伴う。

□顔や手足の日光が当たる部位に繰り返し水膨れができる。

 水木しげるさんのお別れ会でも思ったが、亡くなった後も世の中に何かプラスを残すことができるのであれば、良い人生であったと思う。だから、まつらいさんはいい人生を送ったと私は思う。特別にファンというわけではなかったけど、死後の世界があるなら来世ではもっと長く幸福に過ごしてほしいと思う。
 死後の世界があるかないかなんて、生きている人間が考えてもわからないことだから私は
全然考えないけど、死んだら終わり、と考えちゃうとなんかつまらない気がする。
 証明が不可能なんだから、自分がラクな事を信じた方がトクだと思う。
 手塚治虫さんの影響でか、火の鳥のコスモゾーンみたいに転生輪廻があると思った方が良い人生を送る人が多いんだったら、あるということにしていいんじゃないか、と思う。前世に悪いことをしたから当然のムクイだ、といって不幸な人を蔑むことになってはいけないが。
 同じように宇宙の最終的な姿も、諸星大二郎さんの孔子暗黒伝にあったみたいに膨張から収縮に転じてビッグバンを無限に繰り返す、という方が、永遠に膨張を続けて熱的な死を迎える、というよりは夢があるように感じる。科学的予測だと面白くない方が有力みたいにも聞くけど、実際に確かめることは出来ないのだからどっちを信じてもいいだろう。

 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事