メタ坊のブロマガ

「遊星少年パピイ」 第48話 10時10分に気を付けろ

2020/06/14 19:00 投稿

  • タグ:
  • 遊星少年パピイ
  • SF
  • アニメ



ニッキ星で子供たちがピエロの不思議な笛の音に惹かれて誘拐される事件が起こった。その解決に乗り出したパピイの前に、謎の老婆が現れる……。
 宇宙空間を行くロケット。中には苦しそうな坊さんみたいな人が。ロケットはたぶん地球に接近していく。
 馬を走らせるパピイとリコ。若いもんは元気がいいなあと言うアジャババとストロングと僕たちは子供ですからね、などと話しているところにロケットが落ちて来る。中からニッキ星の使いという坊さんみたいな人が出てきて助けを求める。ニッキ星はディロン星の円盤に侵略され子供を誘拐されている、助けてくれと言い残して彼はこと切れる。ニッキ星人は地球の環境下では血液が沸騰して身体が分解してしまうらしい。
 パピイたちは彼が乗ってきたロケットに乗って子供たちを助けに行く。

 ニッキ星は平和な星だったがディロン星の円盤がやってきてから次々に子供が誘拐されてお手上げ状態。宇宙戦艦ヤマトの制服みたいなのを着たニッキ星の偉い人たちは最高会議を開いてパピイたち地球から来た4人に丸投げする。だが全員不確かな情報しか持っていない。ディロン星人がやったというはっきりした証拠も無い様子だが一人が子供たちがピエロかどうかは何とも言えないけど笛吹きについていくのを目撃したという。
 他力本願でパピイさんお願いします、という人々の中で宇宙科学研究所の所長だというアンバー博士(サムネのドクターツルリみたいな人)だけはよけいなおせっかいはやめてパピイたちに帰れと言う。だが他の人は地球の人が頼りです、とお願いするのでストロングがまかせてくださいみたいに答えてしまう。

 リコが突然怪しい人影にさらわれる。追うパピイたちだが見失ってしまう。そこに奇妙な老婆。今度の満月の10時10分に気を付けろと警告して去っていく。

 その夜も子供たちが夢遊病のように家から出ていく。パピイは笛吹き男を発見。殴りかかるが男は消えてしまう。
 そばに宇宙科学研究所のトラックがある。老婆がまた現れて地球に帰れ、と言う。明後日の10時10分までに帰れと言う。

 パピイは宇宙科学研究所のアンバー博士を問いただすが博士はトラックはゆうべ盗まれたのだと言い抜ける。
 さらに老婆と同じように満月の10時10分までに地球に帰れと言う。ストロングはアンバー博士を怪しむ。

 また夜がきて子供たちがぞろぞろ笛の音にひかれて歩いていく。今回はストロングとアジャババも混じっている。彼らは子供たちが連れ込まれる円盤に入っていく。円盤の中では機械が子供たちに何が欲しいか聞いて、好きなものを与えている。アジャババは酒が欲しいと言って排除される。
 会議室のパピイのもとにストロングとアジャババが円盤を発見したと報告に戻り、パピイは円盤がいる公園へ。自動柵のようなものが立ち上がって邪魔をするので変身して突破。今度はロボットが現れて通せんぼ。だがロボットはパピイの邪魔はするが攻撃はしてこない。パピイが腕や首を破壊してもすぐに新しいのが生えてきてしまう。
 ストロングとアジャババも別のロボットに通せんぼされている。
 パピイはロボットのマークを振り切れず、円盤に近づけない。そのうち倒れてきた木の下敷きになって気を失ってしまう。
 パピイが気付くと円盤の中。変身は解けている。窓を見るとニッキ星が遠ざかっていく。
時計が間もなく10時10分を告げる。するとニッキ星が爆発する。衝撃波が円盤まで届き倒れるパピイ。ニッキ星を爆破したのはディロン星の仕業と思う。

 ニッキ星の仇を取るぞと決意するパピイ。円盤の中には二人の男。パピイはこの二人をディロン星人と思って戦いを挑む。パピイは話をきかずに円盤を破壊しようとするが、そこにあの老婆が現れてパピイを止める。老婆の正体はアンバー博士で、博士はディロン星人などいないこと、ニッキ星が満月の10時10分に爆発することを電子計算機によって知った博士がニッキ星の未来のために子供たちだけでも宇宙に逃がそうとしたこと、ニッキ星人はよその星では血液が沸騰して生きられないため子供たちを連れだし血を入れ替えてたのだという。
 ニッキ星の爆発は流星の衝突によるもので、ニッキ星人をよその星でも生きられるようにする交換用の血液は少ししか無い。これを発表すればパニックになると考えた博士は事実を伏せて自分の手で子供たちだけでも助けようと決意したのだという。

 アンバー博士は自分の分の血液も部下に渡していて円盤の中で死亡。
 パピイはロケットでニッキ星の子供たちと一緒に地球に向かう。リコやストロング、アジャババもロケットに乗っている。

ーーーー

 子供は大人に無い夢を持っている。強く美しい夢だ。その夢はすばらしい力を生む。子供の力は未来の力。やがて平和を作り出す力だ。というモノローグが何度も繰り返される。

 パピイが倒せなかったロボットは、円盤の中で子供たちの相手をしている子守ロボットでもある様子。

 今回のパピイはアンバー博士を悪人と決めつけてなかなか話を聞かず、円盤の一部を破壊してしまう。

 ニッキ星の大人は博士の部下二人だけ。あとは大勢の子供たち。彼らが地球に移民してからの方がたいへんだと思われる。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事