メタ坊のブロマガ

「遊星少年パピイ」 第39話 ロボット王子

2020/05/24 19:00 投稿

  • タグ:
  • 遊星少年パピイ
  • SF
  • アニメ


ロボット王子が人間のガールフレンドが欲しいという願いを利用し、ゴレムはリコちゃんをロボット帝国となったゴースト星に連れ去ってしまう……。
 ゴースト星ではもともとここに住んでいた遊星人が宇宙の大変動とかで絶滅して今はロボットだけが残ってロボット帝国をつくっている。
 友だちがいない王子が寂しそうにしているので地球人の女の子を友だちに、と家臣ロボットたちが相談している。ステンレス王子と言うらしい。
 そこにゴレムが現れてそれならリコという子がいるぞ、と余計な紹介をする。ゴレムはこの星でやっかいになっていたらしい。リコをかわいい子と評価している模様。
 ゴレムは以前は宇宙空間を生身で飛んでいたが、今回はゴースト星のらしい円盤で地球に向かう。リコを誘拐すればパピイがやってくる。アウェイのゴースト星でパピイをやっつけてやろうという計画らしい。

 その頃リコはアジャババと一緒にアラビヤのお祭りに行っている。王様のパレードを見てあんな馬車に乗ってみたいと言うのでアジャババはじゃあ王様に頼んできましょう、と出かけていく。そのまま歓待されて酔いつぶれてしまう。
 アジャババはキリトビを倒すまでは戻りませんみたいに国を出たように思ったけどちょくちょく帰国している様子。
 以前はアブダラ王国だったけど今回は国名は出ない。
 ゴレムはその隙に護衛の兵士たちを倒して王様の馬車を奪い取り、自ら御者をつとめてこれでホテルに残ったリコを誘い出す。待ちくたびれていたところを馬車で迎えに来て王子が待っているというのでリコは信じてしまう。この馬車はシンデレラの馬車というらしい。黄金とダイヤモンドでできているという。
 その頃ようやく気付いたアジャババはじゅうたんでホテルへ。馬車を見かけて後を追う。
円盤に乗せられそうなリコを発見し助けに行くがゴレムが邪魔をする。
 アジャババはゴレムに凍らされてしまい、リコを取り戻したければゴースト星に来いと言われてしまう。アジャババは自力で氷を溶かして後を追うが噴射炎を浴びて返り討ちになる。
 国際電話でパピイとストロングを呼び寄せたアジャババ。パピイはゴースト星の円盤から噴射されてアジャババの身体についた燃料のススからゴースト星を探すことに。王様は自家用ロケットを貸してくれる。

 その頃ゴレムはゴースト星に戻り、王子にリコを引き渡す。カプセルに入れられたリコは催眠ガスで眠らされている。ゴレムは王子にもう一つのお土産ですと馬車を見せる。

 パピイたちはゴースト星を発見して宇宙船の進路を向ける。
 
 目覚めたリコはパピイに指輪で信号を送るがすぐに切れてしまう。召使ロボが食事や飲み物を持ってくるけどガソリンが原料みたいでリコは拒否。洋服もふみにじってしまう。召使ロボはあきれて引き揚げ入れ替わりにゴレムと王子がやって来るがリコは王子の友だちになることは拒否し、地球に返してくれと言うばかり。
 パピイが来ると気付いた王子はミサイルロボット軍と地底ロボット軍を出動させ、ロケットを取り囲む。だがロケットのバリアーは強力でミサイルを防ぐ。ミサイルが跳ね返ってミサイルロボット軍は全滅。アラビヤの科学力すごいな。
 ゴレムは自分でリコを取り戻したければゴースト星に来いと言っておいて、パピイたちがやって来るとよくここがわかったな、とちょっと矛盾したひとり言。

 パピイたちは生身で地上に降り、地面から湧いて出たキノコみたいな地底ロボットたちをやっつける。これはストロングがまかせてくださいと木を引っこ抜いて叩き潰す。
 
そこでゴレムから抵抗するとリコの命は無いぞとの脅し。やむなくパピイたちは抵抗をやめ、新しいロボットに捕まって連行されていく。王子とうちとけないリコは宇宙サソリが見張る塔に閉じ込められている。サソリと言っているけど竜みたいな首があってぱっと見サソリには見えない。

 縛られたままスクラップ工場の焼却炉みたいのに運ばれるパピイたち。縛られているのでメタライザーになかなか手が届かないが、都合よく手がロープを抜けて間一髪で変身。ストロングとアジャババも助け、ロボットの見張りを蹴散らしてリコのもとに。パピイが逃げ出したと聞いて自分の詰めの甘さは棚に上げてこのボケナスどもと怒るゴレム。

 王子は言うことをきかないリコもろともパピイたちを宇宙サソリの餌食にしてしまえと命令。パピイは悲鳴を聞いてリコのもとへ。あまりサソリには見えない宇宙サソリを倒してリコを救い出す。
 ここでゴレム登場。アジャババがここは私にお任せを、この前のお返しをしますと立ち向かうが敗退。ゴレムは4人を凍らせるが、パピイのメタライザーで反撃されると突然隕石群みたいのが落ちてきて勝手にこの勝負お預けだ、といつものように逃げていく。毎度のことながらまわりくどく準備する割にはちょっと反撃されると逃げてしまう。
 何でかわからないけど隕石群みたいのでロボット王国の建物も崩れてロボットたちも埋まっていく。王子も人間の女の子をさらったバツだ、と覚悟したように埋まっていく。ゴレムとかかわった犯罪組織や星は滅びる運命にある模様。

 馬車もロケットに乗せて(乗せられるのがすごい)地球に帰るパピイたち。
 アジャババがあのロボット王子も一人ぼっちでかわいそうでしたな、と言うとリコは口に指をあててシー、と合図する。パピイは一瞬つらそうな表情を見せている。

ーーーーーーー

 やり方次第ではリコはロボット王子と友だちになるのは拒まなかったと思うけど、強引にさらったのはよくなかった。子供型ロボットは王子1体だけだったのかな。
 王様や王妃ロボットはいなかった模様。いたけど壊れてしまったのか、最初から王子しかいなかったのかはよくわからない。
 もしいたら王はアイアンで王妃はクロムだったかも。

 前回登場時はジャケを助けて消えたゴレムだったけどジャケは登場せず。ゴレムは部下にまかせず自分から現場に出るタイプのようで、今回は自ら馬車の御者もつとめている。

 ゴレムが乗ってくる円盤も、パピイが乗っていくアラビヤのロケットも、底部から光線を出してエレベーターのように人や馬車を出し入れする。馬車と比較すると底面部がえらく大きい。ロケット内もだだっ広い。この時代は宇宙船内とか室内とかやたらと広い。

 パピイとゴレムの戦闘中に唐突に隕石が落ちはじめてゴレムが撤退し、ロボット帝国も隕石で埋まって滅びていく。アジャババが言うようにロボット王子はちょっと気の毒な気もする。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事