メタ坊のブロマガ

「スターウォーズEP9 スカイウォーカーの夜明け」ネタバレは遠慮

2019/12/21 19:00 投稿

  • タグ:
  • スターウォーズ
  • SF
  • 映画
  • スカイウォーカーの夜明け
・本当は前作まで見直してから行ったほうが楽しめるんだろうけど、そうもいかなかったのでうろ覚えのまま鑑賞。

 前作、前々作を見ていない人にはネタバレになるけど、今回のシリーズを覚えてる範囲でおさらいすると
・レイという強いフォースを持つ若い女性がいろいろあって同盟軍に入って、姿をくらませていたルークを見つけて押しかけ弟子のようになり、ルークの死後は後継者のような立場にある。彼女にはBB-8(ビービーエイト)というサッカーボールに小さめの洗面器を乗せたみたいなロボットの相棒がいる。
・フィンという帝国のストームトルーパーだった若い黒人男性が帝国軍を脱走して同盟軍に入ってレイと行動を共にするようになる。
・ポー・ダメロンという同盟軍のエースパイロットがいろいろあってレイとフィンを仲間として受け入れるようになる。
・帝国の残党のファースト・オーダーという一団にはカイロ・レンという屈折した青年がいて、スノークというエイリアンの指導者にかしずいていたがいろいろあって力をつけてレイと力を合わせてスノークを倒す。だが彼はフォースの暗黒面に落ちかけていてレイと完全に手は結べない。
 実は彼はハンとレイアの子供・ベンなのだが、親子でいろいろあった様子で結局父親のハンを殺してしまう。スノークを倒した後はフォースの力で帝国の最高指導者の座を簒奪した形となる。
・話がはじまった時点では同盟軍は結構な戦力を持っていたのだが、帝国の新兵器に根拠地を惑星ごと破壊されてしまい、敗残の艦隊もほとんど撃沈されてしまった。アクバー提督など歴戦のベテラン指導者層もほとんど戦死。事実上レイアが最高指導者となった。
・帝国の惑星破壊兵器を破壊し、反抗のきっかけとなる戦いにはルークが参加。そのためもあって勝利を収めるが、フォースを使い果たしたルークは力尽きる。

 というわけで今回はフォースを受け継ぐ者であるはずのレイと、フォースの暗黒面を引きずるカイロ・レンとの何らかの決着がつくのだろう、ということなんだけど、この二人は引き合う面と反発する面を持ち合わせていて、レイが暗黒面に落ちそうでもあるしレンが善に目覚めそうな雰囲気もあってどっちに転ぶかわからない。
 でも父親殺しをしてしまったレンには今更そんなわけには行かなさそうな事情もある。

 ラスボスぽかったスノークはあっけなく前作で死んでしまったので、何だったのあれ?という気もするのだが今回やっぱり生きてました、みたいになるのかどうか。ちょっと貫禄の足りない悪役なのだけど。

 レイを巡ってはポー・ダメロンとフィンがちょっと三角関係っぽくあるのだが、レイはどちらにも同僚以上の気持ちは無いようで、それよりもカイロ・レンに何か絆を感じているようでもあり、そうした面にも決着がつくのかどうか。

 かなり弱体化した印象のある同盟軍だが、このままファーストオーダー軍と戦ってもジリ貧のような印象がある。今回これを押し返すことができるのかどうか。

 第一作目のマズ・カナタ、第二作目のローズは製作陣が思ったほど人気キャラにならず、かつてのジャージャー・ビンクスのような扱いになってしまうのか、まだ見せ場があるのか。

 などと思って、あそこからどうできるんだろう、と思いながら行ったわけだけど、思ったよりもよくまとまっていたような。ちょっとフに落ちた感じもした。第一作、二作ともどこかネガティブな印象があったんだけど今回はポジティブで、最後もきちんと余韻を持って終わった感じ。
 ネタバレはこの時点では遠慮してどうでもいい事だけ書くと、

・非常に目まぐるしくて複雑だったが中だるみとか退屈なシーンとかは無かった。
・エピソード5,6のピエット提督もそうだったけど、帝国の幹部士官は今回もつらい。
・帝国の戦艦が氷みたいのを割って出撃するところはヤマトみたいだった。
・帝国の最新テクノロジーが同盟軍の原始的作戦に無力なのもヤマトっぽい。
・名前がわかんなかったけど(スタンプ?)同盟軍に凄く太・・恰幅のいいパイロットがいて、ちょっとダンディ4の団時朗さんみたいに見えた。
・レイア姫じゃなくてレイア将軍の登場シーンは思ったより多かった。CGなのか既に撮影済みの映像をうまく使ったのか。
・旧三部作のファン向けのサービスシーンはいろいろあったような気がする。
懐かしい地名も景色も人も。
・ハイレベルなCGの中にCGの助けも借りつつも、いかにもチープな着ぐるみやパペットを入れてくるのはちょっと好き。そういう連中の集まった群集シーンも好き。
・最初にミレニアム・ファルコンに乗っている味方エイリアンはミニオンズに出てくる奴みたいだった。
・チラっとしか映らない、映っても喋らない、喋っても名前がわからないキャラがたくさんいたけどいろいろ設定が決まってるんだろうな。
・基本的には世代交代と継承の話だったと思う。役者さん的にもキャラクター的にも。
・スタッフが多くて所定時間内に納まりきれないせいか、エンドロールの文字がすごく小さい。キャストやスタッフ名を読みたい人は最前列に座るべき。
・日本語吹き替え版のキャスト・スタッフはエンドロールが終わってバッドロボットの製作会社ムービーみたいのが流れた後に出る。

 まあそんな感じでした。個人的にはアクバー提督には生きていてほしかった。

 公式HP
https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事